見出し画像

美味!手作りトリュフバター

生鮮トリュフことフレッシュトリュフは、召し上がる直前に削ってその香りを楽しむのがオススメですが、トリュフの香りは時間の経過とともに弱くなるので早めに食べきらないといけません。

フレッシュトリュフが余って、すぐに食べきれないという方に自信を持ってお薦めしたいのがフレッシュトリュフを使った手作りトリュフバターです。

天然トリュフの味わいを長く楽しむことができ、作るのはとっても簡単。その美味しさから、我が家ではフレッシュトリュフを手に入れると必ず作るほど。使うトリュフの種類によっても味が異なるので、旬のトリュフが手に入ったら試してみてください。

画像1


材料:

バター 80g   ※今回は「雪印・切れてるバター」を使用

フレッシュトリュフ 適量 ※今回はサマートリュフを使用


作り方:

① バターを冷蔵庫から出し、柔らかい状態にしておく

② トリュフは表皮を剥き、傷んだ部分は取り除いておく

③ 別容器にバターを移し、フレッシュトリュフをおろし器で削り入れる

トリュフスライサーより細かく削れるチーズグレーターなどのおろし器を使うのがポイントです。

たくさんトリュフを削り入れたほうがトリュフバターは美味しくなります。今回は15gほど削りました。

④ バターと削ったトリュフをよく混ぜ、広げたラップの上に棒状に整え巻く

⑤ ラップに包んだバターを冷蔵庫に入れ冷やし、よく固まれば出来上がり!

画像2

画像3

パンにつけて食べるのはもちろん、ステーキやパンケーキなどとも美味しくいただけます。フレッシュトリュフの味わいを十分に感じることができるバターは、市販のトリュフバターとは比べものになりません。是非是非お試しください!









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
イタリア産・希少フレッシュトリュフを始め、ここにしかないトリュフギフトを全国の美食家へお届け♡ ここではフレッシュトリュフやトリュフシーズニングを使ったレシピをご紹介していきます。