Haruka | 起業家バレリーナ

11歳の時にパリへ移住し、一流指導者のもと、フランスバレエを10年以上に渡って学びました。コンセルヴァトワール卒業。世界基準の「正しいバレエ」が学べるFrance Ballet Academyを創設(https://franceballet.com

Haruka | 起業家バレリーナ

11歳の時にパリへ移住し、一流指導者のもと、フランスバレエを10年以上に渡って学びました。コンセルヴァトワール卒業。世界基準の「正しいバレエ」が学べるFrance Ballet Academyを創設(https://franceballet.com

マガジン

  • フランスのバレエ事情

    バレエ講習会やバレエ学校などフランスのバレエ事情についての記事をまとめています。

  • バレエ上達Tips

    フランスの超一流の先生から教わったバレエ上達への近道や私が実際にレッスンの中で心がけていることなどを紹介した記事をまとめています。

  • バレエで役立つフランス語

    レッスンがもっと楽しくなる!バレエで使われているフランス語の由来や意味を解説した記事をまとめています。

最近の記事

固定された記事

私がフランスバレエの専門家になるまで

フランスバレエの専門家、harukaです。 私は今フランスのパリに住んでいます。 3歳の時から習っていたクラシックバレエがきっかけで渡仏しました。 渡仏の直接のきっかけはパリオペラ座バレエ団のマニュエル・ルグリというバレエダンサーをテレビで見て、その瞬間「これだ!」と感じたからです。 バレエに対する情熱と楽しそうに踊るダンサーを見て私もこの国に行って踊りたいと強く思いました。 日本でバレエといえばロシアなのでフランスへの情報はほぼありませんでした。そんな中やっと見つけ

スキ
26
    • 再生

      「苦手克服バレエレッスン」がスタート!

      France Ballet Academyの「苦手克服バレエレッスン」がスタートします! 「苦手克服バレエレッスン」は皆様が抱えているバレエに関するお悩み&課題をピンポイントで解決していくレッスンです。 「苦手克服バレエレッスン」ではレッスンのメインテーマとして皆様から頂いたバレエに関するお悩み&課題を一つずつ、取り上げさせていただきます。 そこで現在、バレエに関するお悩み&課題を大募集しております! バレエに関するお悩み&課題はこちらの投稿のコメント欄よりお願いいたします↓ https://www.instagram.com/p/Cfkx1-hsRwW/ 記念すべき第1回目の開催は7月23日(土)19:00〜20:00、メインテーマは「バレエにおける"外もも"の正しい使い方」です。 詳細&お申し込みはこちらから↓ https://nigateballet001.peatix.com/

      スキ
      2
      • 7月のイベント&レッスンスケジュール

        みなさん、こんにちは! 起業家バレリーナ&France Ballet Academy創設者のHarukaです。 France Ballet Academyが主催する7月のイベント&レッスン情報をお届けします!7月からは新しいレッスンもスタートするので、お見逃しなく! 《イベント&レッスン情報①》朝活バレエレッスン 新しい朝のルーティンを始めませんか?バレエレッスンをルーティン化することで、普段のレッスンで忘れがちなバレエの基礎を再確認することができます。 心身スッキリ

        スキ
        1
        • フランスバレエを通して世界基準の「正しいバレエ」が学べるプログラムがスタート!

          皆さん、こんにちは!起業家バレリーナのHarukaです。 この度世界基準の「正しいバレエ」が学べるオンラインレッスンプラットフォーム、France Ballet Academyを創設しました! 3歳の時に始めたクラシックバレエがきっかけでフランスのパリに移住して早12年。見よう見まねで行うバレエではなく、「なぜなら」という理由付けがあり、「正しいバレエ」を教えバレエのできないができるようになるフランスバレエを日本でもずっと広めたいと考えていました。 France Bal

          スキ
          2

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • フランスのバレエ事情

          • 5本

          バレエ講習会やバレエ学校などフランスのバレエ事情についての記事をまとめています。

        • バレエ上達Tips

          • 2本

          フランスの超一流の先生から教わったバレエ上達への近道や私が実際にレッスンの中で心がけていることなどを紹介した記事をまとめています。

        • バレエで役立つフランス語

          • 1本

          レッスンがもっと楽しくなる!バレエで使われているフランス語の由来や意味を解説した記事をまとめています。

        • フランスのバレエ事情

          • 5本

          バレエ講習会やバレエ学校などフランスのバレエ事情についての記事をまとめています。

        • バレエ上達Tips

          • 2本

          フランスの超一流の先生から教わったバレエ上達への近道や私が実際にレッスンの中で心がけていることなどを紹介した記事をまとめています。

        • バレエで役立つフランス語

          • 1本

          レッスンがもっと楽しくなる!バレエで使われているフランス語の由来や意味を解説した記事をまとめています。

        記事

        記事をすべて見る すべて見る
          • 【シーズン22/23】パリ・オペラ座バレエ団バレエ公演一覧

            皆さん、こんにちは。起業家バレリーナのHarukaです! パリ・オペラ座バレエ団のシーズン22/23公演が4月2日に公開されました! バレエにおける「シーズン22/23」というのは2022年〜2023年の間に行われるバレエ公演のことを指します。 パリ・オペラ座バレエ団はパリ国立オペラ(Opéra National de Paris)の一部であり、毎年のシーズン公演発表時にはバレエ公演だけでなく、オペラやコンサートの公演も公開されます。 今回の記事ではシーズン22/23

            • コロナウイルスとフランスバレエの現状

              フランスバレエの専門家、harukaです。 世界中で第3波、第4波と拡大が止まらない新型コロナウイルス。新型コロナウイルスによって経営が悪化したのは飲食店や観光業界だけではなく、バレエ団も多大な影響を受けています。 今回はフランス・パリのコロナウイルスの状況を説明しつつ、パリ・オペラ座バレエ団がどのような取り組みをしているのかを紹介したいと思います。 フランス・パリの現状フランスはヨーロッパの中でも感染者数が爆発的に増え続けています。 エマニュエル・マクロン大統領は第

              スキ
              4
              • フランスバレリーナの1日の食事

                フランスバレエの専門家、harukaです。 日本にはバレエ団付属のバレエ学校というのがまだまだ少ないのが現状です。しかし海外ではプロのバレリーナになるためにはバレエ団付属のバレエ学校に入学するのが必須です。 そしてそういったバレエ学校に入学するためには厳しい身体条件をクリアしなければいけません。クリアするためには徹底された食事制限が必要になります。 今回はパリ・オペラ座バレエ学校に入学するための条件を解説し、実際に私が受験日向けて準備していた時の食生活を紹介していきます

                スキ
                17
                • フランスと日本のバレエ発表会

                  フランスバレエの専門家、harukaです。 皆さんはバレエの発表会を観に行ったことがありますか? フランスでも日本でもバレエを習っている生徒にとって、発表会は一大イベントです。 頻度は教室によって異なりますが、普段の練習の成果をたくさんの人に披露できる貴重な機会です。 今回は日本のバレエ教室とフランスのコンセルヴァトワールの発表会を比較していきます。 比較するポイントは次の4つです。 ・演目       ・振り付け     ・練習期間     ・衣装      

                  スキ
                  6
                  • 10年前の自分に伝えたいこと

                    フランスに移住して2年目の秋。 初めてのパリ・オペラ座バレエ学校の受験に向けて準備をしていた。 倍率約70倍の狭き門。 最難関の受験に万全の体制で臨むためには最高の指導者が必要だった。 ムーラン・ルージュで有名なピガール広場から徒歩5分のところにAcadémie Chaptalというバレエ教室があった。 当時はウェブサイトも電話番号もない、まさに知る人ぞ知るバレエ教室。 この教室を経営していたのはパリ・オペラ座バレエ学校への合格者を数多く出しているA先生。 クリ

                    スキ
                    10
                    • 日本のバレエグッズの特徴

                      フランスバレエの専門家、harukaです。 バレエを習うときにはシューズとレオタードさえあれば良い!というわけではなく、その他身の回り品も重要です。 日本と海外の製品を両方使ってみて分かったことは、日本のバレエグッズは最高!ということです。 なぜそう思ったのか日本のバレエグッズの特徴を紹介したいと思います。 日本のバレエグッズの特徴は大きく分けて3つあります。 一つ目は使いやすいということ。 例えばバレエシューズやトウシューズなどバラバラの袋に入れて保管していると

                      スキ
                      6
                      • フランス人と日本人の骨格の違い

                        フランスバレエの専門家、harukaです。 みなさんは体型と骨格の違いについて考えたことがありますか? 骨格と体型は別物です。 骨格は骨組みのこと、体型は外見の特徴のことです。 つまり骨格は中身、体型は外見のことを指します。 バレエをやるなら細い方がいいでしょ!これは体型のことを言っています。 バレエにおいて体型はとても大事ですが骨格もとても重要です。 骨格次第で怪我のしやすさや舞台での身体の見栄えなどが変わってきます。 体型は努力や体の使い方次第でなんとでも

                        スキ
                        18
                        • フランスのバレエ講習会

                          フランスバレエの専門家、harukaです。 自分が通っているスタジオでひたすら練習するのも大切ですが、より楽しく早く上達するためにはたまに外部の刺激が必要です。 刺激とは他の先生のレッスンを受けることだったり、他のバレエ学校やバレエ教室の生徒と一緒にレッスンをすることだったり・・・ こういった刺激がたくさん受けれる場所はバレエ講習会です。 フランスでは毎年各地でバレエ講習会が行われており、何百人と言う生徒が参加しています。 今回は講習会に参加するメリットとフランスの

                          スキ
                          7
                          • バレエノートってどうやって書くの?

                            フランスバレエの専門家、harukaです。 「私がバレエレッスンで意識していたこと」という記事内でバレエノートを書いていたと紹介しました。 記事はこちらから 私も最初は自分に合った書き方が見つからず、いろいろな書き方を試しました。 試行錯誤した結果、この書き方が一番まとまって、分かりやすい!という書き方を紹介したいと思います。 私のバレエノートはこんな感じで書いていました。 まずノートの上の方に3つのこと書きます。 ・ 日付 レッスンがあった日の日付を書きます。

                            スキ
                            9
                            • 私がバレエレッスンで意識していたこと

                              私がフランスでバレエを始めたのは11歳の時。 私が通っていた日本のバレエ教室ではワガノワメソッドを教えていました。 しかしフランスはオペラ座メソッドが主流です。 メソッドの違いについてはぜひこちらをご覧ください。 そのためクセを直したり、フランスバレエを取得したりと学ぶこと・改善することがたくさんありました。 今回は私が早く的確にフランスバレエを習得するために意識したポイントをシェアしたいと思います。 レッスン前に意識すること レッスンが始まる1時間前には教室に

                              スキ
                              5
                              • 最近流行りの「バーオソル」って何?

                                フランスバレエの専門家、harukaです。 みなさんはバーオソルというのを聞いたことがありますか? バーオーソルというのはフランス語で Barre au Sol と書きます。 Barre : バレエのバーレッスン Au: 〜に・〜で Sol : 床 つまり床で行うバーレッスンのことをバーオソルと呼びます。 私が初めてバーオーソルを体験したのはパリで受けた個人レッスンでした。 レッスンが始まってすぐに「床に寝て」と言われ何が始まるのかと戸惑った記憶があります。 フ

                                スキ
                                10
                                • フランスのバレエレッスンのクラス分け

                                  フランスバレエの専門家、harukaです。 今回はフランスでレッスンを受けるときに欠かせないクラス分けについて紹介したいと思います。 私も初めてフランスでレッスンを受けた時、どのようにクラス分けがされているのか分からなくて大変な思いをしました・・・ 国立のバレエ学校では年齢によってレベルが分けられています。(小さな頃からレッスンを受けているため年齢とレベルが一致している) バレエ教室では楽しむためにバレエを習っている人が多いので、年齢とレベルが一致していることはあまり

                                  スキ
                                  4