なぜ、エルダー博士は教えを説くのか?
見出し画像

なぜ、エルダー博士は教えを説くのか?

儲けているなら、わざわざ人に教えるはずはない?そのように考える人がいるのかもしれません。ですが、本懐はそんな次元の低いところにはありません。

ザ・トレーディング』リリースにあたり、著者のエルダー博士より読者のみなさんにメッセージが届きました。
↓↓↓↓↓

「どうして教えるのですか?モニターの前でじっとしていれば、黙っていても利益が生み出されるのに?」

この手の質問を耳にするたびに、私はこう答えます。「教えを説くことは、その教えを説く者自身のためなのです」。他の人に特定のチャートパターンを示したり、規律の必要性を説いたりすることが、翻って、私自身の強さになるのです。

あるコンセプトを自由に使いこなすには、他の人に教えられるくらい精通していなければなりません。自分では分かっているつもりでも、他人に説明できなければ本当に理解しているとはいえません。

私は年に数回、スパイクトレード・コムのパートナー、ケリー・ロヴォーンとトレーディング・ワークショップを開催します。この原稿を書いている今も、6つのワークショップを運営し、それぞれ別の口座でトレードしていますが、ケリーも私も、6つの口座のすべてで利益を出しています。

ケリーにしても私にしても、日々のトレードの実績からランダムに6日間を選んだら、そのすべてで利益が出ているとは限りません。

しかしワークショップでは、目の前に受講者がいることで普段とは違った緊張感が生まれ、成功につながるのです。私の言う「教えを説くことは説教者自身のため」とは、そういうことです。

本書を注意深く読み、ノートをとり、読者の皆さんのデータで検証してください。本書が、執筆者である私のためになったのと同じように、読者のためになれば幸いです。

Dr.アレキサンダー・エルダー

●以下の動画も併せてご覧ください。
エルダー博士ご本人からのビデオメッセージです。

世界中のトレーダー・投資家にバイブルとして読み親しまれてきた「現代の古典」が市場環境の変化や技術革新を反映して21年ぶりに全面改訂!完全新訳!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます♪
投資系メルマガ読者数日本一の投資顧問ですv( ̄∇ ̄)ニヤッ まぐまぐマネー部門読者数15年連続1位の記念キャンペーンを実施中!FXと株の電子書籍がなんと無料です。https://linktr.ee/fpojp