見出し画像

【アレンジ柿料理】大量の柿、あなたならどうします?

こんにちは!
和歌山食と暮らしプロジェクト おりく(♂)です。

このプロジェクトでは、和歌山に住むみなさんと一緒に
「食」を中心としたさまざまな出来事をもとに
「暮らし」を考えるヒントを共有していく…
そんな取り組みをしています!

今回は柿の美味しいレシピを研究していきたいと思います!
私は最近農作業のお手伝いに行くことが多いです。
手伝いのお礼にと野菜や果物をいただくこともあり、とても助かっています。
先日はマルチシートをはる作業の手伝いで、段ボールいっぱいの果物をいただきました。
その大半を占めるのは柿。
私や家族は柿が好きなのですが、いかんせん私は皮むきが必要な果物をめんどくさがって頻繁には買ってきません。
せっかく良い柿をもらったので、傷まないうちに美味しく食べたい……
そこで、普段食べない食べ方をいろいろと試してみました!

美味しそうな果物詰め合わせ、うれしい悲鳴です

柿とカブのカルパッチョ

使用した食材

  • カブ

  • オリーブオイル

  • コショウ

柿とカブを薄くスライスし、交互に並べ、オリーブオイル、塩、コショウをかけただけの簡単な料理。
塩分が柿の甘みを引き立てて、とても美味しかったです!
柿とカブの相性がとても良く、シャキシャキの歯応え、オリーブオイルの風味も楽しめるおすすめの一品です

柿とデザートチーズ和え

使用した食材

柿とクリームチーズとの相性が良いと知っていましたので、家で余っていたデザートチーズと合わせてみました。
柿をくし切りにし、ちぎったチーズデザートと合わせ、レモン汁で和えます。
最後にコショウをかけて完成です。
レモン汁の酸っぱさが甘さを中和して、前菜に向いている料理だと感じました。
おそらくクリームチーズを使ったらより美味しくなりそう……クリームチーズを買う機会はあまりないでしょうが💦

柿とカブのピクルス

使用した食材

  • カブ

  • 塩コショウ

  • 砂糖

  • レモン汁

酢、水、塩コショウ、砂糖、レモン汁を合わせ一度鍋で煮立たせ、調味液を作ります。
適当な大きさに切った柿とカブに熱いままの調味液をかけ、冷蔵庫で一晩寝かせます。
野菜のピクルスと比べ、柿を使用することで酢のカドがとれてまろやかな甘酸っぱさがありました。
私の子どもは柿をあまり食べないのですが、柿のピクルスは喜んで食べたので驚きです。(漬物が好きだから?)
作り置きができるので、常備菜として便利だと思いました!

タッパーで漬けました

柿(ほぼ)無水カレー

使用した食材

  • トマト

  • 好きな野菜(今回は玉ねぎとにんじん)

  • 好きな肉(今回は豚肉)

  • カレールー

  • (水分が足りなければ)水

以前スイカでカレーを作ったことがあり、とてもフルーティーで美味しかったので柿カレーにも挑戦してみることにしました。
柿の皮を剥き、トマトと一緒に丸ごと火にかけます。
柿とトマトから水が出て、柿の形が無くなってきたら野菜と肉を加えます。
水分が足りなければ水を足し、煮立ったらルーを加え、煮込んだら完成です。
思った通り、とても美味しいカレーになりました。
カレールーは辛口を使い、スパイシーな辛さと柿の甘みがお互いを引き立て合っています。
辛口のルーがおすすめですが、子どもさんがいるご家庭では甘口のルーを使うのがおすすめです。(うちの子どもは辛い辛いと言いながら全部食べました🍛)

トマトはよく水分が出るので、無水カレーにはぴったりです
意外と柿からも水分が出ています
無水カレーは粘度が非常に高いです

傷む前に美味しく食べましょう!

和歌山にお住まいの人であれば、知り合いや親戚から野菜や果物をもらうことも多いでしょう。
時には食べきれなくて傷んでしまうことも……
傷んでしまい捨ててしまうと食品ロスになってしまいます。
たくさんの野菜や果物をもらった時は、今回のように普段作らない料理を作ってみるのはいかがでしょうか。
今回の記事を読んで、果物の美味しい食べ方をひらめいていただければ幸いです✨

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

和歌山 食と暮らしプロジェクト

主催:一般財団法人和歌山環境保全公社
運営:NPO法人わかやま環境ネットワーク
NPO法人ホッピング

担当:越中

和歌山食と暮らしプロジェクトの
LINE公式アカウントにて、
イベントの情報なども随時お届けしていきます。

お友だち登録 よろしくお願いします♪

@942lhkup

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
和歌山食と暮らしプロジェクト

サポートしていただけたら嬉しいです♪いただいたサポートは、プロジェクトの活動費として社会に還元していきます!