仕事内容の具体化

「仕事内容の詳細を知りたいです」といったご要望をいただきますし、出来るだけのお手伝いもしたいですが、一定水準の具体化が出来た後は、面接・面談の場で確認をしたほうが速くて、的確な場合も多いです。

また、案件内容によっては、「仮説設定能力や課題解決能力があるか」「臨機応変に動けるか、受身の姿勢で仕事をしていないか」を見定めるために、敢えて企業側が抽象度を上げている場合もあります。企業側への質問を通じて、自身の成果イメージや希望を伝えていくのが良いと思います。

面談の中での質問事例としては、
・今後の事業の方向性
・解決したい会社の課題
・入社後に想定される役割
・期待される成果や数値的な目標
・想定される仕事の具体例
・自身と近いキャリアの方が、どのように活躍しているか
・時間の使い方のイメージ(顧客折衝40%、社内MTG30%、資料作り30%など)
・仕事内容を具体化した上で、出来る事、やりたい事を伝えて、企業側の反応を見る
などがあります。

5W1Hなどを頭に描きながら仕事内容を具体化して、「自分が成果を出せるか」「その仕事は、自分や社会にとって意義があるのか」を考え、時には相手に自身の意見をぶつけながら、相性を見定めていただければと思います。

仕事内容の具体化は、「とにかく情報を集める」といった無目的なものではないと思います。
自身が成果を出し、それが意義があるかどうか。
企業側との相性は合うかなどに目的に沿って行ったほうが良いと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネット業界を中心に人材エージェントとしてサービスを提供。 的確な情報提供、徹底したフォロー体制、マッチング精度の高さには、一定の評価をいただいていると思います。