深津 貴之 (fladdict)
ぼくのかんがえたさいきょうのマイナンバーアプリ
表紙

ぼくのかんがえたさいきょうのマイナンバーアプリ

深津 貴之 (fladdict)

まったく流行らないマイナンバー制度。なんで流行らないかというと、おそらく「導入前よりも全方位でメンドウになっただけ」だからかなと(自分主観)。面倒な手続きが増えたわりに、いいこと増えた記憶がない。

マイナンッバーを普及させるのに、必要なのはベネフィット。シンプルにみんなの生活が楽にならないと辛いなぁと。そんなわけで、ぼくのかんがえた、さいきょうのマイナンバーアプリ。半日ぐらいで操作できるワイヤーを、ラクガキ。本来ならマイナンバーがあることで、こういうものが出てきて欲しい。


スクリーンショット 2019-09-11 16.22.27

マイナンバーアプリ…というか、マイナンバーを軸にした、情報バンクアプリですね。で、ついでにPAYもつけといた的な。(*コンセプトの段階なんで、セキュリティとか実現可能性はまだガン無視です)

こういうのが欲しいのです。数年先のゴールベースで考えた場合…

・マイナンバー、免許、パスポートとかを統括できる
・マイナンバー紐付けで、インフラ系決済ができる
・ショット支払いと、自動振り込みを切り替えられる
・免許とか切れそうだと通知がくる
・税金の還付とかも通知がくる
・アプリ間連携でパーミッションとったら、他のアプリに住所とか送れる

複雑な機能などいらんのです。シンプルにこういうのが、欲しい!

ITで生活便利ってこういうのだと思うんです。市民や職員のオペレーションコストを減らしてくれるやつ。そしてプロジェクトのリソースは、機能数ではなく、ユーザーの負担をどれだけ解消するかにつぎ込んで欲しい。

国家でも民間でもいいので、誰か作ってくれないかなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
深津 貴之 (fladdict)

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピザおごったり、サービス設計の参考書籍代にします。

オススメの本は「予想どおりに不合理」
深津 貴之 (fladdict)
noteのCXO。THE GUILD。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計や日々の学び、note.comのカイゼン報告などについて書いていきます。