見出し画像

11月22日(火):サッカーでの「リアル」と「ゲーム」の連動

フィットネスビズ

昨日はバンダイナムコアミューズメントのゲーム「釣りスピリッツ」と静岡県西伊豆町の「ツッテ西伊豆」が協業して、ゲームのファンをリアルの釣りへ送客する試みに触れました。

本日はそれに付随したゲームとリアルの関連に紐づいた話をもう少しばかり。

現在、リアルの世界では一昨日にサッカーのW杯がカタールで開幕し、約1ヶ月にわたる熱戦の火蓋が切られましたが、ゲームでもそこに連動する動きは出ています。

例えばNFT(非代替性トークン)ファンタジーフットボールゲーム提供のソーレア(Sorare)が、FIFAワールドカップの開催に合わせて、「グローバルカップ22(Global Cup '22)」を期間限定で開催しています。

まず「NFTファンタジーフットボールゲーム」って何だ?という話になりますが、こちらは簡単にいえばトレーディングカードを使ったサッカーゲームだと思ってもらえれば良いでしょう。

この「グローバルカップ22」はソーレアが発行するコモンカード(選手のトレーディングカード)を使用してプレイし、プレイヤーはオリジナルチームを作成し、ワールドカップの日程に合わせて計7回開催される「マッチデー」に参加する仕組みです。

ソーレアの面白い点は各選手のスコアが実際の試合での活躍度と連動していて、常に直近のリアルの試合の動向がゲームに反映されていることです。

そのため今回のゲームイベントでも自分がチームに組み込んだ選手のW杯での試合の出来によって自分のスコアが上下し、それによってゲーム内でのプレイヤー間のスコアも変わってきます。

そのためW杯で活躍する選手を予想して上手くチーム編成をしていくことでゲーム内での上位進出が見えてくる、といった具合です。

またゲームとリアルの連動は選手の活躍によるスコアの反映だけでなく、ゲームの上位プレイヤーへの報酬もリアルとつながっている部分があります。

例えば累積スコア上位プレイヤーへの報酬は、ジダンとのフットサル体験、好きな試合のVIPチケット、仮想通貨のイーサリアム(17ETH=日本円で約250万円分※記載時の相場)、サインジャージなどとなっています。

グローバルな市場で、もっともグローバルなスポーツであるサッカーが舞台で、なおかつゲームのプレイヤー数も多いだけに報酬も日本のゲームでは考えにくいような内容ですね(笑)

いずれにせよゲームとリアルの連動、連携はいろいろな形で進んでいることがわかります。

ゲームがリアルへの入口になりえるし、その反対もまた然りなので、必要以上に身構えずにチャレンジをしてみることで新しい世界へ足を踏み入れるきっかけになるんじゃないかと思っています。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!