フィットネスビズ
【第1416話】潜在ニーズからの創造
見出し画像

【第1416話】潜在ニーズからの創造

フィットネスビズ

こんにちは、熊谷です。

お客様のニーズには顕在化しているものと潜在化しているものの2種類があると思っています。

顕在化しているニーズとは接客の中で直接的に話題に挙がるような、お客様自身が言葉にできるニーズの事だと定義できます。

一方で潜在化しているニーズというのは表面化していないもので、会話の中にも出て来ないもの、すなわちお客様自身も上手く言葉にできていなかったり、それ自身を認めたくなくて意識の外に追いやっているようなニーズの事だと言えます。

ニーズに応えることで価値提供できると考えると、どちらのニーズからでも顧客創造はできると思います。

むしろどちらかに偏るのではなく、両輪から攻めるのが大切だと考えています。

特に今月はクラブ内において潜在ニーズからの顧客創造が進んでいると感じており、昨日小川さんが記載をしてくれたようなサプリメントをはじめ、週替わりレッスンで実施をしているセルフケアやポールトレーニングもそれに当たります。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

スキありがとうございました!
フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」