マガジンのカバー画像

伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」

407
フィットネスクラブ経営、フィットネス業界でのコンサルタントのブログです。 クラブ運営をはじめとしてマーケティングやマネジメント等のビジネス的な内容から、日々感じる雑多なこと、独り… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

1月30日(月):個別最適のための「学び方の得意」

日経新聞のコラム「教育岩盤 迫る学校崩壊」に端を発して、この数日はそこで指摘をされていた…

1月29日(日):企業でも求められる「個別最適」

このところは日経新聞のコラム「教育岩盤 迫る学校崩壊」に付随したことを記しています。 昨…

1月28日(土):教育現場で求められる「個別最適」の学び

昨日は日経新聞のコラム「教育岩盤 迫る学校崩壊」から教員の量と質の問題に触れましたが、本…

1月27日(金):教育現場の問題「教員の量と質」

先般には日経新聞で「教育岩盤 迫る学校崩壊」というコラムが連載されていました。 その1回…

1月26日(木):やってみたい「モルック」

先週末に家族で買い物へ行った際にスポーツ用品などが並ぶエリアで見慣れないモノを見かけまし…

1月25日(水):「インバウンドあるある」からの独り言

本日は出張に関する独り言を少しばかり。 日本列島全体に最強寒波が来ていたこともあって今週…

1月24日(火):適切なタイミングで習慣の見直しを

昨日は協会けんぽ京都支部の調査結果をもとに「40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群」と題したものを記しました。 本日はそれに関連した話をもう少しばかり。 先の調査では健診受診の有無や医療費の状況などを踏まえて独自に7グループに分類しており、その中の約半数(49.86%)が一定のリスク因子をもっていることが分かった形です。 前述した7グループは以下のようになっています。 1、健診結果優良者 2、特定保健指導予備軍 3、特定保健指導対象者 4、医療機関受診勧奨対象者 5

1月23日(月):40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群

先般に保健指導リソースガイドでは協会けんぽ京都支部の調査結果とそこに見る課題などが示され…

1月22日(日):「金柑」の甘酸っぱさと「待つこと」

本日は週末なので肩の力を抜いた独り言のような話を少しばかり。 我が家の玄関脇には金柑の木…

1月21日(土):衣料大手もリメイク、リセールを本格展開

先般の日経新聞には「衣料大手、服補修もカバー 環境配慮の消費者誘う」と題した記事がありま…

1月20日(金):生活習慣病ならぬ生活環境病に注意②

昨日は先日に放送されたNHKクローズアップ現代「実は危ない!ニッポンの“寒すぎる”住まい」…

1月19日(木):生活習慣病ならぬ生活環境病に注意①

一昨日のNHKクローズアップ現代は「実は危ない!ニッポンの“寒すぎる”住まい」と題したもの…

1月18日(水):適切な問いを立てて自問すること

昨日は「疾風に勁草を知る」と題して2022年におけるフィットネスクラブ運営会社の倒産件数に関…

1月17日(火):疾風に勁草を知る

昨日は帝国データバンクの2022年におけるフィットネスクラブの倒産件数に関する記事をもとに私見を記しました。 同記事によれば2022年に発生したフィットネスクラブ運営会社の倒産は27件で前年(9件)から大幅に増加したほか、年間で初めて20件台に到達し、リーマン・ショック直後で需要が大きく後退した2008年の13件をも上回って2000年以降で過去最多という状況です。 直接的な引き金はコロナによる影響とエネルギーコスト上昇の2点ですが、そこに至る背景を遡ればコロナ以前のクラブ