冨安健洋に続く海外で活躍しうる若手J2戦士
見出し画像

冨安健洋に続く海外で活躍しうる若手J2戦士

フィルミ

 アビスパ福岡からシント・トロイデン(ベルギー)を経て、ボローニャ(イタリア)へと羽ばたいた冨安健洋選手。類まれなアスリート能力を併せ持ち、DFに求められるものをこの歳にして備えているトッププレイヤー。今シーズン初のセリエA挑戦も、リーグ戦20試合2アシストを記録。新境地である右SBでチームに貢献している。

 現在セリエAと日本代表をまたにかけて戦う冨安も、かつてはJ2のアビスパ福岡でプレーしていた。井原監督からのコーチングなどを受け、10代ながらCBのレギュラーとしてプレー。当時、私もアビスパの試合で生の冨安選手を観ましたが、とてもクレバーな対応をミスなくこなしていたのが印象的でした。(今思い返すと貴重な経験。)

 J2から世界へ羽ばたいていった冨安に続きうる若手J2戦士を私の独断と偏見で選出させて頂きました!


FW26遠野大弥(20歳) 所属:アビスパ福岡

遠野大弥 アビスパ

 今季ホンダFCから川崎フロンターレに完全移籍し、アビスパ福岡にレンタル加入した遠野大弥選手。Jデビューとなった北九州との開幕戦で鮮烈ゴール。

 ゴールシーン以外のプレーも卓越しており、既にアビスパの攻撃の中心選手といえる。彼のストロングポイントの1つはシュートへの積極性と精度。ミドルレンジからでも狙えるため、常に複数の選択肢を持ちプレーできる。加えて状況に応じて適切な判断を下す。シンプルに味方に預けるシーンも散見され、積極性を持ちつつも局面に応じたプレー選択ができている。DFにとっては非常に厄介な選手

 タイプでいうと「周りを活かす」よりも「周りに活かされる」ことに長けているように映る。北九州との開幕戦25:34、ファンマとの見事な連携からボールを前進させることに成功している。昨季まで大宮にいたファンマは「周りを活かす」ことに長けているため、遠野選手との補完性が見事にはまっている。ドルトムント時代の香川とレバンドフスキの関係性を思い起こす。

 2トップを採用し、相棒のFWがファンマの様な「周りを活かす」プレーを得意とする選手がいると輝くはず。身長こそ高くはないが、ポルトの中島ように身体に厚みがあり、力強さもあるため、将来的にプレミアで観たい選手。


MF36藤田譲瑠チマ(18歳) 所属:東京ヴェルディ

藤田譲瑠チマ 東京V

 今季よりヴェルディのトップチームに昇格した東京期待の選手。有望な若手を度々輩出するヴェルディユースから新たに現れた新星。ルーキーながら今季開幕戦の先発を勝ち取る。

 ボール奪取や力強い守備に特徴のある選手という前評判が多かったが、それ以上に「潤滑油」としての能力に長けた選手という印象。173センチで線は細いがその分、身のこなしが巧みでチームのボール保持時は彼が潤滑油となり、攻撃を企てている。そのため中盤アンカーは現状、適正ポジションと考えられる。

 今季の徳島との開幕戦、彼の「流れを止めないプレー」がチームにリズムを与えた。12:54、奈良輪から受けたボールをワンタッチでレアンドロに点けたシーン。ボールを受ける前にレアンドロのポジションと動きを確認し、トラップする直前まで身体の向きを動かさないことで、DFにレアンドロへのパス以外の選択肢も突きつけることが出来ている。相手DFは難しい対応を余儀なくされる。

 個人的にはリーガエスパニョーラが合うのではと。基本的な足技に加えて状況確認の慣習がついているため、このまま試合で経験を積んでいけば、更なる成長の末、日本代表にも登りつめるのではないか。


MF11奥抜侃志(20歳) 所属:大宮アルディージャ

奥抜 練習

 言わずと知れた大宮の至宝にして虜。今季より背番号を11に変更し、自分にプレッシャーを敢えてかけた。生え抜きのドリブラーは今季の開幕戦で昨季からの成長を見せてくれた。

 水戸との開幕戦は先発からは外れたものの、後半開始から出場。大宮の決勝点を見事演出。持ち味であるドリブル突破が更に切れ味鋭い物になり、自信も伺える。

 私の思う昨季からの成長した点はライン間でのボールの受け方。後方からボールを受けた瞬間、自然と前向きに受け、視野を確保している。近藤へのスルーパスも見事で、「周囲を活かすプレー」が昨季より増えている。

 「1人でやりきる力」も見逃せない。試合終了間際、PA内まで1人でドリブルで持ち込む。味方がおらず、数的不利な状況だったが、際どいシュートを放った。今季にかける彼の気持ちが伝わるようなプレーで非常に胸躍りました。

 初の海外挑戦となる行き先はオープンな展開の多い、ポルトガルかベルギーが相性がよさそう。持ち味のドリブルを活かしやすく、フィジカル能力に優れたDFや世界的な選手が集まる場所でより自信をつけた状態で4大リーグへとステップアップする姿が観たい。


エンディング

 大宮サポでありながら、J2の他チームの選手も紹介させて頂きました。この場で紹介した選手以外にもJ2には有望な若手選手が多くいます。そんな彼らが成長していく過程をチームの垣根を超えて見守っていけたらなと。日本代表がW杯で優勝する瞬間を観たい。観たい。観たい。

 記事テーマ随時募集してるので、リプライでもDMでも頂けましたら是非、執筆させて頂きます!! 

 ツイッターもやっているので良ければフォローお願いします!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィルミ

最後までお読み頂きありがとうございます!ツイッターでコメント頂けると嬉しいです!

感無量です!
フィルミ
大宮アルディージャをこよなく愛するサラリーマンがあれこれ書いてます!