秋も深まり、冬が近づいてきた時髪の悩み

記者 ブラックサプリEX 報道

よくある秋の髪の悩み

秋の髪の悩み肌荒れは基本的に脱水が原因!?

皆さんご存知のように、肌の細胞は水分と油分に支えられており、どちらも多すぎても少なすぎてもダメなのです

少ない水分では、油分の生産が促進されるので、乾燥は表面的で一時的なものに過ぎず、その後は今まで以上に油分が多くなります。

画像2

1. 抜け毛

秋の抜け毛は季節性の抜け毛とも言われています。

しかし、この現象は一般的には病状ではありませんので、あまり心配する必要はありません。秋になると葉っぱが落ちたり、人が髪の毛が抜けたりするのは自然な生理現象です。これは自然な生理現象で、夏は体が大量に汗をかいて水分が失われ、乾燥する秋は水分の補給が間に合わず、皮脂分泌が減少してパサパサの髪や抜け毛の原因になります。

夏に頻繁にシャンプーをしたり、紫外線を浴びたりすると、秋の抜け毛の原因にもなりますので、心配は無用です。

2. 毛先が割れやすくなる

髪の毛は自己修復能力がなく、大量の死滅細胞でできているので、定期的にトリミングをしないと分け目ができやすくなってしまいます。

秋から冬にかけては寒くなり、以前は夏場の自然乾燥を標榜していた人たちも、頭の保温のためにブロードライヤーに切り替えています。

しかし、ドライヤーを頻繁に使用していると、髪の毛の水分や栄養分の損失を加速させてしまい、毛先が割れやすくなったり、髪の毛がパサついたりしてしまいます。

画像2

3. フケ

フケは実は脂漏性皮膚炎の外見上のサインです。

冬の乾燥した気候や空気中の湿度が低いと、皮脂の分泌量が減り、肌から潤いのある保護機能が奪われ、フケを刺激したり、既存のフケを悪化させたりします。

4. 静電

静電気は一般的なもののようで、この微弱な電流は無害に見えるかもしれませんが、実は大きな毛嫌いになるのです。

電気を流すと髪の毛の毛先が開き、摩擦が増えて水分の損失が加速し、縮れ毛になってしまいます。長期的に行うことで、髪の毛がサラサラになります。そして、乾燥した髪の毛は静電気が発生しやすくなるだけで、より悪循環になってしまいます。

冬は細胞の成長や分裂が遅くなり、潤いが不足し、髪の毛のトラブルが起きやすい時期なので、夏とは違った生活習慣やクレンジング方法が必要になります。

記者 ブラックサプリEX 報道


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツ、音楽、映画など大好きだ。綺麗な人生〜頑張ります。