見出し画像

「君の声が聴きたい」

ネットだけで繋がったあなたに何度もそう言われた。

世界中につながるネットの世界、ほつれた糸のように人と人が絡みあった世界。毎日ネットのどこかで誰かと誰かが出会っている。

あなたと繋がったのも、その糸のどこかの一点だったんだろう。

ほどけないようにと互いに丁寧に温めてきた。言葉を尽くして気持ちを語り、文章でだけ囁きあった。もろくて細い糸を手繰りよせながら二人の時間を確かめあった。


「君の声が聴きたい」

そう言われて、私は戸惑う。

私はこうやって文章で語りあう時間が好きだしあなたの声を求めるつもりはない。「このままでいようよ」と思っているのに、あなたはここで会うと必ず私に言うんだ。

「君の声が聴きたい」

「私の声なんて、そんなに美しくないよ」って言ってみたり、「私の声は海の魔物に奪われました」とかごまかしてみたり、そんなふうにあなたの願いをゆるりとかわしているけれど、あなたの「君の声が聴きたい」はやまない。


ねぇ、きれいなままでいようよ。

文章だけの世界で私たちは愛しあったんだから、生身の二人はいらないんだよ。柔らかく私たちを覆うぼやけた光の中で、文字で愛を語りあおうよ。


私はね、

あなたの私への愛を信じてないんだよ。

私はね、

あなたのすべてを愛せる自信があるんだけどね。


あなたの「君の声が聴きたい」に心が疼く。

私も本当は、

「あなたの声が聴きたい」

でも言えないよ。だって私があなたの声を手に入れたら、私は代わりにあなたに私の声を差し出さなきゃいけないから。


人は誰かを愛してしまうと「もっと」を求めてしまう。

私が文字の次にあなたに声を差し出したら、あなたは次にまた何かを求めるだろう。

私はいつも夢見るんだよ。

新しい何かを差し出したときに、ふとあなたの表情が曇るのを。あなたが描く私と違う何かをあなたが私の中に見つけてしまう瞬間を。

それが怖いんだ。

ごめんね。弱虫で。

だけど今日も抱きしめて。

思いつく限りのあまく優しい言葉で私を抱きしめてね。


#短編小説 #超短編小説 #掌編小説 #愛 #声 #同じテーマで小説を書こう

*こちらの企画に参加させていただきました↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

銀行口座を登録する予定は今のところないため、サポートいただいたものはnoteに溜まっています。受け取りの期限があるのかと思っていたらいつまでも溜まっていくようです。いつかもしかしたら受け取らせていただくかもしれません。そんな状況でございます。

素敵な1日になりますように。
40
こんにちは。エッセイ・小説など心に浮かんでくることを書いています。私の文章から何かを感じてもらえればうれしいです。あまい恋の文章はドキドキしたりちょっと切なくなったりしてもらえたら光栄です。すでに仲良しさんも、これからの方も仲良くしてくださいね。

コメント15件

さぁ~て また『高い企画力』で みんなと 触れ合おうかねぇ笑
相手の思ってる自分と違うていうことに怖くなる時てありますね
私も彼と遠距離が長かったから、変わって行く自分をどう彼に提示したらいいのか悩んだ時もありました
確かに彼も前のおばはんが良かったと言ってた時期もあった
でも今は多分、今の強くなったおばはんを抱きしめてくれると思ってる
ふゆほたるさん
おはよー。
うんうん。高い企画力を楽しみにしています。
おばばんさん
相手が自分をどう思い描いてるか見えないから不安ですよね。それに応えられるかを考えるとね。
おばはんさんはいろんなことが起こったから、性格とか変化した部分もあるだろうから、余計に不安な時があったでしょうね。。

いまのおばばんさんを抱きしめて欲しいですね。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。