見出し画像

運命のゲーム

結婚してもう10年が過ぎた。

10年も経てばどこも同じようなものだと思うけど、私と夫の間には恋のような感情はなくなり会話も必要最低限しかしなくなっている。ただ親として子供を囲むだけの共同生活に、不満はないけど刺激もない。

私はそんな日常が退屈で、ある日、文章を書き始めた。文章を投稿するサイト「note」に、日記のような短い文章を投稿し始めたのだ。

それから4ヶ月、その間にいろいろな人の文章を読んだ。

noteには魅力的な文章を書く男性もたくさんいて、どんな人だろうって想像するようになった。柔らかくて知的な文章を読むと、とても魅力的な男性をイメージして憧れるような気分になった。

文章って顔が見えないから現実のその人の何倍も美化されてしまうんだろう。文章のレベルが高いと魅力はその分、増加する。noteは文章の世界で、文章の優劣が書き手の魅力に直結するんだ。

夕食の席で私は夫を見た。実は夫はとても博識で文章力も高い。かつてはそんな夫がすごく魅力的で誇らしく見えたのに、今は魅力を感じない。夫は何も変わらないのに、いつからそうなってしまったんだろう。

そんなふうに考えながら、じっと夫を見つめているうちに、noteを使ったおもしろそうなゲームがふと頭に浮かんできた。退屈な日常に刺激を加えるゲームで、うまくいけば夫をもう一度、魅力的に感じられるゲームになる。

夜に子供を寝かしつけたあとで私は夫にゲームをしないかと持ちかけた。

ルールはこの4つ。

・夫もnoteに登録して文章を書く。
・お互いにnoteでの名前を明かさず、お互いを文章から探し出す。
・半年後に当てっこをする。
・見事に当てた方は、外れた方に何でも頼み事をすることができる。

そして夫は一つ返事でゲームに乗ってきた。

でも私はそのとき、何も知らなかった。夫が勝ったときに、まさかあんな頼み事をしようと考えていたなんて、これっぽっちも気づいていなかったんだ。


【続く】


#短編小説 #ゲーム #始まり #逆噴射小説大賞2019

「逆噴射小説大賞2019」というコンテスト用に書きました。長い小説の導入部でいかに読者に興味を持ってもらうかのコンテストのようです。

ただ「パルプ小説」というのがどういう小説なのか調べましたがどうしても掴めず、この文章を応募していいのか決めかねました。

投稿されている方の文章を見る限りでは、サスペンスやホラーなど『世にも奇妙な物語』的なストーリーを指すのかな。私はそういうのではなくて、いつも書いているような小説の導入部をカットした仕上がりになっています。

せっかく書いたので投稿することにしました。夫の「あんな頼み事」って何だろうね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます。大切に使わせていただきます。記念になるように、椿の小物でも買おうかな。

私もスキ。
42
こんにちは。エッセイを中心にイラストや写真、短い小説などを投稿しています。仲良くしてくださいね。

こちらでもピックアップされています

逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
逆噴射小説大賞2019:エントリー作品
  • 626本

小説の冒頭800文字でCORONAを勝ち取れ。ダイハードテイルズが主催するパルプ小説の祭典、「逆噴射小説大賞2019」のエントリー作品収集マガジンです。だいたい1日1回のペースで収集しています。収集漏れを発見したらダイハードテイルズまで連絡してください。【募集要項はこちら】https://diehardtales.com/n/n94b50338466a 【応募タグ】#逆噴射小説大賞2019

コメント (17)
半年後に『お互いをnoteで』見つけて 答え合わせが 行われるのかぁ~😳

この『半年間』の後には『お互いを現実』でも 見つけ合ってほしいと 願わずにはいられない!笑
ふゆほたるさん
なるほど。
その半年の間に現実でのお互いも見つけ合うって素敵ですね。
すごく幸せになれそうです。
でしょ でしょ?笑

あたすは やっぱり どんな結末でも『幸せ』になってほしいなぁ…実在しようが しまいがさ😉
ふゆほたるさん
私もそう思います。幸せな結末がいいなぁと思います。まぁそうはいいつつ、微妙な結末が多いのも私の小説には多いんですけどね(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。