見出し画像

簡単に導入、簡単に削除

WindowsとMacintosh両者の違いは色々ありますが、一番の違いはアプリの削除方法ではないでしょうか。
Windowsはアンインストールと呼ばれるウィザードが起動しますが、Macintoshはゴミ箱に入れるだけです。いくつかのファイルは残りますが、簡単ではあります。

Formeではフォームの設定とデータの管理にはパソコン向けの代表的な表計算ソフト Microsoft Excel、LibreOffice Calcにはマクロシートとして設定シートを提供し、GoogleシートではGoogleAppScript経験者向けにサンプルコードを提供しています。

一般的には表計算ソフトに機能を追加する場合はアドインとして配布することが多いと思いますが、Formeではあえてマクロシートでの提供にしています。その理由が要らなくなったら、そのマクロシートをゴミ箱に入れれば、機能が失われる事を重視したためです。

アドインの形で提供した場合、アドインの導入と削除にすこし手間がかかります。お試しでするにはハードルが高くなりますし、パソコンがあまり得意ではない人にとっては導入も削除も共にお手上げの状態になりかねません。

ユーザーがコントロールできない状況にはしたくないとの思いがあります。ユーザーにプログラミングの知識があれば、Formeは QRコード > フォーム > CSVデータ の形でパソコンとスマートフォンを行き来しているだけですから、自前でシステムを組むことができます。

Formeにペアリングされているパソコンを登録すれば、BlueToothファイル交換ですぐにデータの受信が可能です。可能な限りモジュールに徹しているアプリです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。良い記事を書けるよう励みます。
2