見出し画像

徹底考察! 283プロのアイドルはサーティワンアイスクリームで何頼む?

生乾き三十郎

(しまった……打ち合わせが思ったより長引いてしまって、アイドルとの約束の時間に遅れてしまいそうだ……)

(今日のイベントはイオンモールのホールを使わせてもらってのファンとの交流イベント……彼女たちのことだ、きっともう現場には到着しているだろう)

(俺も仕事に遅刻することはないだろうが……彼女たちを待たせてしまうだろうな)

(……よし!)

ガヤガヤガヤ……

♪ いつもの通知音

♪ いつものタップ音


ポポポポ……
ポポポポ……

みなさんこんにちは、生乾き三十郎といいます。
さて、この世で一番おいしい物をあなたは知っていますか?
キャビア? フォアグラ? いえいえ、お金をかければよいというものではありません。大切なのは体験、そしてその時の幸福感なのです。

ここまでいえばお分かりですね?

この世で一番おいしい物と言うのは、イオンモールのフードコートで、かつ人の金で食べるサーティワンアイスクリームのことを指します。

皆さんはサーティワンアイスクリームの事をご存じでしょうか。正式名称をバスキンロビンスアイスクリームというアメリカの世界最大級のアイスクリームチェーンは、日本国内では一般的にこの名前で知られています。日本人は幼き頃よりイオンモール三銃士が一柱としてよく慣れ親しんだチェーン店ですね(残りはマクドナルドとトイザらス)。そんなサーティワンアイスクリームがなぜこの世で一番おいしい物になるのか?

想像してみてください。

今は12月の上旬。この先にはクリスマスに年末年始、ビッグイベントを直前に備えてイオンモールの店内も徐々に年末商戦への動きを始めています。あまりにも効きすぎている暖房、休みなくセールスを行うウォーターサーバーの営業、億万の人間の動きに呼応して絶えず振動するモール。連れがユニクロで買い物をするのについていく間何も考えていなかった脳はボーっとしていて、散々店内を歩き尽くした足は疲弊状態。そのうえ手には無印良品の3600円程度の買い物の紙袋をぶら下げています。
そのタイミングでサーティワンを口にしたならばどうでしょうか?
なんということでしょう。口に入れたアイスからじんわりと冷感が広がっていき、熱で茹った体を冷ましていくではありませんか。
シングルのスモールサイズでも300円をくだらず、実はハーゲンダッツよりも全然高級であるアイスクリーム。そして家の近くには全く店舗がないので希少価値も高いアイスクリーム。それなのに、幼い頃から度々口にしてすっかり舌がその味を覚えてしまっているアイスクリーム。
これが人の金で食えるとなれば、もう無敵です。
これに勝るものなどありはしません。

改めて言います。

今この時期に人の奢りで食べるサーティワンアイスクリームに勝るものなし。



さて、話は変わるのですがみなさんはアイドルマスターシャイニーカラーズをご存じですか?
バンダイナムコエンターテインメントの誇るアイドルマスターシリーズの一つであり、SNSをはじめとした各種メディアへの展開も行っている今大注目のコンテンツです。
プレイヤーは作中に登場するアイドル25名のプロデューサーの目線に立ち、彼女たちを夢の舞台へ連れて行くことがこのゲームのメインの目標となっています。
シャニマスが優れているのは、このアイドルたちと芸能界で奮闘していくそのシナリオです。素晴らしいシナリオライターによって紡がれる物語のすべてが、現代に生きる若者たちの等身大の姿、彼女らを取り巻く世界のありのままを鮮明に映し出しているのです。『解像度が高い』と表現されるクオリティの高さに、ひと度ゲームに触れてしまえば、すぐに魅了されてしまうことでしょう。
そう、今自分たちの暮らしている世界と彼女らの世界が陸続きであるかのように思えてしまうほどのクオリティなのです。

……おや?

だとすれば、シャニマスのアイドルたちはサーティワンアイスクリームに通っていてもおかしくないですね……

さあ、お待たせしました。

ここから先は仕事の合間合間に私がサーティワンアイスクリームのメニュー表とにらめっこしながら考察した、解釈の詰め合わせ披露のお時間です。
彼女らがプロデューサーの奢りでサーティワンアイスクリームで注文をするとなった場合に何を食べ、何を語らうのか。

ノーコンテニューでクリアしてやるぜ!!!!!

レギュレーション
・代金はプロデューサー持ちであり、アイドルの財布事情は一切考慮しないものとする
・メニューおよび舞台設定は2022年12月上旬であることとする

・アイドルたちはプロデューサーとの待ち合わせの場においてユニットで待機しているものとする
・今回のサーティワンは独立店舗型ではなくイオンモール内のいちテナントであるものとする

↓↓↓↓↓ キックオフ!!!!! ↓↓↓↓↓


〇イルミネーションスターズ

言わずと知れたシャニマスの看板ユニット。3人そろってのお出かけや飲食の描写も多く、全員でサーティワンに行く姿も一番想像がしやすいユニットでしょう。彼女たちは横並びでメニュー表を眺め、それぞれが食べたいものを注文して、それを共有すると決める筈です。彼女たちの食の好みはフラットで、一般的に人気の高いところはしっかりと抑えてきそう。それでいて三人ともに女子高生という若さ、流行への敏感さも兼ね備えている。期間限定メニューを見逃すことはそうそうないでしょう。

注文を即決して先陣を切るのはめぐる。真乃と灯織が後に続きます。それぞれが期間限定メニューで気になったものを注文する中で灯織は一歩引いて状況を見極めます。めぐるは期間限定メニューの中でも今年の新作フレーバーを選びたいところ、となると候補になるのは「フィグ ベイクド チーズケーキ」か「ダークチェリーフォレスト」の二つ。どちらでもみんなで楽しく食べられるならOK、そんな彼女が最終的に選んだのは……

めぐる
ダークチェリーフォレスト RSCP(レギュラーシングルカップ)


果肉入りのチェリー風味フレーバーにチョコレートをミックス。味わいと食感がクセになるサーティーワン流のフォレ・ノワール。
※フォレ・ノワール…フランス語で「黒い森」を意味する、チェリーを使用したチョコケーキ。

おそらく彼女は味の好みで選んだわけではないのです。どちらかを選ぶのか最終的な理由は直感。ただ、その直感の裏には大切な友達のユニットカラーを選びたいという気持ちも見え隠れしているようなそんな気もします。

そしてそんなめぐるの注文を見て真乃が選ぶのは勿論。

真乃
フィグベイクドチーズケーキ RSCP(レギュラーシングルカップ)


バスク&レアチーズケーキ風味フレーバーとまったり甘いイチジク風味リボン。心とろける美味しい出会いをどうぞ。

11月に登場した新フレーバー。これで新作フレーバーはコンプリートだね、めぐるちゃん……っ! 
めぐるがピンク色のアイスを持ち、真乃が黄色のアイスを持つ。ああ、なんということでしょう。潜在的に……が! ……が見えてしまう!

さてそうなると困ってしまうのが灯織。流れに与したいところではあるが、二人で新作フレーバーは抑えられてしまった。再度メニュー表に目を落とす灯織、陥る思考の迷宮。

(三人でアイスをシェアする場合、その最適解は何だろう……?)

見かねてテイストスプーンを差し出す店員さん。

「お連れ様はチョコとチーズ味なので、フルーツテイストなどいかがでしょうか?」

(そ、それだ……!!!!!!)

灯織 
ホリデーグリーティング RSCP(レギュラーシングルカップ)


マシュマロ入りのラズベリー風味とピスタチオ風味でサーティーワンから美味しいごあいさつ!

期間限定のフレーバーであり、かつフルーツシャーベットテイスト。マシュマロ入りのアイスで食感も先の二つと違ったアクセントになる。三人でのシェアを考えた場合の調和を重んじた灯織もほっと胸をなでおろします。

三人で分け合いながら食べられるように選んだレギュラーサイズ。注文のカップを受け取り、三人はフードコートの一角に腰かけるのです。レシートの写真を撮影、プロデューサーにチェインを送ってから彼女たちはアイスに手を付けました。

「ねえ、そっちもちょっとちょうだい!」

~FINISH!!!!!~



〇アンティーカ

何かとユニットメンバーで食卓を囲みがちなこのユニット。クール系ユニットなわりに、実は食いしん坊なのかもしれません。いっぱい食べな、いっぱい大きくなりな
季節の折々で旬の食べ物を食してきた彼女たちなら、この時期のサーティワンでの注文に置いても高いパフォーマンスを発揮してくれるはず。
やはり、注文に手慣れているのは摩美々でしょうか。アーバンでパンキッシュな彼女なら注文にも明確な核がありそう。メニューを一瞥、注文を決めて、店員さんの元へ。

摩美々
マジカルミントナイト ダークチェリーフォレスト SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)

【マジカルミントナイト】
ビターなチョコとミントに弾けるキャンディがあわさって、夜空にキラめく魔法のよう!

期間限定メニューの中から、ダークの中に小悪魔を散らしたような摩美々本人の雰囲気に近しいチョイス。一瞬ギョッとする青色のチョコ、摩美々は一口頬張った後に舌をベッとして見せてくれるはずだ(小学生時代に摩美々は遠足でモンスタースタンプを買っていた側の人間だから)。プロデューサーがお金を出してくれるのならワッフルコーンの追加料金も学生ながらに許される。闇夜に散らされるはキャンディ、ビターでポップな夢に少女の胸は跳ねる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お先ですー

わ……っ! 摩美々ちゃん、注文上手だな……
きりりん、焦らなくていいからじっくり選んで大丈夫だからねー
うん……ありがとう……
えっと……

……

ふふ……♪

おや? どうしたんだい、何か世紀の大発見をしたのかな?

うん……
このアイス……摩美々ちゃんみたい……

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

霧子
コットンキャンディ SSCN(スモールシングルコーン)


ポップな見た目が大人気!甘くてやさしい、わたがし味のアイスクリーム。

霧子はあまりサーティワン自体には慣れていなさそう。もし一人で行くことがあるのなら、フルーツのシャーベット寄りのソルベを頼んでいるかもしれない。本来なら彼女は色素の薄い食べ物を好んでいるはずだ。だが、今回はフレーバーの色味がユニットメンバーに似ていたために目に留まり、思わず選んでしまった。注文後に受け取ったアイスを摩美々に向けて見比べ、「ふふっ」とほほ笑んで。味自体も他のフレーバーに比べて癖が少なく、優しい味で食べやすい。

恋鐘
コットンキャンディ いちごみるく SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)


【いちごみるく】
果肉入りのいちごアイスクリームをまろやかなミルクで包み込んだやさしい味わい。 

霧子の注文を受けて恋鐘もコットンキャンディを注文。本来サーティワンで同じフレーバーを頼むという行為は推奨されるものではない、仲の良いもの同士色んな味を試しあうのが基本の立ち回り。しかしながら、こと友人への弄り、友人との親密度をアピールする手段として同じフレーバーを注文するのは断トツの手法となることだろう。霧子と違って恋鐘はグイグイ摩美々のもとへもっていく。

せっかくだから摩美々も食べんね! 摩美々の味がするとよ~!
や、摩美々の味って何~……

併せて注文するのは定番も定番のいちごみるく。だけどこの時期になってしまうと不思議と食べたくなるのがイチゴ味の魔力なのである。そしてイチゴは長崎の名産品でもあり、恋鐘が幼少期から食べなれた味でもあるのだ。ダブルの食べ合わせの相方にイチゴ味を選ぶのはもはや火を見るよりも明らか!

咲耶
コットンキャンディ ジャモカアーモンドファッジ SWCN(スモールダブルコーン)

【ジャモカアーモンドファッジ】
2種の豆をドリップしたコーヒーアイスクリームにチョコレートとアーモンドがマッチ。

なかば揶揄い気味の注文だった恋鐘の裏で恍惚にも近しい表情を浮かべながらコットンキャンディを注文する咲耶様。普段からユニットメンバーカラーの品を集めていそうな彼女は、このフレーバーもお気に入りになることだろう。

私の手のひらの中に摩美々が収まってしまったようだ……
なんだか食べるのがもったいない気分だよ
や、溶けるしー……

もう一つのフレーバーには咲耶らしい大人なテイストをチョイス。アーモンドの香ばしいフレーバーはコットンキャンディの甘さを受けるために注文したはずだったのに、気が付けば削り方には偏りが生じている。
それはそれとして注文の際の店員さんが女子高生バイトだった時、俄かに店員側が沸く。

結華
コットンキャンディ チョコレートミント SWCP(スモールダブルカップ)

【チョコレートミント】
爽やかミントと、口どけの良いチョコレートのバランスが美味しさの秘密。

乗るしかないこのビッグウェーブに。いつも揶揄われる側に立つ摩美々を相手取って揶揄うことのできるチャンスを見逃す理由が無い。なんなら誰よりもこの流れを焚きつけているのは彼女だ。
そして283プロのアイドル中一位のチョコミント適性を持つことで知られている三峰結華(当社調べ)。チョコミントが歯磨き粉の味っていう主張もうそろそろ……じゃない!? もうそろそろ……じゃない!?

そして揃ったコットンキャンディ4つと田中摩美々。
メンバーが続々と同じフレーバーを手にするのを横目に見ていた摩美々はどこか照れ臭そうにサイドテールを指先でいじる。丸テーブルに付き、一人先に食べ終わった摩美々はそそくさとプロデューサーにチェイン。

「アンティーカに捕食されちゃいました」

~FINISH!!!!!~


〇アルストロメリア

283プロきってのスイーツ系ユニットであるアルストロメリア。三人のいずれにもスイーツにまつわるコミュが存在し、そのアイス戦闘力の高さはもはや言うまでもない。特に桑山千雪については、6月のブライダルガチャにて「ハッピー・アイスクリーム」というカードまで登場している始末。もはやアイスを愛しすぎてアイスそのものになってしまったらしい。

やはり一番お姉さんである千雪が後ろをついて注文には行くだろう。選考する甘奈と甜花の注文を見てから注文は調整しようというお姉さんスタイル。ただ、彼女は誰よりも乙女、誰よりも少女、誰よりもアイスに貪欲。その根底には誰よりもアイスに目移りしている自我がある。

甘奈 
ダークチェリーフォレスト オペラ ザ シンフォニー SWCP(スモールダブルカップ)


【オペラ ザ シンフォニー】
コーヒー風味チョコとビスキュイ風味フレーバーの甘いシンフォニーでオペラを表現。

ギャルと言われるだけのことはあり、手慣れた注文を見せる甘奈。店員さんにパネルを見せてもらうまでもなく、SWCPの注文は頭の中で固まっているはずだ。その一方でフレーバーにはちゃんと頭を悩ませる。うら若き乙女、みすみすカロリーを多量摂取するわけにもいかず、狭いカロリープール内でどんな味をどれほど堪能するかを考える必要がある。でも考える割にたぶん定番どころ寄り、大衆受けしやすいフレーバーになると思う。そして余談だが人差し指を下唇にあてながら考え込む甘奈はとても脚が長い。
甘奈といえばチェリー、チェリーといえば甘奈。12月の新登場フレーバーは外せないだろう。しかしながらこのチェリーはダークチェリー。我々が彼女のサポートカードで慣れ親しんだ春のさくらんぼとは少しだけ顔色が異なる。関係あるかは知らないが、春のさくらんぼは花言葉は「あなたに真実の心を捧げる」なのに対して、ダークチェリーは「変わらぬ信頼」なんだとか。
そしてもう一つのフレーバーにはコーヒーのテイストを含んだ少し背伸びをしたチョコフレーバー。少しビターな苦味があの人のことを思わせる……なんツッテ😅💦

甜花
バナナアンドストロベリー ポッピングシャワー SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)

【バナナアンドストロベリー】
甘〜いバナナと甘酸っぱいストロベリー。2つを一緒に味わえる素敵な組み合わせ。
【ポッピングシャワー】
ポップロックキャンディが弾ける、ミントとチョコの風味の人気No.1フレーバー!

その一方で背伸びを全くしないで土踏まずを地面にベタ付けの注文をする甜花。両親の買い物の付き添いでホームセンター内のサーティワンに通っていたころから注文の基本は変わっていない。クレープがいつからかコーンに変わったぐらいだろうか。そんな甜花は童心を忘れていないとも、味覚がお子様ともいえる。お子様上等、甘いものを甘いもののままに楽しめる今の内が華なのである。
バナナアンドストロベリーは恐る恐る初のアイスを頼んだ時からの鉄板。バナナといちごというフルーツにおける最大公約数的な需要。多くの子供たちの心を前史時代より掴んで離さない組み合わせだ。
もう一つの注文はゲーミング仕様のアイスクリームポッピングシャワー。これまた子供たちからの根強い支持のあるミントテイストのアイスクリームだ。粒粒のキャンディがパチパチと弾ける食感は小学二年生で行った坂のある公園での昼ご飯の記憶を呼び起こす。うまい棒を20本買ってきた同級生を尻目に棒付きキャンディを袋に突っ込みパチパチをまとわせてから口に運ぶ。イメージはエンチャントをつけたダイヤの剣といったところか。何の話やねん

千雪
フィグベイクドチーズケーキ ラブポーションサーティワン SWCP(スモールダブルカップ)


【ラブポーション サーティワン】
ラズベリーとホワイトチョコの魅惑的な味わいにハートを加えてまさに「恋の媚薬」!

「どれにしようか迷っちゃうなぁ……これだけたくさんあると目移りしちゃうもの」これを言うことで自然と注文順を最後に遅らせて他二人の様子を見ることができるお姉さんムーブ。三人で分け合う想定は勿論かねてより頭にあるので、自然と味の方向性が被らないものを選出できる。
期間限定メニューはやはり強い。12月のメニューはどれもキュートが強く、女性受けする事間違いなしの限定メニュー、千雪も必ず注文してくれるはずだ。
ラブポーション ラ ラ ラブポーション
桑山千雪はラブポーションサーティワンを注文する(確定事項)。いや、これ桑山千雪が注文するために生まれたフレーバー過ぎるだろ……だって見てみな? ラズベリーとホワイトチョコが混ざったアイスの表面にはピンクと白が入り混じり、アルストロメリアの雰囲気にこれ以上なくピッタリ。それに所々姿が見え隠れするハートのチョコレート。彼女たちのパフォーマンスを見ているときに高鳴る私たちの心臓。そして彼女たちの中で熱く、穏やかに、そして声高に唄っている彼女たち自身の心臓を彷彿とさせるではないか。そして何よりネーミングが「恋の媚薬」。こんなの有り余る愛の快楽に最果てまで連れて行かれちまうよ……

三姉妹はそれぞれのテイストスプーンを伸ばし伸ばしでそのひと時を過ごす。そして白コートの彼が遅れてやってきたとき、丁度桑山千雪の一段目、「ラブポーション サーティワン」が底を尽きるのだ。

~FINISH!!!!!~


〇放課後クライマックスガールズ

サーティワンのCMに出ているユニット。

セーフクエクストリームはマジでそれ用じゃないのか
店への親和性というポイントではこれ以上なくうってつけな放クラ。サーティワンは31種類のフレーバーを常に陳列しており、毎日違った味を楽しんでもらうというのがコンセプト。個性をぶつけ合い、笑いあい、毎日変わっていける彼女たちを置いて他にCM出演の権利を渡すアイドルがいるというのか? いや、いない

それに実際ちょこ先輩はアイスの仕事を獲得した

5人がダマになってああでもないこうでもないと話し合いながら注文レーンを突き進む彼女たちはさながら注文肉弾列車。園田智代子が「甘いものがたべた~い」をそのまま直で力に変えてチーム全体を引っ張っていく、それが総北の戦い方だ。スプリンターを務めるのは杜野凛世。はじめは不慣れだった注文も、慣れてしまえば彼女は並のJK以上にJKになれる。そしてエースはもちろん小宮果穂。ほかのメンバーに支えられながら、サーティワン注文街道ラスト5kmをストレートにぶっちぎる。エースを後押しする発射台は西城樹里。果穂を載せるためのアシストなら彼女以上に誰がいる? 有栖川夏葉のクライマーっぷりも忘れてはならない。人一倍舌の肥えている彼女の注文は後の四人を追いかけるときこそ輝くのだ……!

智代子
ワールドクラスチョコレート キャラメルプレリンクリーム SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)


【ワールドクラスチョコレート】
まろやかなチョコレートとホワイトチョコの風味が作り出す世界が認める美味しさ!?
【キャラメルプレリンクリーム】
本場アメリカで定番人気。バニラ、キャラメル、ピーカンナッツの王道フレーバー!

放クラの殿を務めて注文するのはもちろん園田智代子。彼女が甘党であることは勿論の事、流行への関心の強い乙女であることが大きな要因だ。こうして店での立ち回りには先見の明があり、加えて期間限定メニューやコラボメニューといったものにも見落としはない。自分の注文をするだけでなく、他のメンバーの注文も一緒になって考えるだけのホスピタリティがある。
彼女自身の注文は大好物のチョコレートと、それに相性の良いキャラメル主軸のベーシックなフレーバー。いずれも期間限定の品ではあるので、ひと捻りが加わってはいる。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

智代子さん、今何を注文為されたのですか……?

え?何って、チョコレートだけど……

……いえ、智代子さんの注文された品は……並のチョコレートではございません……

わーるどくらすの、チョコレートでございます……

ワールド、クラス……!!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

____その時、小学生の瞳が輝いた

果穂
バナナアンドストロベリー ワールドクラスチョコレート
カラフルいちごバナナ&アイスクリーム CRP(クレープ)

たっぷりのバナナにとろけるストロベリーソース。 ・ストロベリーソース・バナナ・カラースプレー・ホイップクリーム

ヒーローに憧れる少女はワールドクラスを目指した。大好きで憧れな先輩が割って作り上げたその道を彼女も駆け抜ける。ミルクチョコレートとホワイトチョコが混ざり合う、果穂からすれば未体験のゾーン。正義と悪、清濁を呑み込んだダークヒーローのようなその見た目も相まって少女の好奇心を満たす上でもこの上ない。
いちごとバナナの組み合わせは誰しもが一度は通る通過点、そして原点にして頂点なのである。成長真っ盛りのど真ん中にいる果穂からすれば当然意中のフレーバー。これを選ばぬ道理はない。
加えて、小学生がサーティワンに行けばクレープを注文するのが道理。もともと果穂が自分から希望したわけではなかったが、それを教え導いてくれたのが園田智代子。スイーツマイスターの称号は伊達じゃない。フレーバーで堪能したうえで更なるいちごとバナナ。その限界突破に思わずその頬も緩んでしまうこと請け合いだ。

樹里
ワールドクラスチョコレート コーンフレーク CRP(クレープ)

やるっきゃないよな、ワールドクラス!
こうなると放クラはもう止まらない。『銀河級』のような沸騰ワードの出現に上がったテンションは彼女たちをどこまでも先導し続ける。チョコを優しくキャッチしてくれるクレープ、中でも食感意識でコーンフレークをチョイス。コーンフレークは嵩増しでぼったくりだとか言っている間は人は成長できないんだぜ

凛世
ワールドクラスチョコレート 大納言あずき SWCP(スモールダブルカップ)

日本は、敗けておりません……
ワールドクラスの、杜野凛世にございます……
世界に誇る大和撫子が、チョコレートに怯むはずもなく。はじめは右も左もわからず、ダブルの注文に「雪だるまのようなものでしょうか……」と首を傾げていたというのに、もう一丁前のJK。目を爛々と輝かせながら注文をそつなくこなします。チョコと小豆の取り合わせ、和と洋がカップの上で入り混じる掟破りは放クラを体現したかのよう。

夏葉
ワールドクラスチョコレート クイーンオブナッツピスタチオ SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)

いい? 目指すならトップ、ワールドクラスだけよ!!
ワールドクラスにクイーン、威風堂々たる注文を繰り出すのが有栖川。実際、フレーバーのチョイスとしても少し対象年齢は高めのものを選んでいるのでそこも要点は抑えている。ワインを飲みながら口に運んで慣れ親しんだピスタチオの風味。あんなにパステルカラーで満ち満ちた空間なのに、彼女の佇まいには品格が漂って感じられる。
サーティワン初見時はワッフルコーンとコーンの違いに首を捻ったものの、いちいちはしゃぎながら食べたせいで時間がかかり、指にアイスが垂れてきた経験からその合理性を悟る。

全員でおそろいのフレーバーを片手に自撮りをパシャリ。
いっせーのーで口に運んでパクリ。
ほんの数百円、ほんの数分。それだけの刹那に少女たちはワールドクラスのトップヒーローへ転身を遂げました。
私たちが忘れてしまったもの、落としてしまったものをどこから出も見つけ出すことができる彼女たち。頻繁にフレーバーのラインナップが切り替わるサーティワンで、その度に見た目、テイスト、名称……さまざまな要素をフックとして彼女たちは沸き、共感し、はしゃぎ合うことができるのです。
そう、それって______

彼女たちのいる場所こそが最高のクライマックスアイランドってこと……!

~FINISH!!!!!~


〇ストレイライト

芹沢あさひという魔物が棲むユニット、ストレイライト。ブラックホールじみた胃袋を持つだけでなく、初めて目にしたものをとりあえず全て口の中に入れてみようとする好奇心の持ち主でもあります。色とりどりで味付けもバラバラのサーティワンに彼女が行けば、大興奮の大熱狂、アルゼンチン戦後のサウジアラビアサポーターのようになってしまうことでしょう。

一人であさひを彷徨かせるわけにはいかないので冬優子と愛依でサンドイッチ。3人で抱き合うのがイルミネサンドイッチなら二人であさひに首輪をつけるのがストレイサンドイッチなのだ。プロデューサーの財布とはいえ、行きすぎた注文をしないように見張りの目は光らせておく必要がある。

あさひ
マジカルミントナイト ロッキーロード ベリーベリーストロベリー TPPP(トリプルポップ)

実はサーティワンは3個セットで注文もできる。スモールサイズよりもさらに少しだけ小さなサイズで一つのカップに入れ込んでくれる、ミスタードーナツのDポップのようなものといえばわかりやすいだろうか。片っ端から気になったフレーバーを注文しようとするあさひを前にして、冬優子が引っ張り出してきた古代兵器である。
あさひのチョイスはずばり食べていて楽しいかどうかがベースだ。期間限定の商品、見たことないものには当然未体験の楽しみがあるし、定番と化しているフレーバーの中にも食感が楽しい物もある。それでいて彼女はまだ幼い少女。その嗜好はまだあどけなさを有していることだろう。
マジカルミントナイトは色合いからしてパッと見の味の予測も経たない。青色の食べ物は食欲を減退させるという知識はあさひも持っているが、彼女は全くひるむことなくパクパクと口に運んでいく。ミントでスースーする口内、そして口の中で弾けるキャンディにさぞご満悦なことだろう。
ロッキーロードはアーモンドにマシュマロまで入ったボリューミーなチョコアイス。チョコの甘さを味わう中でさまざまな食感が入り混じるので退屈することなく食べ進められるはず。
ベリベリーストロベリーは願望。芹沢、飾り気のないピンク色のアイスが一番好きであってくれ、、、

冬優子
ナッツトゥユー 塩キャラメルソース CRP(クレープ)

甘いものがあまり得意ではない冬優子。残念ながらサーティワンには鮭とばは売っていないので、少し方向性を変えてしょっぱさをプラス。
ナッツトゥユーは甘いだけに終始しない香ばしさを携えた一品。甘いものを食べ尽くすと息巻いて鼻息をふかすあさひを他所に、冬優子は悠々と口に運んでいる。
そして、ボリュームを控えめにしているのはあさひの食べ残しをちゃんと処理するだけの容量を残しておくため。サーティワンの注文はさきのさんフレーバーで収まったとしても、芹沢には”その後”がある。目につくものすべてを喰らい尽くす、芹沢あさひのグルメレースはまだスタートラインを飛び出したばかりなのだから。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

えっ? マジ? ちょ〜かわい〜じゃ〜ん!
冬優子ちゃん、これ頼んでもいい系?!

……まあ、いいんじゃない。財布はあいつ持ちだし、そんなに値段も変わんないでしょ

うわ〜、どーしよ! マイメロちゃんとクロミちゃんどっちにすればいいかな?

あら、あんたはクロミ一択だと思ってたわ

マジで悩む〜、どっちもマジで可愛いんだけど〜!

愛依ちゃん、これ両方のキャラクターが載ってるっすよ

いやいやいや! 流石にそれはゴーカすぎるって、それに高いっしょ?

いいじゃない、代金はあいつ持ちよ。甘えちゃえば?

えー、い、いいんかな……

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

愛依

クッキーアンドクリーム ラムレーズン MKCS(マイメロディとクロミのクリスマスサンデー)

冬優子がめちゃ甘やかすのが愛依。プロデューサーの財布、人の奢りということで思わず気後れしそうになるところをそっと背中を押す。「普段から遠慮してるんだからこんな時ぐらい」そんなフレーズをこれまでに何度と聞いてきたことか。そのたびにあさひは脇で贔屓だと言わんばかりに頬を膨らませる。お前はちょっとぐらい遠慮しろ
愛依はとにかくかわいいもの好き。店頭に並んだマイメロとモノミのカップを目にして気にならないはずがない。普段は弟妹の前であんまり可愛すぎるものを買うのも、姉としてのイゲンがないと避けがちな注文も、ストレイライトの二人の前ならば問題なし。ちょ~かわいい~!とはしゃぐお前が一番かわいい
サンデーもまた自分の好きなフレーバーを二つまで選ぶことができる。彼女が選ぶのは「あさひちゃんが好きそーなヤツ」と「冬優子ちゃんが好きそーなヤツ」の二つ。もっと自分の好きな味を頼みなさいよと冬優子はいつも諭すのだが、彼女は笑ってお茶を濁す。そんなの愛依からすれば今更な議論だからだ。

大好きな、かけがえのない人が食べているもの、好きなものが彼女にとってもまた同じ存在になるから_____

~FINISH!!!!!~


〇ノクチル

フードコートの魔王軍

当然ながら先頭は雛菜。甘いものに関して定評のある市川はメニュー表を見ただけで瞬時に注文を決断し、フレーバーに最適な提供の形までもを思い描くことができる。それに手慣れているのは円香。というかこいつは慣れていなくても慣れている風で行く。コンビニでコーヒーを頼んだ時に「トールサイズで」「Lサイズでよろしかったですか?」「……(声にならない声)」の場面も幾度もあった。弱みだけは見せない、注文に逡巡する様など小糸の前では見せないのだ。小糸はめちゃくちゃ悩む。目にフレーバーをめっちゃ反射させながらうんうん唸る。小さい。可愛い。透? 知らん

雛菜
ふんわりストロベリーチーズクリーム&アイスクリーム CRP(クレープ)
フィグベイクドチーズケーキ アールグレイ&キャラメルスコーン

あっっっっっっっっっっっっま
20も後半を過ぎてから口にすれば糖尿病待ったなしのチョイスを選べる。これが若さ、これが市川。味の組み立て方もとにかく甘くておいしいかどうかに限る。エレガントカテゴリのフレーバーはそもそも眼中にないのだ。
彩り華やかに、ゴテゴテの甘さ一直線のメニューに全力投球!

円香
オペラ ザ シンフォニー パンプキンプリン SWCN(スモールダブルコーン)


平然な顔をしているが、サーティワンで注文するからにはしっかりダブルで注文する。フレーバーを一個だけ、なんて気取った真似をするのも違うのだ。
アイスといえばチョコレート。期間限定のものもあるし丁度いい。特に理由をつけずに選んだ一つ目のフレーバーは、少しばかりニガニガだ。好き好んで選んだわけなんかじゃない。
樋口円香は10月生まれ。当然カボチャ味には慣れ親しんでいる。幼少期より誕生日祝いにケーキを買ってもらいに店に行けば、ハロウィン仕様のケーキばかりが並んだショーケースだった。嫌が応にもその味には慣れる。

小糸
ダークチェリーフォレスト バナナアンドストロベリー SWCN(スモールダブルコーン)


あらら! ダークチェリー!? さくらんぼ!?
そうだよね、季節限定だもんネ!
小糸ちゃんは舌の上で茎結べる? 結べない? 結べない!そっか、難しいよね~
どっちにしろかわいいから大丈夫だヨ!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ふ、二人とも、ごめんね!
注文私も……終わったよ!

……出るところは同じだから、注文は手早くしてもらえたら助かる

そ、そうだね……円香ちゃん

まあ、セーフ

あれ~? 透先輩は~?

あ、あれ……? 透ちゃん、わたしのすぐ後ろだったと思うんだけど……

…………

あれ、みんな会計まだなの

も、もう! 透ちゃん、トイレに行くときは一言……
…………えっ?

……説明

えー、なんだろ。 こいつが呼んでたから?

◇◆◇◆◇◆◇◆


近くの銀だこで売ってたとろたま明太(650円)

ふざけんな

~FINISH!!!!!~


〇シーズ

283プロで一番サーティワンに縁遠いユニットはシーズなのかもしれない。アイスに500円を出せるような家庭に七草家は到底思えず、美琴は間食をとる(エネルギー補給以外の目的で)文化がまるでないだろうし、その味も悦びも満足に知らないことだろう。そんな彼女らが突然にサーティワンに行くことになれば、どんな混乱が待ち受けているのやら……?

とはいえにちかにサーティワンの憧れ自体はあるはず。それに個人でバイトをしてからは経験もゼロではないはずだ。普段から布団の上で無駄に蓄えていた知識をここぞとばかりに発揮。美琴に恥ずかしいところを見せないように、精一杯慣れてますアピールをしながら注文するはず。しかし、残念ながら美琴は別にそんなに注視していない。ここで食べるアイスのカロリーを計算して、どう消化するかでいっぱいいっぱいだ。

にちか
チョコキャラメルピスタチオ ポッピングシャワー SWWCN(スモールダブルワッフルコーン)


普段はそうそう行くことのできないサーティワン、せっかく人のお金で行けるのならばこのひと時を格別なものにしなければならない。染みついた庶民根性がここぞとばかりに発揮される。ダブルの注文とワッフルコーンはマストだろう。本当はレギュラーで行きたいところだが、食べきれずに残すことは一番彼女が嫌うところである。ちゃんと自分の胃袋の要領を把握してのスモールダブルに落ち着いた。
CCPを注文したのは期間限定フレーバーの中でも複数種の味が混ざったものを選ぶことで贅沢感を嵩増しして、満足感を底上げするのが狙いだ。食べ合わせももちろんバツグンに良い。それにピスタチオってなんだか大人っぽい。美琴の前で甘ったるいだけのおこちゃまフレーバーを口にするわけにはいかないという自分ルールにも抵触しないのだ。七草にちかの需要を完全に抑え切ったフレーバーがCCPなのである。
それでいて、やっぱり童心が顔を出してしまう詰めの甘さが七草にちか。未だに食玩の宝石に心惹かれてしまう彼女が、宝石のように輝くパチパチキャンディを見落とすはずがないのだ。そしてポッピングシャワーに限って言えば、サーティワンの看板メニューの一つに数えられるフレーバー。美琴に向けてブランドの紹介をするという口実にも使える。彼女の中に住むリトルにちかのご機嫌取りにはこれ以上なくうってつけだ。

◇◆◇◆◇◆◇◆

えっと……これは、アイスの味を選べばいいのかな

ですです! それと、何個載せるのか……あと、サイズと容器も選べます!

そっか……こんなに選択肢があると悩んじゃうね

はい……! そりゃもう……! 好きなだけ、根限り悩んじゃってください!

……ふふ、そんなに悩んでたらプロデューサーが来ちゃうんじゃない?

あ……そ、そうですよね! あはは……

……うん、決めた。店員さん、注文お願いします

◇◆◇◆◇◆◇◆

美琴
バニラ SSC(スモールシングルカップ)


う~~~~~~~~~~わ


~FINISH!!!!!~


ご来店ありがとうございました。

いかがだったでしょうか。今回は2022年の12月上旬というごくごく狭い領域での予想ではあったものの、私の全力の解釈をぶつけさせていただきました。読んでくださった皆様はどう感じたでしょうか。
「確かにこの子はこのフレーバーを頼みそうだよな」「いやいや、このユニットはこういう注文の仕方をするはずだろ」様々な反応があると思います。
でも、今回のこのnoteは私が揃えたフレーバーをほんのわずかにテイストスプーンに載せて試食として提供しただけに過ぎません。

ワイの解釈がどないやったか教えてクレメンス

そう、これは解釈という長く深く終わりのない物語のほんの断片にすぎないのです。

解釈をぶつけるにしたって、やり方は並一通りではありません。
今回は財布がプロデューサー持ちということもあり、金額の面を気にしない注文に設定していますが、彼女たちが実費となれば当然注文も変わってきますし、何より時期が異なればフレーバーも全く様変わりしてしまいます。
そう、解釈のフレーバーも、カップも、段数も、その時々考案するタイミングで全くの別物が出来上がるのです。

さあ、今こそあなたもディッシャーを握る時。
あなたの目の前には283プロのアイドル27名、27色の異なるフレーバーが並んでいます。

あなたはどんな組み合わせで、どんな大きさで、どんな積み方をしてそれを提供しますか?
アイスの道も一歩から、全ての道はアイスへと通ず。
あなたこそがサーティワンの32個目のフレーバーになる時が今やってきたのです!

フロアスタッフ(プロデューサー)さん、これからもアイ(マ)スですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜??????????????????????????????????????

アイ(マ)ス〜〜〜〜〜〜~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

さて、もうそろそろ私も食べ終わるころなので失礼します。
コーンの先っぽが入っていた三角形の紙とテイストスプーンをフードコートの片隅のゴミ箱にポイするとしますかね。
次回はシャニマスのアイドルは大戸屋でどの定食を頼むのかでお会いしましょう。ごちそうさまでした。


※お詫び
この記事を書き始めた当初は12月になって間もない頃だったので、さもワールドクラスチョコレートなどの11月フレーバーがまだメニューにあるかのように書いていたのですが、普通に書いている間に販売終了してしまいました
ごめ~~~~~~~~~~~ん

※多大なリスペクト元

※前回(寿司編)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!