見出し画像

ドラゴンリトルシガー1カートン3ミリ

 出勤前にタバコに火をつけたら、景色がファンタジーになった。

「は?」

 俺は混乱したが町の人のほうが驚いている。壺を落とす男もいれば知らない言葉で叫ぶ女性もいる。俺はとっさに路地裏へ逃げ込み、いつものクセでタバコに火をつけた。

 今度はまた玄関だ。

「……そういう仕掛けか」

 俺は頷いた。通勤途中でマンガを読んでいたのが活きた。ひとまずタバコとライターを金庫にしまい、俺は出勤した。

 三日後の玄関。俺は登山用リュックとスーツケースにあらゆる物を詰め込んだ。もちろん予備のタバコとライターもスーツケースに入れた。改造エアガンまで買った俺は悠々とタバコに火をつけた。夜の十時。会社は悩んだが、有給を取った。

 再び入れ替わったファンタジーの町は、ドラゴンに蹂躙されていた。

 星がよく見える夜空に火炎が走る。三日前に見た気がする男女が叫びながら逃げていき、誰も俺を顧みない。どう見てもワイバーンみたいな奴が男を鷲掴みにした。

「畜生! ふざけんなこの野郎」

 俺は男を食おうとしたワイバーンに飛びつき、飛び回る竜にエアガンを乱射する。スーツケースは弾みで転がっていき、石畳に尻から落ちた。すげえ痛い。男がワイバーンから逃れる。顔面にエアガンの弾丸を食らったワイバーンの瞳が赤く染まり、俺に顔を向ける。

「逃げるぞ!」

 背中がズタズタになった男の腕を引いて走る。三日前と同じ路地裏に逃げ込むと、避難していた人がこっちに来る。とりあえず男を押し付けてから俺はポケットを探り、クセでタバコを吸おうとして……なかった。

 ポケットが破れている。ワイバーンの爪か何か当たったか。俺はホトケに祈って石畳を蹴り、路地裏を飛び出す。タバコを落とした辺りにいるのは――女性。

 ドラゴンと同じ色の皮膚で、瞳がドラゴンほども大きい女が、タバコとライターをいじくっている。もう片手にはスーツケース。その瞳が十メートル先にいる、俺を見た。

【続く】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
復路鵜

頂いたサポートは本の購入・取材・他記事サポートに使用します。

そのスキがわたしを救う
小説を書いて勉強しています。 自サイト(がらくた採掘場):http://clannadetc.s56.xrea.com/ 連絡先:eulearo2877■yahoo.co.jp