半年前のわたしに、あなたの選択は素晴らしかったと伝えたい:合同写真展やってます
見出し画像

半年前のわたしに、あなたの選択は素晴らしかったと伝えたい:合同写真展やってます

”写真展”というものは、観に行くものだと思っていた。

まさか、自分が出品する側になるだなんて、1か月前まで夢にも思っていなかった。ほんとうに。

去年の12月。ふと思い立ってTwitterを始めた(厳密にいうとアカウントを作ったのは数年前だけれど、作ったっきりつぶやきもせず、見ることもなかった)。そして誰かのリツイートか何かがきっかけで伊佐さんのエッセイを読む機会があり、素敵な写真と文章だなあと思っていたら、#旅と写真と文章と というハッシュタグを見かけるようになり、そしたら3月の末のある日、伊佐さんが「#旅と写真と文章と の4期クルーを募集します」とつぶやいた。

今でも鮮明に覚えている。

仕事で帰りが遅くなり、疲れたしもうタクシーで帰ろうと思った夜。海岸通り、左手に流れる東京タワーを見ながら、ふと開いたツイッターで見つけた募集のつぶやき。

「楽しそうだな。」

あの頃仕事がど繁忙期で、毎日職場と家との往復の日々で、休日はごくたまにふらっと日帰りで出かけたり、友達に誘われればごはんに行ったりはしていたものの、もっぱら家でごろごしていた。仕事は好きなので、苦ではないけれど、ちょっと、世界を広げたかった。このコミュニティに入ることで、何かが変わるという確信があった。ピンときた、というやつだ。

ツイッターを見た30秒後には、申込手続きを進めていた。

こうしてスタートしたわたしの#旅と写真と文章と(以下旅しゃぶ)人生。

4月から入会して、4月末に開催されたフォトウォーク(みんなでカメラ片手に撮り歩く会)に参加したり、旅しゃぶメンバーのたくさんの写真たちに触れ、写真やカメラのことを教えてもらい、ちゃんとしたカメラが欲しい!と思ってFUJIFILMのX-T2を購入したのが6月あたま(それまではずっとiPhoneで撮っていた)。それからは旅に出るときはもちろん、ちょっと散歩に出るときも、カメラを持っていくようになった。写真を撮ることが目的ででかけることも増えた。

飽きっぽいわたしがこんなにも写真にはまっていったのは、ひとえに旅しゃぶの仲間がいたからだ。

そして8月半ば。

「旅しゃぶのみんなで写真展をやります」

伊佐さんの言葉に、迷わず、手を挙げた。

そして今。

大好きな仲間たちの素敵な写真たち、そして憧れの伊佐さんの写真と一緒に、わたしの写真も並んでいる。

写真を自分達の手で展示しながら、それを不思議な気持ちで眺めた昨日。

こんな日を、半年前のわたしは、1mmも予想していなかった。


”早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け”

伊佐さんが好きな、アフリカの言葉。

半年前は、どこに行きたいかもわからなかったけれど、こんなにも早く、こんなにも遠くへ、旅しゃぶが、伊佐さんが、旅しゃぶのみんなが、連れてきてくれた。

半年後のわたしは、どこまで行けているだろうか*

***

#旅と写真と文章と  合同写真展「次のおやすみ、どこへ行こう?」

期間:2018年9月15日~10月6日
場所:Book Lab Tokyo
 http://booklabtokyo.com/
      (渋谷 道玄坂)

***

special thanks to :

伊佐さん for 旅しゃぶをつくってくださったことと、こんな素敵な機会をつくってくださったことに。

ことみさん for 諸々の手配や調整、連絡、取りまとめに。

NAYOちゃんとえみっぱちゃん for 素敵すぎるDMとポスターに。

そして旅しゃぶのみんな。


#次どこ写真展 #写真 #エッセイ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
みやざきなお / 宮嵜 菜生

ありがとうございます!いただいたサポートは大切に写真や文章の糧にさせていただきます*

ありがとうございます♪スキだーーーーーーーっ!
旅先の非日常と、ささやかで愛おしい日常の記録を、写真と文字で残してたくて、そしてあわよくばお裾分けしたくて、noteを綴っています。 平日はがっつり仕事、休日はカメラ片手に旅や散歩(28か国46都道府県、残すは宮崎!) #旅と写真と文章と #なおの撮りっぷ