見出し画像

手づくりに恋してる


ずっと目で追ってる自分に気づいて自覚した…

いつどんな話をしても、好奇心と興味関心が尽きることなく惹かれる…

ただ時間を共にしているだけなのに、落ち着いて居心地が良い…


恋した理由ってなんですか?



画像3



行きつけの喫茶店のケーキが大好物なんです。

好みの味で絶妙な美味しさだから、ではありません。

素朴な味、甘さ控えめ。

味と香りがふわっと口の中に広がった瞬間、心が跳ねるんです。

まるで、幸せの気持ちを食べてるみたいで、それがとっても美味しくて、跳ねた後にジーンと波の余波が沁みていくように感じます。


一番好きなチョコレートケーキだけじゃないんです。

ロールケーキ、ラムフルーツケーキ、レアチーズ。

香りも食感も、味も違えば心の跳ね方も違います。


どれも、なぜか私の心を掴んでゆきます。

もう惚れちゃいました。好きになっちゃいました。


いつも、なにがこんなに私の心を魅了するんだろう?

ーその謎が昨日解けました!


『自家製』



なぜ、気がつけたのか。



映画「かもめ食堂」を観ました。


画像2


フィンランドに食堂をオープンした日本人の主人公と、
地図に指差してフィンランドに何かを探しに来た日本人女性と、
空港のミスで荷物がなくなってしまい留まっている日本人女性と、

中年女性と現地のお客さんとの縁や日常を切り取った作品。



とてもふんわり、実に抽象的で流れるように平穏な90分です。

でも、スカスカじゃないんです。



食堂なので、お料理が出てきますが、それが良いのです。

家庭料理とコーヒー。

肉じゃが、トンカツ、焼き鮭、生姜焼き、シナモンロール。



シンプルで素朴な「音」

「コトコト」「ジューッ」「いらっしゃい」「ほっ」



手づくりの温かみ、人の手。言葉の要らないコミュニケーション。


物って、自分側から働きかけなければいけないのかと思ってました。

お料理って違いますね。


「おいしくなあれ」が創意工夫となって、風味や味に反映されるんだと思います。




かつてバイトしていた、マスターとママが経営してる小料理屋さんが恋しくなりました。


手づくり、ぬくもり、包む、情、はかなくて大切にしたいもの。


触れかた。握り加減。

指先まで意識を集中させる。


誰かの直筆が好きです。

握手が好き。



またひとつ、足元にあった幸せに名前をつけることができました。

大切に引き出しにしまいます。



今晩のメインディッシュは肉じゃがです!


画像1



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。
4
演じるだけが女優じゃない!人生経験・感性・演劇のこと。読んでホッとする記事をお届けします。ブログ→https://errnzabesu.com/ ツイッター→https://twitter.com/errnzabesu2/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。