木村映里

看護師と物書きを行ったり来たり。
  • 現役看護師・木村映里が語る、マイノリティと医療現場のこと。| 第1回「同性パートナーが緊急搬送されました。自分のところに
    ¥400

性暴力被害を受けて、裁判を起こした

※この記事には性犯罪に関する描写があります。性暴力被害を受けた経験のある方はフラッシュバックを起こす恐れがありますので、思い当たる場合は記事を閉じるか、信頼でき…

仕事を辞めたくて仕方ない新人看護師へ

「看護師3ヶ月だけど辛い。やめたい」「仕事に行くこと考えると落ち込む」「私、看護師向いてない」 ここのところ毎日、比喩でなく本当に毎日、そんな言葉を新人看護師の…

医療とタトゥーは共存し得るかータトゥーアーティストの語りを考察する

医師免許なくタトゥー施術を行ったとして、医師法違反で大阪のタトゥーアーティストが2015年に逮捕、起訴され、第一審の有罪判決から一転、2018年11月に無罪判決が言い渡さ…

医療従事者が知るべき、性風俗の話

昨年日本では44年ぶりに、梅毒の感染者が5000人を超えました(1)。 2011年頃から増加が指摘されてきた梅毒ですが、大きく話題になったのは昨年です。性風俗の仕事をする女…

生活保護が嫌いな医療従事者達へ

少し前に、医師がTwitterに 「胸部大動脈瘤破裂の身寄りのない80代男性。生活保護。救命率は限りなく0に近かったが、緊急手術。止血できず、人工心肺のままICU帰室し、術…

自然派助産師・看護師が生まれる理由

先月あたりでしょうか、助産師を目指す学生向けの教科書に、産後の母親が乳房をキャベツで冷やす「キャベツ湿布」なるものが、医学的な根拠のない民間療法にも関わらず写真…