見出し画像

EPISTROPH noteが始動。

INTRODUCTION

EPISTROPHは、東京を中心に活動する、音楽を基点としたクリエイティブレーベルです。この冬から、official noteを展開することになりました。noteを始める理由はいたってシンプルです。音楽レーベルに留まらず、音楽をひとつの基点としながら、食・ファッション・デザイン・アートといったジャンルを縦横無尽に行き来するプロジェクトとその背景を、これまでよりもリアルタイムにお伝えしていけたらと考えたからです。

OUR STANCE

EPISTROPHは”アーティスト自身”が運営するインディペンデントレーベルです。音楽の可能性を自らが信じているからこそ、音楽に限らず、そこから派生する新たな文脈や遊び、視界の拡がりに目を向け、こうした場で発信していきます。

CONTENTS

基本的にはEPISTROPHとしてのプロジェクトを発信しながら、所属アーティストの個人noteもまとめていきます。現在、下記のようなコンテンツを企画、随時更新予定です。どうぞお楽しみに。

Kento Nagatsuka(WONK|Vocalist / Cook)WONKのフロントマンであり、料理人の顔も持つ長塚によるレシピ公開を企画中。料理人や生産者に限らず、食にまつわるプロフェッショナルとの対談も…?

画像1


●Ayatake Ezaki(WONK|Keyboardist / Designer / Reseacher)WONKのキーボーディストであり、多岐にわたる音楽活動の傍ら、現在東京大学大学院修士課程在学中。幼児の音表現支援を研究しており、アカデミックな見地と実践の融合を目指す。また、大学在学中より教育系スタートアップ企業にて、映像やグラフィックデザイン、デジタルアプリケーション開発などにも従事。EPISTROPHでもデザインのディレクションを担当している。今後、音楽レーベルのビジネス構築についても記事化予定。

画像2


●Kan Inoue(WONK|Bassist / Sound Designer / Recording Mixing Mastering Engineer)WONKのベーシストであり、堀込泰行、kiki vivi lily など多くのアーティストのレコーディングに参加。エンジニアとしてはEPISTROPH の各作品のほか、Sweet William やちゃんMARI( ゲスの極み乙女)、ISSUGI などのレコーディング・ミキシングを担当。現在企業のサウンドチームにも所属し、ゲームのSE/BGM 制作、ミドルウェアを用いた組み込みやサウンドデザインを行う。立体音響技術であるAmbisonics について2018 年のCEDEC にて講演を行う。音楽関連技術の寄稿も多数。

画像3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

photo by  Sosuke Hattori https://www.sosukehattori.com

edited by EPISTROPH CREW

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

SNSでのシェアなど歓迎です。いつもサポートありがとうございます。

ありがとうございます。
87
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。