見出し画像

2019年4月9日 今朝の一枚

来週、月曜日に行われるボストン・マラソンの天候がでまして。

土日は最高の天気であるにもかかわらず、レース当日の4月15日は雨。
最高気温が14度。最低気温が2度。そして風速15mの風。。。
昨年、川内優輝選手が優勝した時の気候は
最高気温12度。最低気温2度。風速9mの風。。。

まさに、川内日和がボストンに再来。
昨年はスタート直後に飛び出した川内選手を大半の選手は
「そのうち落ちてくるだろう」とマークせずに先にいかせましたが、
今年はそうはいかない。泥仕合必至の天候にワクワクドキドキするのです。
怖いものはない川内選手は当然飛び出すことでしょう。
そして、そこに井上大仁はついていくのか?いかないのか?
今年のボストンは川内選手がまたしても嵐をつれてきたことで
またしても大波乱の予感がするのです。
寒いときの川内選手はホントにすごい。
季節外れの雪が降った2013年の長野マラソン。
長野マラソンは陸連登録していると、
競技場で着替えやアップができるとあって、
すべてのランナーが屋内で暖をとっているなか、
雪が積もった競技場のトラックで
ひとりアップをはじめたのは川内優輝選手。
「あれだれだ?」「川内か?」「この雪でやるのか?」


その姿を見た市民ランナーも川内選手に勇気づけられ
アップをはじめたのです。川内選手がいなかったら、
あのときの長野マラソン。走れなかったなあ。

とはいえ、走るのではなく、取材は大変そうだなあ。ボストン。

今朝の一枚はロンドン世界陸上での川内選手。この時は正直「暑すぎた」。
川内日和じゃなかったんです。それでは今日もよい一日を。

月刊EKIDEN News編集部はこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

西山!おそーい!(全日本大学駅伝にて)
254
長距離レース(陸上競技)会場にノコノコでかけては観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News LINE@ID:@ofw0509s FB:https://www.facebook.com/ekidennews/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。