見出し画像

2019年4月2日 今朝の一枚

春の世田谷記録会がエントリーが出てくると
いよいよトラックシーズンがはじまるなあ。
そんな気持ちになるのです。

春一発目の世田谷記録会は大学を卒業したばかりの選手が
実業団ユニフォームでお披露目ペースメーカーとして出場する
なんてこともたまにあるから、たまらない。

今朝の一枚は2014年4月5日の世田谷記録会。
桜の花びらが舞う大蔵運動公園競技場に
設楽啓太選手がペースメーカーとして登場したのですが
このころの世田谷記録会はまだ閑散としてます。
世田谷記録会に人が集まり始めたのは青学が優勝した2015年から。
それまでは設楽啓太選手が走ってても、のんびりとした競技会でした(笑)
それでは今日もよい一日を。

月刊EKIDEN News編集部はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

65分切れました!
262
陸上競技の会場で観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News https://www.instagram.com/ekiden_news/ https://www.facebook.com/ekidennews/