世界各地で加速するインフレ、真逆を行く日本 〜グローバル視点に立った良識経営が問われる現在
見出し画像

世界各地で加速するインフレ、真逆を行く日本 〜グローバル視点に立った良識経営が問われる現在

EIS Network

世界各地でインフレが進行し、物価上昇率は中央銀行の想定値を超える現象がおきています。2021年10月のCore CPI(食品と燃料を除いた消費者物価指数)を前年同月比で比較すると、北米では4.6%(CPIにおいては6.2%)上昇し、過去30年間での最高水準となり、イギリスでは3.4%、ドイツでは2.9%上昇しました。しかし、日本におけるCore CPIは0.3%下落しています。

image credit: The Economist

視点をCore PPI(食品と燃料を除いた生産者物価指数)に向けると、2021年10月の前年同月比で、北米は6.76%(PPIにおいては8.62%)、イギリスは6.5%、ドイツは9.2%上昇し、日本においても7.9%上昇しています。従って、企業にとってのコスト増においては、日本も世界のトレンドと同様です。この状況に関して、FRB (Federal Reserve Bank。連邦準備銀行)は、北米におけるCore PPI上昇は主に「サプライチェーン問題」と「労働問題」に起因し、今の高インフレは一時的なものであり、2022年は収束する方向に進むと見ています。

世界の最新トレンド、イノベーティブなビジネスモデル、起業家精神を学ぶことのできるメールマガジンを、アメリカ・ヨーロッパ現地から週2回お届け! 購読はこちらから

この続きをみるには

この続き: 1,399文字 / 画像2枚

世界各地で加速するインフレ、真逆を行く日本 〜グローバル視点に立った良識経営が問われる現在

EIS Network

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EIS Network
今世界で起きている最新のビジネス・テクノロジー・消費者トレンドを、欧米を拠点に事業展開・生活しさまざまな分野に精通しているEISメンバーのリアルな肌感覚や実際の体験に基づき解説。https://www.eisnetwork.co/jp/note