Eika / Illustrator

映画大好きなイラストレーター。"Cinetrotting"とはcinemaとtrotを合わせた造語です。 世界を旅する人をglobe trotterと言うように、旅するように映画を楽しみたいという思いを込めて作りました。 WEB : http://eikaweb.com/

Eika / Illustrator

映画大好きなイラストレーター。"Cinetrotting"とはcinemaとtrotを合わせた造語です。 世界を旅する人をglobe trotterと言うように、旅するように映画を楽しみたいという思いを込めて作りました。 WEB : http://eikaweb.com/

    マガジン

    • WEEKLY CINETROTTING NOTES

      不定的に更新中、映画の鑑賞記録です。作品そのものについてや、関東に引っ越してきたばかりの私が劇場周辺を開拓する様子も綴っていこうと思っています。

    • CINETROTTING NOTES

      映画のイラストレビューや、映画にまつわるあれこれ描いたり/書いたりしています。

    • my OHHs and AHHs

      私が考えたことあれこれ

    • お知らせ

      イラストやお仕事についてのお知らせや告知をまとめました。

    • まーくんのこと

      2018年5月17日に永眠した愛犬、まーくんのことを書いています。

    最近の記事

    8月に劇場で観た映画 CINTERTOTTING NOTES : 8/31/2020

    「なぜ君は総理大臣になれないのか」  劇場じゃなくオンライン上映会だったけれど、気になっていた新作。衆議院議員、小川淳也を17年間追ったドキュメンタリー。見応えがとてもあった。全面的に支えながらも、家族から「彼は政治家に向いてない」と漏れる本音が結論のように響いて、怖かった。なんとなくわかってはいたけど、政界は本当に異世界だ。 「アルプススタンドのはしの方」 開催中止となってしまった夏の全国大会に代わって開催された交流試合が終わったころに観に行った。つまり私の胸には、異例

      • 6月と7月に劇場で観た映画 WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 8/10/2020

         何がWeeklyなのか怪しくなってきましたが、いずれweekly更新に戻したい、私の映画鑑賞記録です。  6月と7月は映画館へ足を運ぶことも増えました。両隣が空いた席に座って観る映画は、申し訳ないけど、とてもありがたい気持ちです。少しずつ鑑賞記録を書き残しておきます。 「ルース・エドガー」  3ヶ月ぶりの映画館で、映画鑑賞。チケットを発券し、席についてあたりが暗くなり始めると、さあみるぞみるぞという気持ちになりますね。  ジェフ・バーロウが音楽を担当、不穏がすぎる音楽が

        • WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 6/22/2020

          2ヶ月ぶりの投稿です。 前回の投稿から緊急事態宣言も解除となり、外出自粛の緩和が進み、映画館も営業再開となりました。私も先日、実に約3ヶ月ぶりに劇場で映画を観ることができました。 いろんなことを思ったのですが、私がここ10年ほど続けてきたことがまたできるようになった、という気持ちが大きいです。 大学を卒業し、帰ってきた日本で自立すべく就職。思ったようにいかず転職、思ったようにいかず迷走、そんななか神戸で一人暮らしを始める、仕事しながら絵を描くも全くうまくいかない、なんと

          • WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 4/27/2020

            1ヶ月ぶりの投稿になってしまいました。この1ヶ月、大好きな映画館に足を運んでいないからです。 私が最後に映画館で映画を観たのは3/25です。渋谷TOEIで三池崇史監督の新作「初恋」を観ました。とっても面白かったので映画館で観れて良かったです。それにしても、鑑賞後にエンドロールを眺めていてやっと元℃-uteの矢島舞美ちゃんが出演していたことに気づきました。なんで!なんで!全然気づかなかったんですけど!! 3月の下旬というのは、映画館行っても大丈夫かな、と葛藤する時期でした。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • WEEKLY CINETROTTING NOTES
            Eika / Illustrator
          • CINETROTTING NOTES
            Eika / Illustrator
          • my OHHs and AHHs
            Eika / Illustrator
          • お知らせ
            Eika / Illustrator
          • まーくんのこと
            Eika / Illustrator

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 3/23/2020

            ・3/17 「デッド・ドント・ダイ」試写会(2020年 26本目) ジム・ジャームッシュ監督の新作はなんとゾンビ映画。そんなニュースが飛び込んできてからいったいどんなものなんだろうと楽しみにしていましたが、この度試写会にて拝見してきました。 監督にとっておなじみの面々が集まり、メタ要素が実に満載。思ってた以上に我々のような映画ファンから見たジャームッシュイズムというか、パブリックイメージをふんだんに使っているような印象を受けました。ここまでやるんだ!と驚いたほどです。

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 3/16/2020

            ・3/12,14 旧作 2作品 (2020年23と24本目) とある企画と仕事のために旧作をアマゾンプライムとDVDレンタルして観ました。どちらも2回目の鑑賞だったのですがとってもよかった。ある作品は15年ぶりに観ましたが超面白くて一人で観ていたのに声に出しながら大爆笑でした。観た作品は今の時点では伏せておきますが、いくつか楽しいお知らせが近々できると思うのでまた色んな人に見ていただけたらとっても嬉しいです。 これから旧作をたくさん観直す予定なのでTSUTAYA DISCA

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 3/9/2020

            公開延期のお知らせが続々と発表されていますね。その公開しなくなった分、空いてしまった上映時間はどうなるのかが気になるところです。上映すらしない、つまり閉まった状態になってしまうのかな… ・3/4「黒い司法 0%からの奇跡」新宿ピカデリー (2020年20本目) 大好きなD.D.クレットン監督の新作。私が今いちばん好きな監督の一人です。「ショート・ターム」、「ガラスの城の約束」、そして今作。どの作品も人の心、感情、信念など決して目に見えないものがまるで見えてくるような体験がで

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 3/2/2020

            体調管理にはいつもより気をつけて映画館へと通っている日々です。 ・2/26「スキャンダル」TOHOシネマズ渋谷 (2020年17本目) 原題はBombshell、爆弾ニュースという感じの意味です。メディア界の帝王、FOXニュースCEOロジャー・エイルズが女性キャスターたちからセクハラにより提訴されるという騒動について把握していたとしても、なかなか私の生活圏からはFOXニュースというテレビ局とは、というところには馴染みがありませんでした。 しかしそこは架空の人物であるマーゴ

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 2/24/2020

            引き続き公開ラッシュが続いてますね。とりあえず、毎年のことなのにまったく慣れない確定申告を早く終わらせてしまいたい私です。 ・2/16「1917」109シネマズ (2020年15本目) 『全編ワンカット』(のように見せる)という演出がずいぶん前から宣伝などでおなじみでしたが、いざ観てみるとなんと大変なことをしているのだろうという気持ちでいっぱいに。監督がパンフレットのインタビューにて少し触れていたのですが、リハーサルでセリフや会話の時間と移動の距離を計り、それを元にセットを

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 2/14/2020

            2/10は第92回アカデミー賞の授賞式でした。私にとって母親と二人でWOWOWの生中継を見るのが恒例の行事となっています。今年もこの日のために神戸にある実家へ帰りました。 今年の授賞式の見所はもちろんパラサイト旋風でしたが、個人的にはなんといってもサプライズアクトのエミネムでした。世代というのもありますし、全く予想もしていなかったところに本当に急に現れたので驚きのレベルはその日の最高潮。オーケストラをしたがえてヌっと下から登場し、パフォーマンスを終え、スタンディングオベーシ

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 2/7/2020

            映画の前に、どうしても行きたかった日比谷のティム・ホーワンへ。調べてみるとニューヨークのイーストビレッジやヘルズキッチンにも店舗があり、大学生活を思い出し懐かしいきもちになりました。土曜日の夕方ですが1時間ほど並んだら席に座れました。寒かったけど頑張った。 名物のベイクドチャーシューバオはチャーシュー餡が入ったサックサクのメロンパンという感じでふしぎ美味しくて追加注文しちゃいました。ン〜🥺!!!となったほど美味しかったのはエビの湯葉春巻き、エビとにらの蒸し餃子など私にとって

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 1/31/2020

            ・1/29「ラストレター」109シネマズ (2020年7本目) 上映前に4本ほど邦画の予告を観たのですが、どれも観に行かなさそう。 「ラストレター」岩井俊二監督最新作。松たか子、2児の母。姉が亡くなり、姉のかわりに同窓会に出席、そこで姉と同級生の福山雅治と再会。松たか子の娘、森七菜は松たか子の亡くなった姉の娘、広瀬すずと、松たか子の実家で夏を過ごすことになる。何やらこの三者の間で手紙のやりとりが盛んに行われる。 いろいろあって松たか子の夫、漫画家である庵野秀明が激おこ、次

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 1/24/2020

            この週はいろいろと締め切りが重なって、バタバタしていた中で楽しみにしていた1本だけ。 ・1/22「リチャード・ジュエル」109シネマズ (2020年6本目) ポール・ウォルター・ハウザーが満を辞しての主演。彼という役者が持っているあらゆる性質がこの作品へのフィット感を超タイトにしていました。しかもイーストウッド映画で、という夢みたいな大舞台。 彼が演じるリチャード・ジュエルという男、とにかく別の意味で目が離せません。自分の好みを覚えてくれるのは嬉しいけどゴミから推測するな

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 1/18/2020

            2020年始まって早々、観たい映画公開しすぎじゃないですか?大丈夫?映画ファンのみんな、忙しいよね。私も、先週に続き今週観たやつはどれもすごく面白かったです。 ・1/13「フォード V フェラーリ」109シネマズ二子玉川  (2020年3本目) ル・マンが24時間耐久レースということすら知らず、その過酷なルールを鑑賞中に初めて知り「え、なにそれ、めっちゃ大変じゃね…」となるぐらいカーレースについては知識が無かった私です。 すごく面白かった…たいへん胸が熱くなりましたし、観

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 1/10/2020

            2020年、映画始めはコチラ: ・1/5「パラサイト 半地下の家族」TOHOシネマズ日比谷 先行上映 (2020年 1本目) 東京ビギナーの私はどこにいってもまだ初めての場所ばかりなのですが日比谷もこの日が初めて。映画館が駅直結ですごくいいですね。上映前に地下のフードホールでごはんを食べたのですが映画前にちょうどいい、すごくいい。この気軽さがいい。Susan's MEAT BALL というミートボールのファーストフードで食べたのですがチリコンカルネソースに超なめらかなマッシ

            WEEKLY CINTERTOTTING NOTES : 1/4/2020

            お正月のせいで曜日感覚を失ってしまいました。今日って土曜日だったんですね…おかしいな…あけましておめでとうございます!私もみなさまも、2020年も映画をたくさん観まくる一年になりますように。 ・12/29「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」TOHOシネマズ新宿 スクリーン1 (2019年 100本目) 2019年の映画収めはこちらでした。ちょうど今年の100本目の鑑賞となりました、ぱちぱち。普段は吹き替えの映画を観ないので、面白いとは聞いていたけど一作目は字幕上映が関西では極