見出し画像

人生の持ち時間。

残りの人生を、この頃よく考える。幸いにして、体調はどこも悪くなく、いたって健康だ。その点はありがたいのだけれども、それでも人生の折り返し地点をとっくに過ぎて、なんとなくその終わりも見えてきた。

私はこの人生の最後に何がしたいのだろう?そう思ったのが1年ちょっと前だった。そのときに「やりたいことリスト」というものを作っていた。

久しぶりに見てみた。次のように書いていた。

・ブログをまた、始める。
 ⇒これはnoteを始めたので実行できている。
・仕事以外のいろんな人と知り合う。
 ⇒リアルでは全く知り合えていないのでこれは出来ていない。
・一生モノの趣味を持つ。
 ⇒noteのおかげで昔、趣味だった写真をまたするようになった。
・好きな新たな仕事、またはやりたいことを見つける。
 ⇒現在進行中。まだ、未定。

あと、いろいろ書いていたけど、大きくはこのくらいかな?とりあえずは半分くらいは行動に移せてるかなぁと自己分析。総合評価は△だな。

ブログを始めるは◎。このnoteを続けている。これは大きな収穫だと思っている。でも、仕事以外の人と出会うは全くダメだなぁ。(あ、noteではたくさんの友達が出来たとうれしく思ってます。勝手にすみません。)基本的に私はひとりが好きだから、かなりハードルが高いのかもしれない。趣味の写真で何かつながりが出来ればなぁと考えている。

好きな仕事、やりたいことを見つけるは現在進行中。決して今の仕事が嫌だというわけではないけれども、長くサービス業を続けてきたので、それ以外の何か新しいことをしたいと考えている。

正直に言うと、今の食品スーパーの仕事はそれなりに楽しいけれども、仕事にまったく余裕がなく、ストレスはたまり、時間に追われるばかり。人員が足りない中、また、パートさんも高齢化になってきている。飲料や米やビールなど、重いものを、男性アルバイト(こちらも高齢の方だ)と一緒になって補充している。本来やりたいことが、思うようにできなくなりサービスレベルは低下してゆくばかり。それと同時に、上からは叱られて、モチベーションも低下してゆく。残業はできないので、毎日が、まるで戦争のようだ。何とかしなければと思うけど、なかなかうまくいかない。私がいつまでも居続けるよりも、そろそろ若い人とバトンタッチしたほうがいいか、と思ってもみたり・・・

・・・しまった。つい、愚痴と弱音を吐いてしまった。まぁ、いいか。
(私のことだから、結局、定年まで続けるんだろうなぁとどこかで思っているけれども。)

自分の仕事の例えが「戦争のようだ」なんて、やはり間違っているのだろうなぁと思う。ただ、人生の残りの貴重な時間が、無駄に浪費されているような気がして、思わず空を見上げてしまう。

「人生の持ち時間」を私たちは誰も計算することはできないのである。これはまことに面白い人生の落とし穴であり、人間を思い上がらせないようにするための、神の差し金ではないかと思うことさえある。

「納得して死ぬという人間の勤めについて」  曽野綾子

人間を思い上がらせないための「神の差し金」という言葉に、なるほどなぁと思った。人生の持ち時間は誰にもわからない。人はその最後がようやく見えてきたとき、やっと本当に気づくのかもしれない。一番大切なのは、それまで一番大切だった仕事やモノやお金じゃなくて、やっぱり、大切な人といかに自分が生きてきたかを、見つめ合うことだということを。そしてその終わりまで、こうして生き抜いてゆこうという決意だということを。

私はその日まで、その人と手をつないで歩こう。
うれしいね、楽しいね、すばらしいねって、いちいち驚きながら。

そうして人生が終わったとき
次に新しい何かがはじまるのだと
私はどこかで信じている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んで下さってありがとうございます。大切なあなたの時間を使って共有できたこのひとときを、心から感謝いたします。 青木詠一

ありがとう。感謝です。
33
優しさ/悲しみ/人間関係/接客/クレームを描いたエッセイ「それでもお客様は神様ですか?」(大和書房)を出版「いくつもいくつも咲くために。言葉は小さな葉っぱなんだ」をテーマに今を生きる心のエッセイ・詩・写真を公開中。日本能力開発推進協会のメンタル・上級心理カウンセラーの資格を取得。

コメント2件

自分の夢の気持ちは山の如くあるが、現実的に人と接しないと物事は進まないし、他人と話をすると別の考え方が持ち上がり、自分の個性が減少し別の方向に向かい、自分の遣りたかったことが迷走するので、私は無理ですね。写真て鑑賞するのは数秒間で撮影時間と画像処理は何時間も掛かる。まあ確かに残りの人生の時間は人様々だと思うが、こんな人生を送ったから幸せなんだと思うのは何処かで踏ん切りをつけたい、日本人の考え方かもしれない。因みに愚痴って好きです。その人の個性がでるから。自分は愚痴を言わなくなりました。愚痴を言うと上から目線で、説教をし出す輩が多いから。文章をメモしてから投稿するのは苦手なタイプなので、支離滅裂なコメントになるのでご免なさい。(だったらコメントするなと言う意見もあると思いますが。🙇)
furudat_mitsuoさん、コメントありがとうございます。じっくりと読ませていただきました。深いです。確かに私も愚痴を言わなくなりました。このエッセイでは思わず愚痴ってしまいましたが。つい、素直になってしまうんですよね、ここは。ここだけ優し時間が流れてゆくんです。誰かの心のエッセイや、furudat_mitsuoさんの素敵な写真や、いろんな人たちの写真やイラストに、私の人生が豊かに満ちてゆくのです。大げさかもしれないけれど、本当ですよ。人生の後半戦。たぶん、坂道を転がるだけなので、楽だと思っているのですが、甘いかな?笑 コメント、うれしかったです。心から感謝です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。