EGSA ONLINE 利用規約

EGSA JAPANにおけるeラーニング教材である「EGSA ONLINE」利用規約(以下「本規約」といいます。)は任意団体EGSA JAPANが運営するeラーニング教材(以下、「本サービス」といいます。)の利用について定めるものです。利用者が本サービスをご利用になるためには、本規約の全文をお読みいただいたうえ、すべてにご同意いただく必要があります。あらかじめご了承ください。

第1条 (サービスの概要)
・ 本サービスは、EGSA JAPANが、専門家によって監修を受けたジェンダー/セクシュアリティに関連する教育プログラムを提供するものです。

・ 本サービスは有料配信サービスとなりますが、お支払に関する規約はnote(https://note.com/terms)に準じることとします。

第2条(ご利用にあたって)
・ 本サービスのご利用、ご視聴にあたっては、本サービスに必要な情報機器、ソフトウェア通信事業者、インターネットサービスプロバイダ等との契約等が必要となります。あらかじめご確認のうえ、お申し込みください。

 ・ 利用者は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。


第3条(禁止事項)
本サービスの利用者は本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為または該当するおそれのある行為をしてはなりません。

・ 当団体または本サービスの知的財産権、肖像権、プライバシー、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

・ 歩行中、車両運転中、その他本サービスの利用が適切でない状況において本サービスを使用する行為

・  本サービス、本サービスの利用権、提供コンテンツおよびデータを複製、送信、改造、改変、譲渡、名義変更、貸与、交換、売買、質入、担保供与その他の方法により第三者に利用させまたは処分する行為

・ 利用者が個人的利用を超えて、本サービスを商業・営利目的などに使用する行為。ただし、学校その他教育機関(営利を目的として設置されているものを除く)において、EGSA JAPANにご連絡いただけた場合、授業の過程で利用することを目的として使用してかまいません。


第4条(規約の変更)
・  本規約の変更は、EGSA JAPANが必要だと判断した場合、行うことができるものとします。

第5条 (準拠法および裁判管轄)
・本規約の成文は日本語版とし、本規約の解釈にあたっては日本法を準拠法とします。

・ 本サービスまたは本規約に関して紛争が生じた場合には、EGSA JAPANの所在地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EGSA JAPAN@芸術におけるジェンダー/セクシュアリティ教育を改めて考える会議

私達の活動に少しでも共感してくれたら、サポートしていただけるとうれしいです!よろしくお願いします!

うれしい♪
3
正式名称▶︎ Education of Gender and Sexuality for Arts Japan■ 教育実態調査およびその結果をもとにした教育実践、芸術環境創造■連絡先:egsa.japan@gmail.com◼︎HP:https://egsajapan.com