そのべゆういち

5歳と1歳男の子のパパライター、編集者。産後、妻のメンタル不調をきっかけに、家族優先の働き方を3年以上継続。賃貸物件の大家さんもしています。■お仕事のご相談やお問い合わせはこちらから。charoma0701@gmail.com

そのべゆういち

5歳と1歳男の子のパパライター、編集者。産後、妻のメンタル不調をきっかけに、家族優先の働き方を3年以上継続。賃貸物件の大家さんもしています。■お仕事のご相談やお問い合わせはこちらから。charoma0701@gmail.com

    マガジン

    • 写真を使っていただいたステキなnote

    • そのべ夫婦の産後もほっこりマガジン

      大好きで結婚したのに、子育てをきっかけに家事分担や育児への姿勢をめぐってケンカばかり。 ホントは昔みたいに仲良くなりたいのにどうすればいいかわからない…。大きな壁が目の前にあるように感じられるかもしれませんが、ちょっとした視点の転換で夫婦関係がうまくいく可能性があります! 「産後クライシス」と「産後うつ」で離婚危機に陥った経験から学んだ、産後も良好な夫婦関係をキープするための考え方や行動を綴ったnoteを掲載します。お役に立ちますように。

    • スキ活マガジン

      • 111本

      パートナーのことが大好きな人同士のコミュニティ「スキ活」サロンのメンバーによるnoteマガジンです!

    • 結婚って、いいよ。

      結婚って、いいなと感じていることを書いていくコラムです。

    最近の記事

    • 固定された記事

    「子どもが可愛くない」妻が産後うつになってから回復するまで。

    「産後うつ」をご存知でしょうか?我が子の誕生を楽しみにしていた女性が、母親としての責任感と義務感でいっぱいになり、子どもが可愛く思えなかったり、「死にたい」と精神的に追い詰められていく病気です。 2018年9月には、妊産婦の死亡原因のトップが「自殺」というショッキングなデータも発表され、影響の大きさが話題になりました。 僕の妻も産後に心身のバランスを崩し、かなり動揺した経験があります。妻は今でこそ息子が可愛くて仕方がないのですが、過去には「可愛く思えない」と言って、息子に

      • フリーライター5年目。子育てや不動産など得意分野はあるものの、僕には特段「これを絶対に書きたい!」テーマはありません。それよりも、お客さまから「こんな風に伝えたい」との要望を満たすことに全力投球する方が好き!

        • 出費をためらう今だからこそ、僕は大切な人との思い出作りにお金を使う。

          最近、物の値段が本当に高い! ちょっと前まで100円で買えた大手コンビニチェーンのコーヒーは110円になっているし、スーパーでは卵や冷凍食品の値段がいつの間にか上がっていて、身構えてしまいます。コンビニのコーヒーは買う頻度が低いから「まあいいか」と納得できますが、食料品価格や電気、ガス代の高騰には参ります…。 光熱費の上がりっぷりはすごい。11月の請求書を見ると、電気とガスの使用量は前月とそんなに変わらないのに、請求額が何千円も上がっていて驚いてしまいました。 100円

          • 子どもには「月を見て綺麗だな」と思える人になってほしい

            9月10日は「中秋の名月」。家族で満月を眺めました。 中秋の明月よりも、「十五夜」と呼んだ方がなじみがあるかもしれないですね。3月〜4月の花見、8月のお盆など月ごとに旬な行事があります。そして9月と言えば「月見」がビッグイベント。マクドナルドでも月見バーガーを発売開始するほど、月見は僕らの暮らしに身近な存在です。 そんな十五夜には月を見るだけでなく、縁起がいいとのことで丸いものを食べる習慣があります。だからお団子を食べるんですね、十五夜が収穫時期に重なるので、穀物でできた

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 写真を使っていただいたステキなnote
            そのべゆういち
          • そのべ夫婦の産後もほっこりマガジン
            そのべゆういち
          • スキ活マガジン
            まつこ 他
          • 結婚って、いいよ。
            そのべゆういち

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「自分の文章が世に出る怖さを感じて書け」ライター駆け出し時代の教え

            「書き手は、自分が書いたものが世の中に出ることの怖さを知らなければならない」 これは13〜4年前、お世話になっていた編集プロダクション(以下、編プロ)の社長さんから繰り返し言われた言葉です。 僕はこれまでのnoteで、自分のビビりな仕事ぶりについて何回か書いてきました。書く仕事を何年続けていても、「この単語や表現でいいかな」「自分の認識は合っているかな」などと考えてしまい、キーボードを打つたびに「書くのって怖い〜」と感じています。(それでも10年、書く仕事を続けています)

            ライターの仕事で大切にしている、「半分自信、半分不安」の気持ち

            約10年、「書く仕事」に携わってきた中で感じたことを書いてみます。 自信は行き過ぎると、驕りにつながる このnoteをお読みの方へ、ライターとして長く仕事をするには、ライティングやインタビューに自信があるだけでは足りないとお伝えしたいです。 最初はおっかなびっくりした態度で仕事に向き合っていても、執筆もインタビューも場数を踏むと仕事ぶりに自信が出てきます。 「あんまり上手にインタビューができなかったな」 「全然原稿がまとまらなかった」 「クライアントからたくさん赤字が入

            約5年にわたりフリーランスのライターをしてきましたが、チームで一つの目標に向かってコミットしたいと思い、メディア業界で転職活動を始めました。半分はフリーで、もう半分は業務委託や社員などの立場で働くことを目指します。

            もし僕が未経験からライターを始めるなら、きっとこうする!

            以前、ライターアシスタントさん募集のnoteを書いたところ、僕の予想を超える数のご連絡をいただきました。本当にありがとうございます! 僕は有名なライターではないですし、お受けする仕事の中には広告記事やプレスリリースなどがあって、記事にクレジットが掲載されていないものも多々あります。 そんな中でも「そのべさんのお手伝いをしたい」なんて言ってもらえるなんて、光栄すぎます! 助けてくれた人がたくさんいた。今度は僕が誰かを助けたい 僕のアシスタントになりたいとおっしゃってくだ

            お金に困った生活で学んだ2つの学び

            先日、保育園のお迎え帰りに下の子を乗せたベビーカーを押して歩いていたとき、とあるラーメン屋さんが目に入りました。 看板には、ラーメン1杯700円の文字。 目に入ったラーメン屋さんは、5、6年前、妻と散歩中に店の前まで来たものの、「ラーメン1杯も食べられないね…」と言って引き返した記憶がある懐かしいお店。 引き返した理由は、当時僕の仕事がうまくいかず、明日の生活をどうしようかというレベルまでお金に困っていたからです。700円のラーメンの支払いもできないなんて、やばいですよ

            その「大したことない言動」が、誰かを傷つけも勇気づけもする

            先日、僕は相当落ち込みました。心がポッキリと折れた感じがしました。 それは、皮膚科での出来事でした。 次男がアトピーで、かき壊してしまう 僕がなぜ1歳半の次男を連れて皮膚科を受診したかというと、彼のアトピーがひどいからでした。次男は夜間でも痒がって何回も起きます。夜だからこそ痒がります。お昼寝時も痒がります。 次男はだいたい、深夜0時半〜3時の間に眠りが浅くなり、痒がって布団の上をゴロゴロと転がることが多いです。僕はその度に病院でもらった薬を彼の肌に塗って落ち着かせ、寝

            次男のアトピーとうまく付き合っていくしかない。

            ライター歴10年なのに、書くのは未だに怖いです。

            会社員時代を含めれば約10年にわたって、文章を書く仕事をしています。これまでどれくらいの文章を書いてきたでしょうか。原稿用紙で換算したら何百枚に及んでいるのかな、考えたことはないのだけど^^; また、たくさんの人にインタビューをする経験もしました。 会社員時代には、大手新聞社さんが記事を書く際の資料となる文章を書いていましたし、紙の販促物制作にも携わりました。当時は働き方改革なんて言葉すらなかったので副業が公に認められていなかったのでグレーかもですが、会社以外の活動として、

            結婚生活は一日一日の積み重ね。だから今日を楽しむことが、幸せな夫婦関係に繋がると思うんだ

            数あるnoteの中からそのべゆういちの記事をお読みくださり、ありがとうございます。 近ごろ、幸せな結婚生活を送るにはどうすればいいのかについて考える機会がありました。何をもって「幸せ」とするかは人それぞれですが、一般的には「安心」とか「一緒にいると落ち着いた気持ちになる」のようにパートナーと良好な関係を築いている状態を思い浮かべるのではないかなぁ。このnoteでは、その前提でいきたいと思います! 幸せな結婚生活を送るために行うアプローチには、いろんな方法があります。そのひ

            ライティングの仕事をお手伝いしてくれる方を募集します

            数あるブログの中から私、そのべゆういち(@papayuyu0309)のnoteをお読みくださりありがとうございます。 生まれて始めての挑戦に、とってもドキドキしています。 この度、僕のライティングのお仕事をお手伝いしてくださる方を募集します!!アシスタントさんですね。(興味持ってくれる人いるかな…。ドキドキ2回目) 簡単に自己紹介をします!僕はそのべゆういちと申しまして、ライターをしています。37歳で、2人の男の子がいます。それ以外には、賃貸物件の大家業にも関わっていま

            3歳児クラス最終日。丸4年、ほぼ毎日、長男の送り迎えをした達成感

            今日で長男の3歳児クラスが終わりました。1年間、あっという間だったなぁ!!このnoteを書いてからもう1年が経っているなんて…。 3歳児クラス最終日の今日は、先生方から園児とご家族にと粋なプレゼントがありました。プライバシーの観点から写真を載せられないのだけど、それはそれは感動するものだったよ!帰りに1年間のお礼を伝え、お別れをしてきたました。 振り返れば、長男が保育園に通い始めてから丸4年が経ち、新年度の明日からは5年目に入ります。(ほんと月日が経つのははやい!!)

            【スペース配信レポ】家庭と仕事をミックスしてしまう

            3月21日(月)、3連休最終日の夜8時に、ライターで編集プロダクション経営者の池田園子さんとスペースで「暮らし」をテーマにお話をしてきました。池田さんの落ち着いた語り方と進行のおかげで、「緊張してうまく話せるかな」という不安が吹き飛び、1時間の持ち時間をフルに使ってたくさん話すことができました。ありがとうございます!(開始前は緊張してトイレが近かった^^;) スペースを途中から聞かれた方もいましたし、主催の池田さんから「今日のお話は良かったです!noteか何かに書いてレポー