見出し画像

自己紹介

こんにちは。私はワシントンDC在住の教育研究員の識名由佳です。

この記事は、noteの他の記事やTwitterなどを見て「お前だれやねん」と思われた方に向けて、「怪しいやつではございません」と名刺代わりに書いたものです。

何してる人?

私はアメリカのワシントンDCに住んでおり、2つの仕事を掛け持ちしています。1つは日本のビジネススクールのGLOBISで研究員。もう1つはSERIという自分で創業した教育研究所で、教育政策やEdTechについてリサーチしています。主に教育委員会や自治体向けに調査や研修を提供しています。

その前は、Teach for Japanというプログラムを通じて、公立中学校で数学を教えていました。たまに広告に出てくるこの写真の人です。

「すべての子供達が、自分の可能性を信じ、未来を自分の力で切り開けるようなスキルを身につけられる公教育システムを作ること」を目標に、日本の教育政策のブレーンを目指しています。(なぜそんな目標を持つに至ったのかについては、長くなりそうなのでまた後日)

そのため、アメリカを中心に色んな教育カンファレンスに出席し、ユニークな教育を実践している学校に出向いたり、講義に出たりしています。ここ最近は、ボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンディエゴ、パロアルト、パリ、オスロ、シカゴ、フィラデルフィアなどに行きました。

**

何を書くつもり?**

noteでは、そこで見聞きしたユニークな教育に関する実践(K-12、Higher Edu)やEdTechニュース、論文などを紹介します。英語は発展途上なので録音して何度も聞き直して文字起こししたりしています。

それから時々、アメリカでびっくりした話や、持ち前のミーハーさを活かし、野次馬的に参加している有名人の講演(マイケルポーター氏やハンスロスリング氏やクリントン夫妻など)記録なども書こうと思います。

・先生や学校関係者
・自分が受ける教育は自分で決めたい生徒さん
・お子さんにどんな選択肢がありうるのか知りたい保護者さん
・自分の教育区の実態を調査したい首長さん
・教育システムをよりよくすることに興味のある方
・ビジネス系ミーハーさん

に届くようにコツコツ書きます。

有名人の講演記事にのみ興味のある方は「ミーハー活動」マガジンを、その他の方はこのnoteをフォローしていただけるとうれしいです。Twitterでは英語ネタなども含めもっと気軽に呟いています。

noteやTwitterを通じて志を同じくする方と出会ったり、一緒にプロジェクトをすることがゴールです。

どうぞよろしくお願いします。

旧アカウント
先生になってよかったと思う瞬間


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
大変励みになります。
22
Washington DC在住 / GLOBIS 研究員 / SERI代表 / 教育政策のブレーンを目指して勉強しています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。