新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ZOOMって、どんなことができるの? 〜皆さまのお悩みに応えます(1)〜

新型コロナウイルスの影響で、外出自粛が発令されたのが先週末(3月の最終週)の土日。それから、一気に4月1日の新年度を迎えました。

皆様、「在宅疲れ」とか「自宅勤務なのは良いけれど、運動不足になってきているのはどうしたものか……」、「子どもが小学校に行ってくれてないと、仕事にならない」など、大変な毎日を、なんとか凌ぎながら過ごしていると思います。いつまでこの状況が続くがわかりませんが、なんとか、乗り切っていきましょう。

今日は久しぶりにnoteを更新します。テーマは「ZOOMを使って何ができるの?」です。1カ月ほど前の3/1〜3/3にかけて緊急開催された、WorkShiftSchoolの「ZOOM勉強会〜オンラインイベント運営ノウハウをシェア〜」にて、質問された内容について、Q&Aをまとめました(質問に対して、独自に回答を追加しております)。

こちらのイベントには、私はゲスト側のアシスタント(チャットで質問に回答する)として参加しておりあmした。各回、なんと約100名にご参加頂きました。イベント中、チャットの流れてきた質問を、頻度の多かったものをまとめ、精査してこちらでお届け致します。

ホストと共同ホストについて

Q:ホストと共同ホストの違いは何ですか?
A:ホストと共同ホストの違いは、「ブレイクアウトルーム(小部屋)」を作れるか、作れないか、です。そのほか、管理オペレーションに違いはありません。ホストは「ブレイクアウト」オペレーションができます。

ちなみに、ホストは1人だけですが、共同ホストに人数制限はありません。ただし、共同ホストは権限が大きく、やれることが広いため、オペレーションに不慣れな人に共同ホストの権限を割り振るのはお勧めできません。

例えば、共同ホストの権限があれば、参加者のマイクのオン/オフができます。マウスの誤動作でマイクオフにしてしまうなどもありえますので、ZOOMのオペレーションに習熟した人に共同ホストの権限を渡すのが望ましいと言えます。

Q:iPadでZOOMにログインしていますが、ブレイクアウトはできますか?
A:できます。でも、iPadだと操作がしづらいから、お薦めできません。パソコンからの操作をお薦めします。

ちなみに。ここ最近のiPad(2018移行)だと、イヤホンジャックがなくなったため、アダプター用いる形でイヤホンを使うことが多くなります。その場合、アダプターに対して、電力をiPad本体が供給するため、イヤホンを用いない場合と比べて、早く電池がなくなっていきますのでご注意ください。

最近、企業様の研修が新型コロナウイルスの影響でオンラインへ移行していますが、パソコンではなくiPadを使うことを想定している場合には、充電ができるように体制を整えておく必要があります。

Q:ホストは1名なのですか? 共同ホストは複数OKなんですか?
A:ホストは1名のみです。共同ホストに人数制限はありません。

Q:共同ホストはどのように指定するのでしょうか?
A:共同ホストは手動で割り振り可能です。人数制限はありません。ミーティングルームに入ってから割り振る方法以外にも、メールアドレスを管理画面からインポートし、グループに一括に権限付与も可能です。この方法だと、ミーティングルームに入る前に、そのグループメンバーは共同ホストになれます(ただし、その登録したメールアドレスでログインした場合にのみ、共同ホスト権限が割り振られます)。

Q:共同ホストはホストと全く同じ権限となりますか? 
異なります。共同ホストのできることは以下の通りです。
・参加者の名前の変更が可能になる。
・録画権限を参加者に渡すことができるようになる。
・参加者のマイクミュートができるようになる。
・画面共有の解除ができるようになる。

Q:対面のセッションで、相手に共同ホストを割り振ると何かできることがありますか?
A:割り振ることはできますが、あまり使い道がないと思われます。

Q:ホストと共同ホストの見分け方は?
A:参加者一覧画面から確認ができます。名前のあとに共同ホスト・ホストの表示が出るので、そちらで確認できます。

ということで、今日は、「ホストと共同ホスト」についてのQAをまとめてみました。次回は、「ZOOMをつかって具体的にどんなことができるのか?」という点に踏み込んでいきたいと思います。

セミナー中のチャット欄は、個別にこんなことができるのか? という質問が乱舞しておりました。その中で、できる・できないの回答をしておりましたので、そちらを共有できればと思います! お楽しみに❗

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキいただき、感謝です
4
人や会社を編集するエディトリアル・コンサルタント。エディットブレイン代表。編集者の経験・スキルを体系化した、エディトリアル思考を提唱し、新たな視点からイノベーションの創出を支援する。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメン研究科修了。著書に『才能に頼らない文章術』。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。