EBiTAKO'S

飲んだくれのマンガバカ。 週末は札幌の東のほうにある、スナックのカウンターで寝ています。

EBiTAKO'S

飲んだくれのマンガバカ。 週末は札幌の東のほうにある、スナックのカウンターで寝ています。

    マガジン

    • このマンガはどうでしょう! えびたこ式マンガ漂流記

      マンガの海を漂流す! 電子書籍時代の到来により、ますます広く、波高くなったマンガの海。 そんなマンガの海を漂うえびたこの漂流のさまを綴ったマンガ感想文を纏めています。

    • POCKET STORY 01

      ポケットメイト、野球盤などの懐かしめの昭和レトロな無電源野球ゲームを取り上げたショートショート集です。

    • 箱田 雛の不思議な世界

      箱田 雛という名のヒロインの連作シリーズ。 スターシステムではありますが、世界観は全て共通。 酒好き声優の卵なのも、お祖母ちゃん思いの中学生なのも、箱田 雛。 ドアターンの幽霊は雛ちゃんの友人、千代子ちゃんのスピンオフ。 アニメ、魔法少女、軽トラック、ジムカーナ、文体もちょっと変えた、色々と違うけど全ては同じ物語。

      • このマンガはどうでしょう! えびたこ式マンガ漂流記

      • POCKET STORY 01

      • 箱田 雛の不思議な世界

    最近の記事

    「ぼっち・ざ・ろっく!」は時短文化へのアンチテーゼなのかもしれない。

    1.はじめに 「ぼっち・ざ・ろっく!」に出会ったのは「ゆるキャン△」の移籍のために芳文社のWEBマンガサイトであるCOMIC FUZに登録し、その後、月額プランに入会した時だ。 COMIC FUZは当時、安価のライトプランで「週刊漫画TIMES」「まんがタイムきらら」「まんがタイムきららMAX」「まんがタイムきららキャラット」「まんがタイムきららフォワード」の5誌について月額480円でサイマル配信(発売日同時配信)を実施していたのだ。 ※  現在のライトプランは「まんが

      • 時は本当に来た!今、神の力でフェチ系の主役は巨大美少女ヒロインと成る!

        ・はじめに昨年書いた記事「時は来た!今、フェチ系の主役を狙う巨大美少女ヒロインを堪能せよ。」その後に書いた「今一番の巨大美少女ヒロインの生活が尊い!『ちっちゃい島のでっかいガール』」と最近は巨大美少女ヒロインマンガを色々と読んでいる。 やはりどうもこのニッチなジャンルはWEBマンガサイトの増加により、色々なサイトの柱のひとつとして増加しているようなのである(中には自らニッチを謳う稀有な存在の青騎士のような実本マンガ誌もあるのだが)。 ※ 実本とは筆者が個人的に使用している

        • 2022年の個人的マンガまとめ

          ・はじめに 2022年も今日で終わり。この一年間の個人的マンガ読み状況を纏めてみた。今年も面白いマンガが沢山あったなぁ……。 ・2022年 個人的ベストは2作品 「メダリスト」と「毎月庭つき大家つき」が今年のベスト。どちらかに絞れないくらい、どちらも毎回予想の120%以上面白いマンガだった。両方とも記事にはしているけれど、そろそろ「毎月庭つき大家つき」の単独記事を書かないと! 「メダリスト」については特に試合中心に変わってから、フィギュアスケートというルールのとっつき

          • 今一番の巨大美少女ヒロインの生活が尊い!「ちっちゃい島のでっかいガール」

            ・はじめに 巨大美少女ヒロインについて近々に記事を書いたが、なかなか多くの人に読まれているようだ。 やはり巨大美少女ヒロインの認知は着実に進行しているようなのだ! さて、そんな中で今回は巨大美少女の日常に特化した素晴らしい作品について紹介したい。 ・タイトル 「ちっちゃい島のでっかいガール」(あおいましろう・講談社) ・あらすじ 「中学二年生の春、都合により読者モデルへの夢を捨てて、都会から母と小さな島の祖父の家に住むコトになった三輪しげる(女子)。 そんなしげる

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • このマンガはどうでしょう! えびたこ式マンガ漂流記
            EBiTAKO'S
          • POCKET STORY 01
            EBiTAKO'S
          • 箱田 雛の不思議な世界
            EBiTAKO'S

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            毎月の解体屋ゲンは終わらない!「解体屋ゲン セレクション版」5冊の全貌。

            ・はじめに ついに連載に電子単行本の発売が追いつき、解体屋ゲンの毎月発売が無くなった2022年11月1日。だが、連載20周年としてこの日、新しい解体屋ゲンの単行本が5冊発売された。題して「解体屋ゲン セレクション版」。 今月から始まる新たな「毎月の解体屋ゲン」 今回はその最初の5冊の全話についてご紹介したい。 なお、11月15日まで一冊109円のセール中! ・爆破解体編1 解体屋ゲンと言えば「爆破解体マンガ」とにかく抱える話題の広い解体屋ゲンなのだけど、爆破ボタンをポチ

            時は来た!今、フェチ系の主役を狙う巨大美少女ヒロインを堪能せよ。

            ・はじめに 1958年の映画「妖怪巨大女(Attack of the 50 Foot Woman)」が始まりかどうかは知らないが、巨大女映画というジャンルがあった。 日本ではウルトラマン33話の「禁じられた言葉」でメフィラス星人に巨大化された桜井浩子さん演ずる巨大フジ隊員が有名だが、シン・ウルトラマンで彼女をモチーフに長澤まさみさん演ずる浅見弘子が巨大化した。 そんなこんなで気にしてみると現在、巨大なヒロインが登場するマンガが増えている。今回はそんな巨大美少女ヒロインマン

            「解体屋ゲン」97巻!中国爆破解体案件

            ・はじめに ついに解体屋ゲンの毎月発売が終わる。 電子書籍での刊行タイミングによって、電書バトでの単行本発売話数が連載と大きく離れており、毎週連載なのに毎月1日に新刊が出るという、考え方次第では魔法のポケットのような状況だった解体屋ゲンだが、この97巻でついに連載話数に単行本が追い付いた。 毎月ゲンつき野島つきの幸福は終わるが(作者陣営はなにかしらのサービスを企てている気配もあるが)、その分さらに内容が面白くなるコトに期待したい。まあ、期待しなくてもそうなるマンガなのだけ

            「この車中泊マンガが凄い」2022秋!

            ・はじめに 昨年書いた『「この車中泊マンガが凄い」2021春!』からもうすぐ一年半。 この記事内では下記の車中泊マンガを紹介させていただいた。  ・今夜は車内でおやすみなさい。(小田原ドラゴン・講談社)  ・渡り鳥とカタツムリ(高津マコト・ワニブックス)  ・離婚して車中泊になりました(井上いちろう・朝日新聞出版)  ・山と食欲と私(信濃川日出雄・新潮社) さて、いつの間にか車中泊を題材にしたマンガはさらに増え、内容のバリエーションも多彩になってきている。今回は

            「高尾の天狗とミドリの平日」コロナ禍の創作と現実その2。

            ・はじめに 4コママンガ雑誌の王道を走って来た「まんがライフ」が2022年9月号で休刊になると発表された。 ぼのぼの、新フリテンくん、動物のおしゃべり♥、奥さまはアイドル♥、スパロウズホテル、リコーダーとランドセル、めんつゆひとり飯……事実上統合されていた「まんがくらぶ」の人気作も含めて、強固なラインナップかと思っていた雑誌だが……。 「まんがライフ GIGA」閉鎖の後に電子書籍としてのフォローが無かったからな気もしたりするが、もうしょうがない。 そんな休刊と共に、以

            「解体屋ゲン」93巻!コロナ禍の創作と現実。

            ・はじめに 解体屋ゲンは94巻もコロナ禍の話が続く。特に終わりの見えない、対策の行方が分からない時期に実話から固めた921・922話はコロナ禍を描いたマンガとして後世に残すべき話なのかも知れない。 ・917話 複合災害への備え(後編) 「災害対策のための電気自動車なら車を買い替えてもいいと慶子に言われたゲン。しかし、今の住まいには充電場所がない。ゲン・トシ・ヒデは思う、これは35年ローンを背負わせ、新居を買わせるための……。 それはともかくコロナ禍にも使える災害対策。

            映画「シン・ウルトラマン」の後には漫画とドラマで「アオイホノオ」を!

            ・はじめに 遅ればせながらやっと「シン・ウルトラマン」を見てきた。怪獣や侵略宇宙人と戦う光の巨人。シルバーと赤の無駄のない、いつものカラーリングになってもその胸にはウルトラマンの象徴が無かった。 カラータイマー。それはウルトラマンのデザイナー成田亨氏が最初に生み出した姿には無かった演出上の小道具。だけど、いつしか頭部をマネする運動会用の紅白帽と共に、僕らがウルトラマンに変身するアイテムになっていた……。 ・シン・ウルトラマン 「日本に現れるようになった『禍威獣』。巨大

            いまから読むべきマンガ!まだ既刊1巻の良作は、みな女の子が主役?

            ・はじめに マンガ雑誌の売り上げはジャンプ黄金期と言われた時代から右肩下がりが続く。だがしかし、WEB上のマンガサイトは膨大に増えて、そこで連載される面白いオリジナルマンガも爆増している。面白いマンガはメジャー出版社のものだけではなくなった。 そんな中で生きのいい旬のマンガを探すのはとても困難な状態である。ほぼ毎日、Kindleとかで新しいマンガを探したり、新刊マンガを紹介している方々のツイートが流れるtwitterのタイムラインとにらめっこして、表紙とあらすじの面白そう

            それでもマンガ家は田畑に向かう!厳しさ滲み出る農村移住マンガたち。

            ・はじめに 以前記事にした十勝ひとりぼっち農園(横山裕二先生・小学館・週刊少年サンデー)が10巻に到達。近々の5月14日にはなんとHBC(北海道放送)「あぐり王国北海道NEXT」に横山裕二先生、いや横山裕二農園長が出演した。 横山裕二農園長の狭い十勝ひとりぼっち農園の一部(全部?)を十勝あぐり王国農園としてカレー用野菜を作る、それの育成の状況が逐次放送されるという話である。さらに「あぐり王国北海道NEXT」のHPでの不定期連載も得たのだ。 北海道以外の人にはこの凄さがわ

            「解体屋ゲン」92巻!ウィズコロナのニューノーマル。

            ・はじめに 「解体屋ゲン」92巻はコロナ禍での新生活をばじめ、3Dプリンターめし、職人とは、キャリアウーマンの葛藤、ホワイトカラーとブルーカラー、災害対策色々なネタが満載の巻となっている。特にコロナで働き方が変わった人の問題事例を描いた前後編「ウィズコロナのニューノーマール」は新生活の理想と現実がくっきりと描かれている。 ・909~910話「ウィズコロナのニューノーマル」 「ゲンの会社、五友爆破の中の女性チームによる不動産部門、クローバー事業部の活動が再開された。地方の

            解体屋ゲン×ンマ娘!第×333話「引退後の生活」(二次創作SS)

            ※ 注:この物語は芳文社の週刊漫画TIMESに連載され、電書バトから電子書籍として単行本が発売されている「解体屋ゲン」(石井さだよし先生・星野茂樹先生)の二次創作ショートストーリーとなります。  雨の降る午前、現場が中止となり、ゲン、慶子、光、ヒデ、有華は揃って事務仕事をしていた。そんな事務所にひょっこりとさくら商店街の居酒屋「のみくい処大山」の田上がやってきた。 「ちょっと相談事があるんだけど。」  そういう田上をソファーに座らせて、ゲンと慶子が話を聞く。光とヒデはノ

            「解体屋ゲン」91巻!たったひとつの冴えたやりかた。

            ・はじめに もはや毎月恒例となりそうな解体屋ゲンだが、この91巻はコロナ禍との戦いでの強烈な退却戦……な回があるので、また纏めたい。いや、まだまだコロナ禍が終わったワケではないが、とても苦く悲しく暖かい話なのだ。 ・901~903話 銚子電鉄を救え! 「銚子電鉄を救うために動く、よろず無料相談のたまの湯メンバーに銚子電鉄の調査結果を報告する野島とゲン。犬吠埼灯台を始めとした観光インフラはしっかりしており、銚子電鉄とレンタルサイクルによる『スピードの遅さ』を売りたい野島。