見出し画像

未経験で成長するには数を行うこと

新しく入った会社の職種はキャリアカウンセラー。
業界未経験の自分は絶賛研修中だ。

いよいよ本番の面談を想定してキャリアカウンセラーのロープレが始まった。

キャリアカウンセラーとは、仕事を探す「求職者」と働き手を探す「企業」のマッチングを行う。

どこで働くかによって役割はちょっぴり異なる。
自分が所属している人材紹介会社のカウンセラーは、紹介数の目標と企業(いい人採用できた)と求職者(よい会社に就職できた)の満足の両面を叶えることがミッションとなる。

数にこだわるのか、満足度にこだわるのか。会社によって偏り具合が異なる。これが本人の志向にマッチしていないとやっていくのがしんどい。(自分は満足度にやや偏りのある会社にした。)


大きな流れは事前に習い、いざ実践。
履歴書や職務経歴書に沿ってその人を知るために質問をしていくんだけど…これば難しい。

表面上の返答をもらうことはできるんよ。
よくある「どうして転職しようと思ったんですか?」
などの質問を通してもらえるからさ、返事は。

でも初対面の相手に対してそんな本音は言わないよね。
そんな状況でどこまで本音を言ってもらえるか。
これが大切。

そこが知れればよりよいマッチングにつながるから。
逆に分からないとすぐにやめてしまうなんてことになりかねない。

いろいろテクニックはあるらしいけど、こうすれば良いみたいな正解はないらしい。うーん、困っちゃうと同時になんて面白い仕事なんだろうと思う。


・信頼関係を作ること
・求人を覚えること

この2つが大きなハードルとなるらしい。
カウンセリングの基本の考え方はあれど、それぞれの武器が異なってやり方も人それぞれらしい…。(なんだってー!)

どうすればすぐに成長できるのか!?

そのためには…まず数をこなすこと!
転職活動中に関わったカウンセラーの方全員に質問していったけど、この返答は必ずもらった。

たくさんの求職者さんとの面談を通して、どのレベルの企業の受かるのか、どうすれば信頼関係が作れるのかわかってくるらしい。

未経験で理想の形との乖離にげんなりしてしまいかねない。
ここまで差があるんか…と。

でも失敗や成功の数を重ねていくことで成長できるらしい。
いまはその数を重ねる段階。

これから、これから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがたき幸せ…!
5
平成の終わりに本気で恋愛活動し、3ヶ月で彼女ができ卒業。 6年間塾の教室長を経て人材業界へ転職。 「人」にスポットを当てた記事を徒然なるままに毎日更新します。 人が接するのが怖いあなたの勇気になれば…。