eatreat.身体と心が整うアーユルヴェーダの食のレシピ
eatreat.のパンチャカルマ体験記②わたしのパンチャカルマ処方
見出し画像

eatreat.のパンチャカルマ体験記②わたしのパンチャカルマ処方

eatreat.身体と心が整うアーユルヴェーダの食のレシピ

汚れた布を真っ白に洗い直そう、とやることにしたパンチャカルマ。

及川先生の言葉は続く。
「そのためにね、治療に入る前からしっかり準備しましょう。それとね、終わったらいつまでも真っ白な布でいなさいということじゃないですよ。またシャバに出て、出たらなんだかんだ薄汚れていくことで、シャバで生きていけるのだから」とのこと。

これは治療に入る前の1週間終わった後の1週間がとっても大事ということを指している。(実際はもっと期間を要する人もいる)それと、薄汚れていくことでシャバで生きていけるというのは、あまりにクリーンなままだと、様々なウィルスにも負けやすい繊細すぎる身体だよということでしょうか。

治療に入る前の1週間はいわばつけおき洗いのようなもの。しつこい油汚れはいきなり洗濯機にかけても簡単には落ちないからね。
そして、治療の後の1週間は、せっかく頑張って真っ白に洗濯したので、薄汚れていくにしても、自然の花の色に染まるか、大気汚染に染まるかはあなた次第ということ。同じシャバでもきれいな色に染まりたいですよね!

ドーシャの傾向についても人それぞれかなりの個体差があるように、パンチャカルマの処方も個人によって異なります。これはあくまで私の場合のパンチャカルマですが、参考になればと思いお届けします。

※私自身も費用をかけて行う治療なので、ここから先は有料記事になります。また、転載・転用を一切禁じます。ご了承ください。

この続きをみるには

この続き: 4,422文字 / 画像4枚

eatreat.のパンチャカルマ体験記②わたしのパンチャカルマ処方

eatreat.身体と心が整うアーユルヴェーダの食のレシピ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
eatreat.身体と心が整うアーユルヴェーダの食のレシピ

サポートしていただいた分は、古典医療の学びを深め、日本の生産者が作る食材の購入に充て、そこから得た学びをこのnoteで還元させていただきます^^

eatreat.身体と心が整うアーユルヴェーダの食のレシピ
インド生まれの代替医療「アーユルヴェーダ」をもとに、自分に合った食事や健康を知りたい方にお届けしています。筆者はアーユルヴェーダのカウンセラー。東京で営むアーユルヴェーダカフェは現在移転期間中。https://eatreat-foodremedies.com/