見出し画像

Twitterを一か月やってますが僕は自分のやりたいようにやります。

4月23日、このnoteと同時にTwitterも始めました。

この一か月でフォロワーを700人近くまで増やすことが出来ました。

Twitterは過去にブログと同時にやっていたことがあるのですが、全然使い方をマスターできずに撃沈しました。

今回はTwitterも文章力の勉強という点で始めたのですが、毎日更新しているうちに徐々にフォロワーさんも増えてきて楽しくなってきました。

そして徐々にフォロワーさんを増やしていきたいとも思い、Twitterマーケティングみたいなことも意識し始めて、たくさんの人のnoteやブログを見て意見を取り入れることにしました。

そうすると本当に色々な意見があります。

全く真逆の意見を言っている人もいます。

ここまで来ると正解はないように思います。

なので僕は僕のやり方でやっていこうと思いました。

その思いをTwitterでフォロワーが増えなくて困っている人や過去のTwitterを始めたときの自分に向けて語ろうと思います。


まずはフォローをしてフォローバックを狙い、ある程度のフォロワーの確保

これが最初のステップです。

Twitterはフォロワーやイイねやリプが少ないうちは認知されません。

見られないとどんなツイートも意味がなくなります。

僕は最初は500~1000フォロワーくらいを目指すべきだと思います。


ツイートは本の内容をまとめて発信

本にはたくさんの情報が詰まっています。

それを自分なりにまとめて発信します。

そうすることで自分の勉強になりますし、フォロワーさんの勉強にもなります。

お互い成長できるwinwinの関係になれます。

僕はこれだけでも反応してくれるフォロワーさんが最近増えてきました。

そしてツイートアナリティクスやSocialDogというツールを使えばどんなツイートが反応が多いかを見ることが出来ます。

分析ですね。これも大事です。


リプやイイねもツイートと同じくらい大事

ツイートに対する返信ですね。

これをするとみられる可能性が上がってきます。

ここまでは全て同時進行でやりましょう。


フォロワーが多い人の意見はみんな違う

これなんですが正直僕も正解が全くわかりません。

最初の方は色々な人のフォロワーの増やし方を見て研究しましょう。

色々な人の情報を見ましたが、言ってることは全然違います。

上の項目3つは基本的な内容で誰でもわかることなのでTwitterの基礎って感じですね。

人の意見は大事ですがあまり人の意見に左右されすぎるのも僕は良くないと思います。

Twitter運用に正解はないように思いますね。

なのである程度の基本を押さえたらあとは自分のやりたいように運用して行ったほうが個人のオリジナリティが出て良いんではないか。

と僕はそんな風に思います。

というか僕はそのやり方でこれからやっていこうと思います笑


それでもフォロワーが多ければそれでよいからフォロワーが多い人の意見を聞くという人もいるかもしれません。

それはそれで自分のオリジナリティなので良いと思います。

しかしTwitterは人と人とのコミュニケーションなのでフォロワーが多いのに誰も反応してくれないと寂しいと思います。

ネットでもリアルでも友達が多い人は楽しそうですよね?

友達をたくさんつくるっていう目的でTwitterをするのもありだとは思います。


まとめ

Twitterには正解はありません。

自分の色を持ち、オリジナルな情報発信ができるように自分のやりたいように運用しましょう。

そのほうがあなたのファンも増え、楽しいTwitterライフになると思います。

僕も最近はフォロワーさんと喋るのが楽しくてTwitterライフが楽しいしもっともっとTwitterを続けていきたいと思います。

皆さんにもそうなってほしいと思っています。



ちなみにですが、

Twitterのコツは「毎日Twitterをやる!」というのを誰かが言ってました笑

日々継続ですね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
そちらの記事も読ませていただきますね!
7
筋トレを主軸として、学び、旅、読書、様々な人生経験をしてきています。 読書は約800冊、筋トレは中学生からしており、スクワット200キロ・ベンチプレスは140キロを挙げます。noteは47日目で100記事書けました! 筋トレのこと、読書や経験から学んだことを発信していきます!

こちらでもピックアップされています

Twitterとnoteの分析
Twitterとnoteの分析
  • 9本

Twitterとnoteの分析記事です。ぜひ参考にしてください。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。