優しい嘘と 散り際と
見出し画像

優しい嘘と 散り際と

凛々風 猛 -リリカゼタケル

#小説 
<刺すように燃えるような眼差しは>
無料連載[一部分]公開中. 
→ http://a.co/fCUooCw

[scene] location no.2926 /2955
[chapter] エピローグ

[space]
それは偽りではない、
私の何かをくすぐってくる優しい嘘だった。
人が終焉を迎える時の言葉や行動に
嘘などはない。
右とか左とかいうイデオロギーや理屈は
その効力すら消え失せるからだ。
彼のその全ては、
作品を紡ぎ刻み込んでいく事だけ。
ただそれだけだったと思う。
散り際にカッコいい言葉を残しておこうなどという野暮があったらそれこそ嘘だと思っている。

そんなシーン

It's not false,
It was a gentle lie that tickled me.
There is no lie in the words and actions when a person comes to an end.
This is because the ideology and reasoning such as right and left can disappear even if they are effective.
All that he has to do is to spin up the work.
I think it was all that.
I think that is a lie if there is a nostalgia to leave cool words when scattered.

such a scene


☆ I want to make this novel a movie!

#novel #book #movie #shortfilm 
#picturebook #amazon #kindle 
#今を越えていく #脳内旅行 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
凛々風 猛 -リリカゼタケル
▶︎LOST-所在なき星-1stWorks -日本語版 a.co/2lf7mnU -EnglishEdition a.co/9bcEHGz ▶︎刺すように燃えるような眼差しは-2ndWorks -日本語版 a.co/fCUooCw -EnglishEdition⇩NEW