特定非営利活動法人D-SHiPS32

私たちのビジョン:障害者と健常者が『体験』を共有することで、子供たちが夢をもって挑戦できる精神を育て 当たり前の事が当たり前に出来る社会を目指す。 noteでは主に活動の更新をしていきます。ご支援・応援よろしくお願いします。

特定非営利活動法人D-SHiPS32

私たちのビジョン:障害者と健常者が『体験』を共有することで、子供たちが夢をもって挑戦できる精神を育て 当たり前の事が当たり前に出来る社会を目指す。 noteでは主に活動の更新をしていきます。ご支援・応援よろしくお願いします。

    マガジン

    最近の記事

    【大盛況!大会リポート】第1回山口県民パラスポーツ大会

    全国に順次展開中の県民パラスポーツ大会が5月29日(日)、山口県宇部市で初めて開催されました! ボッチャは老若男女問わず楽しめるユニバーサルスポーツ宇部市は2017年に「共生社会ホストタウン」に全国で初めて登録されました。D-SHiPS32は宇部市と以前から連携し、代表の上原が地元の小中学校を訪問し、講演やボッチャ体験会を行うなど、共生社会の推進のため様々な活動を行ってきました。今回、その一環として県民パラスポーツ大会を山口県で初開催する運びとなりました。 パラリンピック

    スキ
    1
      • 5月29日(日)第1回山口県民パラスポーツ大会を開催!

        パラスポーツをみんなで楽しもう!全国に順次展開中の県民パラスポーツ大会を、山口県で初開催いたします。 「障害者スポーツ」(パラスポーツ)と言われると、障害者の人にしか出来ないスポーツだという固定概念を持っている人が多いですが、実は障害のあるなしにかかわらず、誰もが一緒に楽しめるのがパラスポーツです。そんなパラスポーツで、「時間」「場所」そして「経験」を共有しませんか?「経験」の共有こそが共生社会に必要だとD-SHiPS32は考えています。 開催競技は、ボッチャ!パラリンピッ

        スキ
        1
        • 【プレスリリース】特別支援学校や入院中の子どもたちに、とっておきのメタバース体験をプレゼント!『D-SHiPS JOURNEY』発足

          特定非営利活動法人ディーシップスミニ(以下ディーシップスミニ)、株式会社TART(以下TART)、株式会社グラコネ(以下グラコネ)、gooddo株式会社(以下gooddo)、株式会社セプテーニ・インキュベート(以下セプテーニ・インキュベート)は、特別支援学校や入院中の子どもたちにとっておきのメタバース体験をプレゼントするべく『D-SHiPS JOURNEY』を発足いたします。 本企画では、「子どもたちの未来に船を出そう」というビジョンの実現に向け、アートとテクノロジーの力

          • D-SHiPS32が非営利組織の信頼性の証『グッドガバナンス認証』を取得!

            ⼀般財団法⼈ ⾮営利組織評価センター(所在地:東京都港区、理事⻑:太⽥ 達男)は2022年3⽉23⽇、「グッドガバナンス認証」を新たに3団体に公開し 、D-SHiPS32が選ばれました! グッドガバナンス認証とは? 市⺠参加の度合い、環境への配慮、財務・会計、社会への情報発信など組織運営に関わる27の評価基準を書⾯と訪問で審査。さらに外部の有識者から成るグッドガバナンス認証審査委員会の審議を経て認証されます。 企業や⾏政などが⾮営利組織と連携するときの⼀つの信頼性の指標とし

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 航海日記
            特定非営利活動法人D-SHiPS32
          • イベント情報
            特定非営利活動法人D-SHiPS32

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            <食事支援が必要な子どもを持つママとパパのコミュニティ> 「スナック都ろ美」が一般社団法人「mogmog engine」を設立。 より嚥下食に特化した事業を展開!

            食事支援が必要な子どもがいるママとパパのコミュニティ 「スナック都ろ美」 は、これまで運営団体であったNPO法人D-SHiPS32【代表:上原大祐】からスピンアウトし、新たな一般社団法人「mogmog engine」 を設立します(2022 年 4 月中旬設立予定)。より嚥下食に特化した事業を展開していく予定です。 《スナック都ろ美について》 「スナック都ろ美」 は、嚥下障害がある子を持つ親たちがはじめたコミュニティです。2019年8月に東京都立府中にある特別支援学校で開催

            スキ
            1

            【2022年3月24日開催】 第6回パラ大学祭@関東 活動報告

            皆さんこんにちは! D-SHiPS32 パラ大学祭担当の竹内です! 3月24日開催、第6回パラ大学祭@関東のレポートをします。 大会は日本財団パラアリーナ(東京都)にて開催し、参加者(大学生)、スタッフ、見学者合わせて約70名(計15大学)の方にお集まりいただき、6チームによるパラスポーツの対抗戦が行われました。 当日、ご参加いただきました皆様、運営面でサポートいただいた皆様、また大会の実現に向けて、多大なるサポートいただきました、共催企業の株式会社セレスポ様、特別協力のNE

            スキ
            2

            <スポーツをもっと身近に> 【2022年3月24日】第6回 パラ大学祭を開催 参加者ならびに大会取材(報道関係者)を募集中!

            昨年のオリンピック・パラリンピック東京大会の影響もあり、オリンピック・パラリンピックへの関心が高まっています。 特にパラリンピック競技については、今までで一番の盛り上がりを見せたといってもいいでしょう。 現在のパラリンピック競技に対する盛り上がりを2021年で終わらせず、2022年以降もより多くの人に知ってもらい、 観戦してもらい、また競技に参加してもらうことこそが大切だと私たちは考えています。 各チームがパラスポーツを推進するパラ大学となり、東京2020がイベントで終わ

            スキ
            1

            【2021年11月28日開催】 第5回パラ大学祭 活動報告

            皆さんこんにちは!  D-SHiPS32 パラ大学祭担当の竹内です! 少し時間が経ってしまいましたが、11月28日に第5回パラ大学祭@関西を丸善インテックアリーナ(大阪市)にて開催し、参加者、スタッフ合わせて約130名(5府県より17大学)が集まり、過去最大規模の大会となりました! そもそもパラ大学祭とは?といったところで、ご存知の無い方も多くいらっしゃるかと思いますので、是非以下のURLより、パラ大学祭の魅力や、第1回大会(2019年10月開催)のVTR(ページ下部)をご

            スキ
            3

            【2019年9月29日】第2回長野県民パラスポーツ大会開催決定!

            パラスポーツを知っている人、パラスポーツのサポーターになる人を増やし、パラスポーツが日常化されている「パラスポーツ先進地域長野県」を作ることを目的としています。1998年長野大会のレガシーを活かし、2020東京大会とその先の未来に向けた先進的な取り組みを行い、「さすが、オリンピック・パラリンピックを開催した県だ」と全国から注目される長野県を目指します。 対象: どなたでも参加できます 競技: 3〜6人でチームを編成し、ボッチャと車椅子バスケットボールの2種目を行います。(

            【2020年1月19日】第1回四国パラスポーツ大会開催決定!

            来年いよいよ東京2020オリンピック・パラリン ピックが開催されます。四国地域においてもパラ スポーツを通じて、人と人の輪、笑顔の輪を広げ ていきたいと考え、大会を企画しました。 パラスポーツは障がいの有無関係なく誰もが楽し めるスポーツが沢山あります。今回はボッチャを 皆さんに楽しんで貰いたいと思います。 パラスポーツの普及・発展と 2020年に向けたムーブメント、 そして地域社会への輪を広げる 手助けとなれば幸いです。 皆さんお気軽にご参加下さい。 ◆日時:202

            【2020年4月1日】パラスポーツ用品レンタルサイト「カリスポ」オープン

            パラスポーツを始めるために必要な道具が今まで課題となってました。高額の車いすを買っても成長の早い子供たちは直ぐ使えなくなってします。そんな課題を解決するためにパラスポーツ用品のレンタルサイトを立ち上げました。 カリスポのサイト⇒https://karispo.com/

            スキ
            1

            【2020年4月24日】「#福祉崩壊を防ぎたい!」プロジェクト発足

            1枚でも多く、1か所でも多い福祉現場にマスクを届けるために。一般社団法人障害攻略課、一般社団法人Get in touch、株式会社ヘラルボニー、NPO法人D-SHiPS32が1つとなり、「#福祉現場にもマスクを」プロジェクトを立ち上げました。 特設サイト⇒https://fukushimask.com/

            スキ
            1

            【2020年5月8日】おすそわけしマスクププロジェクト発足

            マスクや寄付を募るプロジェクト「#福祉現場にもマスクを」チームは中部日本プラスチックと共同で、55枚のマスクを買うと、そのうちの5枚を福祉現場におすそわけする「おすそわけしマスク」を開発。2020年5月11日(月)に記者発表を行い、先行予約受付開始! 特設サイト⇒https://www.osusowakeshimask.com/

            【2020年6月30日】YAHOO!コロナ対策 募金先に選んで頂きました

            各企業の新型コロナ対策支援の取り組みを知っていただき「いいね」を押すと、1回につき10円がYahoo!JAPANから支援活動団体5団体へ寄付されるというものです。 Yahoo!ネット募金内の数ある団体の中から、5団体の一つにD-SHiPS32「#福祉現場にマスクを」プロジェクトを選んで頂きました。 https://events.yahoo.co.jp/shiruouen/

            【2020年7月10日】メディア:毎日新聞

            これまでに4回行ってきたオンライン対談を毎日新聞様に記事として取り上げて頂きました。パラスポーツに関わる皆様・視聴者の皆様と共にパラスポーツの魅力や思い、夢や実現したい事について語って頂く機会となりました。https://mainichi.jp/articles/20200709/org/00m/010/019000d

            スキ
            1

            【2020年7月17日】スナック都ろ美 GRAND OPEN

            ■スナック都ろ美とは 食事支援が必要な子どもの親のコミュニティです。スタートアップとして、”嚥下調整食”が必要な子どもとその家族のQOL工場を目指します!一緒に食・外食を家族みんなで楽しめる世の中にしましょう! ■スナック都ろ美のFBページhttps://www.facebook.com/113491870438306/posts/114479247006235/?d=n