見出し画像

透視をする際に使っている直観とは?

エナジーワークやリーディングでは、口酸っぱく「思考ではなく直観を使いなさい」と言われる。が、その割には「直観とは何か?」について説明がない。(説明がないのはこれに限ったことではないが。。。)

あまり厳密に考えすぎてもそれこそ思考に持っていかれるので、微妙なラインを行ったり来たりしながら、直観について考察を深めてみた。

直感と直観の違いとは?

まずよく言われる「直感」と「直観」の違いについて。「直感」や「直観」は「何かから気づきやメッセージを受け取る」点で共通しているが、微妙に定義が異なっている。

なお、調べる中で、似ているけれど違う概念として「霊感」もあることに気づいたので、それも含めて整理してみた。

画像1

霊感は本題ではないので、ここではいったん置いておくとして、直感と直観の違いは「観察物」を介すか否かにある。


直観には2つある

ただし(実はここからが本題なのだが)、直観にも2種類あるように思う。
「今」を元に行う直観と「過去」を元に行う直観だ。

これは世の中ではあまり言及されていないし、普段使われている直観の定義とは少し趣が異なると思う。

画像2

一般的な辞書の定義による直観は「直観β」。
エナジーワークで使っている直観は言わずもがな「直観α」だ。

そして、両方を使ってみている身としては、以下のような感覚を抱いている。

●直観α:訓練は必要(正確には訓練というか、慣れと自分に対する許可といった表現の方がしっくり来る)。思考(≒エゴ)を介さないこともあり、自分も人もメッセージを渡しやすいし、受け取りやすい

●直観β:経験の積み重ねが必要。きちんと区別ができれば直観αとも併用可能。ただし純度高く使えていないと思考(エゴ)が入り込む余地がある

直観αを使っているリーディングの際、その人を直接観ていると思われやすいが、実はその人自身はほとんど観ておらず、その人を別のものに置き換えて透視をしている。

わざわざこんなまどろっこしいことをする理由は「自分自身・対象者と思考のエネルギー」を混ぜないためだ。
エネルギーが混ざってしまうと、途端に観えなくなる。また、思考が入り込むと、直観αがいつのまにか直観βになる。

しかし、直観αと直観βのどちらが優れていて、どちらが劣っているということをここで言いたいわけではない。
それぞれ使いどころがあるので、状況に応じて使い分ければいいと思っている。

また、直観αと直観βは併用可能であり、究極的には両方をうまく使い分けられるのが、「これからの直観力」だと考えている。

というわけで、引き続き「直観α」を使いながら、直観を磨いていきたい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
組織・人事コンサルティングやスタートアップの経営に携わりながら「Humanization」をテーマに活動しています。人や組織の変容や、それらを司る意識進化の探求・自己変容のプロセスを綴っています。最近は「生かされる生き方」にエネルギーが向いています。