見出し画像

ECサイトにも押し寄せるQRコード決済の波はどこまで広がる?

外出自粛になって、今ECサイトの売上がめちゃくちゃ伸びています。

実際こんなニュースも。。。

そんな中、今、ECサイトの決済手段として、QRコード決済が取り入れられつつあるんです。

新しくECを始めようとする企業さんに話を聞きますと、なにかリアルと違った特別なことがあるんじゃないかと思われている場合が多いんですが、商売の基本は一緒です。

ただ、決済手段として、その場で現金払いができないので(代引きはありますが)、現金しか受け付けないというサイゼリヤ方式ができません。

いろいろな決済方法に対応しておいた方が、消費者メリットが大きく、購買動機につながりやすいわけです。

そんな中、この一年キャッシュレスの波に乗じて大きく広まったQRコード決済がECサイトにもやってくるのはある意味必然だったかもしれません。

日本におけるQRコード決済の先鋒であり、また2,000万人を超えるユーザー基盤を持ちシェア1位のPayPayはもともとソフトバンクグループということもあり、Yahoo!ショッピング(PayPayモール含む)やヤフオクでは使えていたんですが、ついに自社ECサイトでも使用が可能になりました!

もともとPayPay自体もオンライン利用されることに積極的ですが

この度、国内のECサイトASPサービスで、スマホ対応の充実度で定評のあるaishipR(株式会社ロックウェーブ)が、このたび一足早くPayPay決済に対応してきたそうです。

画像1

画像2

対応方法としては、買い物の途中でPayPayアプリと連携して支払いができるようですね。

aishipRのユーザーなら特に追加利用料は無いようですし、手数料も3.5%ということで、他の決済方法と大きな差もないので、導入して損はない状況。

むしろ、いち早く導入することで他企業ECと差別化を図れるので、良いと思います。

しかし、この流れですと、今後他のASPでも導入が広がるでしょうし、当然他のQRコード決済も続いてくるでしょうね。

私個人的には決済手段ありすぎて、もっと統一して欲しい派ですが、ECビジネス的には、いろいろ対応して柔軟に受け入れる方が販売機会拡大として良いと思います。

今後も要注目の流れですので、デジタルマーケティング関係者はぜひ押さえておきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この度は私のnoteをご覧いただきありがとうございます。 もしもサポート頂ける場合は、お礼にデジタルマーケティングに関するお悩みにお答えいたします! 追ってお礼メッセージとともにご連絡させていただきます。

スキありがとうございます、嬉しいです😊
3
学校長ですが、自身は浅く広く、デジタルマーケティングにおける総合診療医のようなポジションを志しています。各領域の専門性は低いですが、総合的に見れるという点から、概念的な話をしたいと思います。https://digital-marketing.university/
コメント (2)
早く連携するなり、支払い方法が統一されて欲しいですね。
個人的にはバーコードは煩わしいので
タッチで処理できるものに変わってきて欲しいです。
コメントありがとうございました。
全く同感です、iPhone紐付けのSuicaみたいに、ぴっとかざすだけが一番便利だなと思いますね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。