見出し画像

デジタリフトがnoteを開始する理由

自己紹介と会社紹介

はじめまして。株式会社デジタリフトの鹿熊です。
なんとこの記事は、私の一投稿目です!

デジタリフト(DIGITALIFT)という名前を知っている方も知らない方もいらっしゃると思いますので、簡単に会社紹介をさせてください。

元々我々は、「電子広告社」という社名だったのですが2020年3月に「株式会社デジタリフト」という社名に変更いたしました。もしかしたら「電子広告社」という名前は知っている方はいらっしゃるかもしれません。

2012年設立の会社で、8期目になる会社ですが、元々はDSP(Demand-Side Platform)を主軸とするトレーディングデスク事業をやっていた会社です。設立当時は、私自体はデジタリフトに居なかったのですが、DSPの会社でお仕事を手伝っていたので、当時のDSPの盛り上がりはよく覚えています。DSP広告の提案にいくと、当時としては「こんな事ができるのか!?」と、よく驚きの声をかけられた時代でした。

時代は変わるもので、当時は全く浸透していなかったようなアプリや広告手法が多く出現し、デジタリフトとしても「DSPの会社」から「多種多様な媒体を扱える公認の代理店」として進化や変化を続けてきた数年間でした。

それでも、あくまで「トレーディングデスク」であり、「広告代理店」という側面が強かったのですが、2019年から大きな方針転換を図りました。それは、単なる「トレーディングデスク」でもなく「広告代理店」でもなくコンサルティングに強みを持つエージェンシーとしての立ち位置を確立する事でした。

時代は変わった

気が付いたら、もう何年もこの業界に身を置いてますが、時代の変化というのは常に感じます。また、その環境に固執する事の意味なさも感じます。
(ガラケーの広告枠売り時代もあれば、DSPで盛り上がり、位置情報で盛り上がりなどなど、常に栄枯盛衰があるように感じます。)
その時々での環境へ適合した変化が当然ながら必要であり、それに適合する事が生き残りにおいて重要であると再認識させられます。

では、今はどんな変化が起きているのか?

それを我々は、機械学習と自動化におけるゲームチェンジだと考えています。数年前まで、自動化懐疑論なども多かったイメージですが、最近はどこの媒体の更なる機械学習のアップデートと自動化を重点的に進めており、流石に認めざる得ない状況になってきているのではないかと感じます。

昔のような細かい設計、細やかな運用よりも機械にやってもらった方が効果が出る事も色々なパターンで実績として積みあがってきています。そうなってくると、人がやるべき事は、「システムが最も効率的に学習し、自動化が最も上手く回る設計を行う事」だと感じています。

広告の領域だけ切り取っても、手を動かす作業から、全体の状況を理解の上システムが最も効率的に動く設計を考える事にプライオリティが変わったと感じています。(その最適設計を考えるのは結構難しいのですが・・・)

今後も更に自動化が進み、広告の設定と広告の運用にリソース作状態から、違う事に時間を割ける状態への変化が起きます。これ自体は非常にいい変化で、人がより人らしいクリエイティブな領域に踏み込むチャンスにもなっていると思います。

この状態が更に進むことを想定し、「コンサルティング」という領域への強みの変化を現在進めています。(コンサルティングが広義なので色んな解釈があると思いますが、我々としてそれをCdMOという造語で定義しました。)

noteを開始する理由

本題であるnoteを開始する意味については、この環境変化を適切に伝えていく為だと思っています。
それは、我々のクライアントの方々や、将来クライアントになっていただく方々、これから当社の入社を検討される方々への情報の正しい伝達であり、選んでいただく立場としてのやるべき事でもあると思っています。

その為に下記の情報をメインにこのnoteでは発信していこうと思っています。
・当社が考えている事やスタンス
・デジタルマーケティングのトレンドや有益情報
これらを重点的に発信し、どういう会社なのかを多くの方々に理解してもらえる状態を作れると嬉しいなと思います。

マーケットが目まぐるしい速さで変化していくのと同じように、会社という器は同じですが、中身が変化していきます。

1年前の当社と、今の当社は全然違いますし、今後も変わっていくと思います。その今を正しい形で伝え、意思決定の材料にして貰えたら嬉しいなと思います。

おかげ様で、優秀な経験者や、コンサルファーム出身者が続々と入社してくれており、まだまだ良い形で変化が続いていくと思います。

最後に

note自体は、更新頻度はあまり明確に決めず、気ままに更新していく予定です。よろしければ、ぜひ「スキ」や「コメント」をお寄せください。

はじめましての方も、すでにお付き合いのある方も、どうか暖かく見守って嬉しいです。よろしくお願いします。

デジタリフト 鹿熊

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!今日のラッキーカラーは赤です。
33
株式会社デジタリフトというデジタルマーケティング会社です。 主な事業は2つあります! ①コンサルティング事業 ②広告運用事業 noteでは①②に加えて遊び心も含めた投稿をしていきますね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。