見出し画像

コンテンツスタジオ に苦境、その先の未来はどこに?

あらゆる種類のパブリッシャーが最近、コンテンツスタジオに押し寄せている。FacebookやGoogle、その他の仲介業者などの主要プラットフォームと差別化して依存度を減らすのが、その目的の少なくとも一部となっている。だが、こうした試みの完成度が高くなりはじめるにつれ、業界や、パブリッシャーのコンテンツスタジオ内で、進化の次の段階がどういうものになるのか疑問視する声が出てきている。

この続きをみるには

この続き: 1,245文字

コンテンツスタジオ に苦境、その先の未来はどこに?

DIGIDAY [日本版]

190円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

Thank you for your "like"
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。