見出し画像

従来戦略に回帰する、「ディスラプター」ブランドの思惑:DTC(直販)の理想と現実

振り返って見ると、DTC(Direct To Consumer:直販)ブランド時代の幕開けは、信じられないほど理想化されていた。

いまや使い古されたDTC戦略ノートには、小売りの中間業者を排除し、eコマース販売に特化し、高品質の製品を少ない利益幅で売り込め、といった戦略が書かれていた。しかし、こうした戦略を成功させるには多額の費用が掛かる。

この続きをみるには

この続き: 2,311文字

従来戦略に回帰する、「ディスラプター」ブランドの思惑:DTC(直販)の理想と現実

DIGIDAY [日本版]

480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

DIGIDAY[日本版]はデジタルマーケティング戦略に特化した、エグゼクティブのためのバーティカルメディアです。 会員限定コンテンツでは独自の情報網を生かしたWhitePaperや限定イベントも実施しております。

記事のご要望もお待ちしております!
DIGIDAY[日本版]はブランド企業のデジタルマーケティング戦略情報に特化した、アメリカのブログメディア「DIGIDAY」の日本版。 会員限定コンテンツはDIGIDAY+にて配信中 https://digiday.jp/digidayplus/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。