見出し画像

【ショートショート】考えを捨てる。

言葉で人は殺せないが、

言葉で人を追いつめることはできる。

そこには絶対君主制が引かれている。

年功序列と成果主義がフレンドされている。

先輩社員に対しては敬語は必須である。

後輩は先輩より成果が倍開きがあると昇格する権利を得る。

ここは、言葉の銃弾が飛び交う。

新人は精神的な体制を試されている。

弱い人間は先進的に破壊される。

安心してほしいちゃんと精神洗浄設備も完備されている。

精神的に弱い人間は生き残れない。

どうやら、まじめな人は生き残れない会社。

よく考えるとそうゆう世の中のようだ。

あるとき、精神的に弱いって何だろう。

「精神的に弱いってなんだろう」

そして、その考えを捨てることを考えた。

「精神的に弱いとゆう考えを捨てよう」

不思議なことにいつもと同じなのに、

翌日から変化が現れた。

精神的な言葉の弾丸は飛んでいても彼をする抜ける。

十人十色人によって言葉の弾丸を飛ばしてくる。

しかし、彼には全く効かない。

静かに仕事に集中することができる。

不思議なように感じるかもしれないが、

考えを捨てたから彼は巻き込まれない。

今日も自由に生きることが可能だ。

それは、誰でも自由に生きられる。

不要な考えは捨てよう。

それが、生きるコツだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
でんやまと

よろしければサポートお願いします。クリエイター活動費に使わせていただきます。

嬉しいです。
3
通信系の業務委託をしています。小説は「仕事」「資格試験」「自己啓発」「思いつき」「日常」基に作成しています。