世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍や児童書、絵本のご紹介や製作裏話、noteオリジナル連載などを随時掲載していきます。 https://www.sekaibunka.com

世界文化社 公式note

世界文化社の公式noteです。書籍や児童書、絵本のご紹介や製作裏話、noteオリジナル連載などを随時掲載していきます。 https://www.sekaibunka.com

マガジン

  • 話題の本

    世界文化社の新刊や話題の本など、知って得するとっておきの情報をお届けします。

  • 世界文化社ブックレビュー

    世界文化社の本を読んでくださった皆様、またご自分のnoteでご紹介くださった皆様、ありがとうございます! いろいろなご意見やご感想をいただけるのが嬉しくて、世界文化社の本に関する皆様のnote記事を、まとめてご紹介させていただくマガジンを作りました。 世界文化社の本をお読みいただいたら、#世界文化社ブックレビュー のハッシュタグをつけて、ご感想やご意見などをぜひ、お気軽にnoteにお書きください。このマガジンでもシェアさせていただきます。

  • 沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】

    イラストレーター・沢野ひとしさんが、これまでの人生を振り返り、今、もう一度訪れたい町に思いを馳せるイラスト&エッセイです。再訪したり、妄想したり、食べたり、書いたり、恋したりしながら、ほぼ隔週水曜日に更新していきます。

  • ひびこれ家飯

    昨日はどんなものを食べましたか? 晴れの日卦の日、隣は何を食う人ぞ。このコーナーは皆さまが日々、ご自宅で食べているものを、ちょっとだけ見せていただき、現代人の食生活の実態に迫ろうという企画です。「毎日凝った料理を作る必要はないんだなあ」「そんなものまで手作りで?」「そういえば今、コレがおいしい季節だね」など、隣人の食卓を垣間見ることで、やる気とか元気とか勇気とかが出てくるかもしれません。ほぼ毎日、お昼に更新していきます。

  • コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言

    イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生著『「これから」の時代(とき)を生きる君たちへ』は、5月の発売以降、大きな反響をいただきました。その後、新型コロナの影響による休校を乗り越えて、いかにして安全に、スムーズに学校を再開させたのか――スキラーチェ校長先生が、リアルな情報や子どもたちへの思いを綴る連載です。

ウィジェット

  • 商品画像

    沢野ひとし 食べたり、書いたり、恋したり。

    沢野 ひとし

最近の記事

  • 固定された記事

コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生が伝える「これから」の教育〜

9月18日から、イタリアの科学系名門高校「アレッサンドロ・ヴォルタ高校(以下、ヴォルタ高校)」のドメニコ・スキラーチェ校長先生の連載が始まります。それに先立って、この5月に発売された先生の著書『「これから」の時代(とき)を生きる君たちへ』のメイキングストーリーをお伝えしましょう。(連載担当:原田敬子) vol.0 イタリアの校長先生から届いた珠玉のメッセージが1冊の本になるまでのストーリー 1.この本が生まれたきっかけ 今年の初めは、オリンピックイヤーの幕開けに盛り上がって

    • 『金沢 古民家カフェ日和』刊行記念!旧別荘地の洋館カフェ「古鶴堂」全文公開

      この夏、川口葉子さんの人気シリーズ「古民家カフェ日和」の第3弾、『金沢 古民家カフェ日和』(7月30日刊)が発売になりました。 この刊行を記念して、全3回のnote連載を行います。 連載最終回となる本記事では、金沢から少し足を延ばして訊ねたい、旧別荘地の洋館カフェ「古鶴堂」の本文を全文公開いたします。 なかなか遠出しづらい状況ですが、古民家カフェの物語を通して、つかの間の時間旅行をお楽しみいただけたら幸いです。 古鶴堂夏の間だけ華やいだ 旧別荘地の洋館に眠る物語 〈白山

      • 『金沢 古民家カフェ日和』刊行記念!茶屋街を一望するカフェ「波結」全文公開

        この夏、川口葉子さん人気シリーズ「古民家カフェ日和」の第3弾、『金沢 古民家カフェ日和』(7月30日刊)が発売になりました。 この刊行を記念して、全3回のnote連載を行います。 連載第2回となる本記事では、本書で紹介している、ひがし茶屋街を一望するカフェ「波結」の本文を全文公開いたします。 なかなか遠出しづらい状況ですが、カフェを通して古都・金沢の歴史に触れ、美しい写真を眺めて、旅気分をお楽しみいただけたら幸いです。 波結元は芸妓さん愛用の美容室 茶屋街を一望するカフェ

        • 『金沢 古民家カフェ日和』刊行記念!「はじめに」全文公開

          川口葉子さんの人気シリーズ「古民家カフェ日和」、ついに第3弾が刊行します。 東京、京都に続く地は「金沢」。 江戸時代の風情が残る茶屋街を有し、海に面した豊かな食文化を持つ金沢では、どのような古民家カフェが私たちを迎えてくれるのでしょうか。 いよいよ7月30日に迫った『金沢 古民家カフェ日和』の刊行を記念して、noteにて連載をはじめます。 第1回となる今回は、ひと足早く「はじめに」を全文公開。 第2、3回では、本書でご紹介しているカフェを特別に公開いたしますのでお楽しみに

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 話題の本
          世界文化社 公式note
        • 世界文化社ブックレビュー
          世界文化社 公式note
        • 沢野ひとし【もう一度あの町に行こう】
          世界文化社 公式note
        • ひびこれ家飯
          世界文化社 公式note
        • コロナ時代の学校と子ども〜イタリアの校長先生からの提言
          世界文化社 公式note
        • 新井由木子【思いつき書店】
          世界文化社 公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          何をするにも遅すぎることはない――【野口聡一さん】JAXA退職記者会見

          JAXAを退職する理由  1996年の6月に宇宙飛行士として選抜されて以来、26年間、いろんな形で応援していただきありがとうございました。あっという間の26年だったかなと思います。3回の宇宙飛行を行い、無事に生還することができました。  3回目のミッションを終えたころから、そろそろ、後進――搭乗を待っている後輩の宇宙飛行士やこれから選抜される新人宇宙飛行士たちに道を譲りたいと思い、今回の退職の決断となりました。  今後は、JAXAを離れて研究機関を中心に、一民間人の立場で

          【JAXAご退職によせて】野口聡一さんが語る宇宙飛行士のリアルと未来

          野口さんの本を企画した理由  私は2021年12月に発売された、『宇宙飛行士 野口聡一の全仕事術』の編集を担当した。野口聡一さんは、2020年11月から2021年5月にかけて、自身3度目の宇宙飛行をし、国際宇宙ステーション(ISS)に約5カ月半滞在した。その様子は過去2回の宇宙飛行(2005年、2009年)とは比べ物にならないほど、鮮明に、リアルタイムで地球の私たちに伝わっていた。地球と宇宙をつなぐテレビの生中継、Twitter、Instagram、YouTubeなど、東京

          数秘はあなたのトリセツ。自分を知る方法、教えます―『誕生日が教えてくれる本当のあなた』重版出来記念!

          数字には意味があります 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9……。 普段、私たちが目にする数字です。あまりにも当たり前のようにあるため、それぞれの数字に特別な意識を向けることは、日々の暮らしの中ではあまりないかもしれません。 けれども、紀元前6世紀にピタゴラスが「宇宙のすべては数から成り立つ」という"数の本質"を説いたことが言い伝えられています。 また、古代ユダヤの教義の中でも特に重要とされていたのが「カバラ数秘術」という秘儀で、数字を使って宇宙の法則を読み解き、真理を

          重版出来記念!『誕生日が教えてくれる本当のあなた』まえがき全文公開

          自分の数字を知るだけで自己肯定感が高まる!――「はじめに」を全文公開! 「数字が好きな人って、学生時代に数学が得意だった人でしょ?」 みなさんもそう思われるかもしれませんが、私は超文科系。算数も数学も苦手でした。 そんな私が数字に興味を持ったのは、「数字には意味がある」ということを知ったのがきっかけでした。 難しい計算式は必要なし。数字の意味と足し算だけで、「自分は何者で、どこから来て、どこへ行くのか?」がわかる。そして、「すべての悩みは対人関係の悩みである」と心理学者

          しみじみと美味しいロシア料理の秘密をエピソードから探る―お菓子編

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.9ー5歳の時に初めて作った、思い出のお菓子「カルジーナチキ」 子供のころ、誕生日やお正月になると父がいつも作ってくれた、思い出のお菓子。デザートのメインともいえるお菓子です。 「カルジーナチキ」とは、小さいバスケットの意味で、20世紀半ばのソ連で生まれました。 生地の軽くサクサクとした食感を生み出す秘密の材料は、ゆで卵の黄身! 柔らかいクリーム、たっぷりのジャムと一緒にほ

          重版出来!児童養護施設の「お母さん」が語る、子育ての秘訣『中学校ってどんなとこ?』刊行記念コラム③

          児童養護施設に勤めるKさんの「中学校は小学校の延長じゃなかった」という言葉をきっかけに、小学5~6年生・新中学1年生向け書籍『中学校ってどんなとこ?』が、誕生しました。 *おかげさまでご好評いただき、このたび重版が決定しました! 連載最終回の今回は、本から少し離れて、Kさんの児童養護施設でのお仕事の内容について伺います。 児童養護施設、その存在はもちろん知っていますが、実態をよく知りませんでした。 施設で暮らす子と職員さんたちが、どんなところに住んで、だれとごはんを食べて

          しみじみと美味しいロシア料理の秘密をエピソードから探る―メインディッシュ編

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.8ー「魚メンチカツ」はロシアのポピュラーなカツレツのひとつ ヨーロッパでは「カツレツ」はスライスした仔牛肉ですが、ロシアではメンチカツを「カトゥレタ/котлета」(「カツレツ」)と言います。 ひき肉を使った料理は、ロシアでは18世紀頃から作られるようになりました。その調理法は、ドイツ、オランダからピョートル1世によって知られるようになりました。 しかしながら、魚が豊

          しみじみと美味しいロシア料理の秘密をエピソードから探る―スープ編

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.7ーピクルスたっぷり、酸味がクセになるスープ「ラッソールニク」 ロシア料理の特徴は〝酸味と塩味〟。その味付けで、15 世紀からずっと人気のあるスープです。 このスープではピクルスをびっくりするほどたくさん使いますが、大丈夫。とても爽やかな味わいです。 「ラッソール/рассол」は「塩漬汁」の意味です。 19世紀初め頃、塩漬汁を詰めたパイのことを「ラッソールニク」と呼び、

          日本で作れる美味しいロシアの「イクラ」とは?パンにも合う「ペポカボチャのイクラ」

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.6ー歴史とともに多様化するロシア料理 祖母は1913年、ロシア帝国に生まれました。国を一歩も出ないまま、ソビエト・ロシア、ソビエト連邦、ロシア連邦と、歴史が移り変わった3つの国に住むことになりました。3つの国の料理方法には、それぞれ異なる特徴があり、現在のロシア料理の形成に、さまざまな影響を与えました。 莫大な国土に広がる豊かな森と水。 地域により異なる特徴を持つ気候、バ

          朝食にもおすすめ!ロシアの伝統的なおやつ「シールニキ」を作ってみよう

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.5ー名前の意味が変わっても、昔から愛され続けるおやつ ロシア人なら誰もが子供の頃から知っている、とても伝統的な料理です。日本では”焼きチーズ”として紹介されることもあります。 このおやつの主役は、カッテージチーズ。ロシアでは「Творог/トゥヴァローク」といい、牛乳を凝固させてたんぱく質を絞ったフレッシュチーズのひとつで、毎日食べるほど一般的な食品です。 分量が細かく1グ

          重版出来記念!ビーツの色鮮やかなロシアのサラダ「ヴィネグレット」をご紹介

          『はじめてでも美味しく作れるロシア料理』著者ヴィタリさんに訊く、もうちょっとロシア料理のことーvol.4ー「ヴィネグレット」の由来はフランス語 「ヴィネグレット」は、毎日の食卓にも、祝宴にも登場する、ロシア人の大好きなサラダのひとつです。出来たてだけでなく、一日冷蔵庫で冷やしても、大変美味しいです! 「ヴィネグレット」はフランス語に由来していて、元々はオリーブオイルとヴィネガーのソースの名前です。ロシアではいつも、このソースをゆでた野菜のサラダにかけて食べていたので、次第

          新中学生と保護者さん必見!中学のつまずきポイントは勉強と…? 『中学校ってどんなとこ?』刊行記念コラム②

          「中学校は小学校の延長だと思っていたら、そうではなかった」と話す児童養護施設職員のKさん。Kさんのこの言葉をきっかけに『中学校ってどんなとこ?』が誕生しました。 Kさんはこれまでに、55人のお子さんと生活をともにされてきました。 今回の記事では、Kさんが感じる小学校と中学校の違いや、思春期のお子さんとの接し方についてお聞きしたいと思います。 ずっと「中学入学準備の本」を望んでいた ―――このたびは企画のアイデアをいただいて、ありがとうございます! 長年「あったらいいの