見出し画像

廃墟然としている南海木津川駅を降りるとそこは福祉と人権の街…「西成区北津守」を歩く

日本屈指の貧困地域として槍玉に挙げられてばかりの「大阪市西成区」、その要因となっているのは圧倒的にドヤ街釜ヶ崎の存在だが、西成区全体を見てもやはり福祉世帯が多く市営住宅があちらこちらに立ち並ぶ、大阪の平均的なビンボー臭い街並みが見られるわけで、それは西成区の最も西側に位置する「津守地域」も同じである。

西成区西部に位置し木津川を挟んで大正区に隣接する西成区津守地域。南北に長いこの地域のうち住所は北津守・津守・南津守に分かれるが、元々は大正区や港区と同じく江戸時代に新田開発され、近代化以降はやはり同じように工場が立ち並ぶ地域として発展してきた歴史を持つ。

この続きをみるには

この続き:3,721文字/画像25枚

廃墟然としている南海木津川駅を降りるとそこは福祉と人権の街…「西成区北津守」を歩く

逢阪

240円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。