Kan

シリコンバレーでExploratory (https://ja.exploratory.io) というデータサイエンスのスタートアップやってます。日本にもブートキャンプのためにたまに行きます。いっしょにデータ分析学びたい方は声かけてください!

Exploratoryの2019年を振り返って

今年2019年はExploratoryにとってはいつものように目まぐるしくも大きな飛躍の年でした。ほんとにたくさんのことがあったので、2019年を振り返るということでこちらにまと…

意思決定には2つのタイプがある、 一方通行と両方通行

全ての意思決定を同じように捉えていませんか? 実は意思決定には2つのタイプがあります。 AmazonのCEO、ジェフ・ベゾスが2010年に株主へ宛てたレターの中でこのことをき…

ソフトウェアの波に飲み込まれた後は、さらにAIによって進化中のカメラ

私がシリコンバレーに移った2000年ころは、カメラと言えば日本、つまりキャノン、ソニー、ニコンといったかんじでしたが、今やそんな面影すらありません。すっかりAppleかG…

アメリカのAI戦略を理解するための3つのポイント

ようやくでてきました、トランプ政権下初のアメリカのAI戦略。 現在のところ、中身に具体性が乏しく、さらに具体的な予算が取れているわけではないので、評価が難しい側面…

Spotifyで流行った後、3ヶ月ほど経ってラジオでヒット曲を知る時代

これを読まれてる人たちの多くはSpotifyやApple Music(またはYoutube)のようなストリーミング・サービスを使って最新の音楽を発見したり聴いていると思います。 そのこ…

自動運転ソフトウェアを国が審査? - 宗教的にじゃなく、サイエンス的に考えればよいという話

データを使ったサイエンスな思考法であるアナリティカル・シンキングこそが、今日の不確実な世界の問題解決に最も求められるスキルだ。 最近、日本で国が自動運転に関する…