見出し画像

【Google Colaboratry】超手軽にPythonを使うための環境を作ろう

今回は、プログラミング言語「Python」を使うための、環境を作る方法を紹介します。
作成する環境は、Google Colaboratory(グーグルコラボレイトリー、コラボ)です。
このGoogle Colab環境、ブラウザ上でPythonを使用できるので、どんなOSからでも5分程度でサクッと用意できちゃうんです。

手順は5つ、そのあとの2つの追加設定もしておけば、よりリッチな環境への移行も簡単にできますので、安心してGoogle ColabでPythonを始めてみてくださいね^^


■ 動画解説

▼ 画像クリックでYouTubeへ ▼

画像17

動画での解説もありますので、ぜひご視聴ください^o^


■ 手順1:グーグルアカウントを用意する

〇 グーグルアカウントを持っていれば、それを使用できる
〇 グーグルアカウントを持っていなければ、新規作成する

Google Colab環境を利用するために、グーグルのアカウントを持っている必要があります。
逆にいえば、アカウントさえあればGoogle Colabを無料で利用することができるので、持っていない方はぜひこの機会に作っておきましょう。

アカウント作成はこちらから。


■ 手順2:グーグルドライブに接続する

〇 グーグルのホーム画面へ移動する
〇 アプリの起動アイコンから、グーグルドライブに接続する

グーグルのホーム画面から、グーグルドライブを起動します。

画像1

すると下記の画面が表示されるはずです。

Gドライブトップ

これでグーグルドライブへの接続は完了!
あっという間ですね。


■ 手順3:Google Colaboratoryをインストールする

〇 グーグルドライブのホーム画面で右クリック
〇 G Suite MarketplaceからColabアプリをインストールする

次に、Google Colaboratoryをグーグルドライブへインストールします。
グーグルドライブのホーム画面で右クリックし、「アプリを追加」を選択。

スライド2

「G Suite Marketplace」という、アプリケーションの検索が表示されます。
そこで「Colaboratory」というキーワードで検索にかけると、目的のアプリが表示されます。

スライド3

クリックすればインストール完了です!


■ 手順4:Google Colaboratoryを起動する

〇 グーグルドライブのホーム画面で右クリック
〇 Google Colaboratoryを起動する

再度、グーグルドライブのホーム画面で右クリックし、Google Colaboratoryを選択します。

スライド4

すると、「Untitled0.ipynb」というノートブックファイルが作成され、Google Colabによって自動でファイルが開かれます。

スライド5

これでもうPythonが動くようになりました!


■ 手順5:Google ColaboratoryでPythonを動かしてみる

〇 Pythonのプログラムはセルに直接入力
〇 プログラムは「Ctrl + Enter」か「Shift + Enter」で実行する

実際にPythonのプログラムを動かしてみましょう。
セルに以下のコードをコピペし、

import pandas_datareader.data as pdr
import os

df_stockprice = pdr.DataReader("GOOG", "stooq")
print(df_stockprice.iloc[:5, :])

# 以下のコメントを外せば、ドライブ上に株価データを出力できます(ドライブのマウント必要)
# os.chdir("/content/drive/My Drive")
# df_stockprice.to_csv("stockprice.csv")

「Ctrl + Enter」で実行します。

株価取得

株価の取得、これだけです!
Pythonistaへの第一歩が開かれましたね。
このノートブックはいくらでも作り直す(新規作成)ことができますから、好きなだけ遊び倒してください^^

さらに、Pythonを上達していきたいという方へ、おすすめの環境設定を紹介しておきましょう。


■ 追加設定1:グーグルドライブのデスクトップアプリをインストールする

〇 デスクトップアプリをインストールすれば、ローカルPCからファイルを編集できる
〇 グーグルドライブのホーム画面からインストール
〇 バックアップ設定は基本的に必要ない
〇 「マイドライブをパソコンに同期」を設定する

Pythonプログラムを少し触る程度であれば、ここまでの設定でもう十分なのですが、Pythonプログラムを自由に編集したり、追加していく場合、グーグルドライブのデスクトップアプリをインストールしておくと非常に便利です
インストールは、グーグルドライブのホーム画面から実行できます。
歯車マーク > 「デスクトップ版をダウンロード」

画像8

途中、PCファイルのバックアップを取るか聞かれますが、Pythonの環境とは全く関係ありませんので、チェックマークは外しておきます。

画像9

その次に聞かれる「マイドライブをこのパソコンに同期」というのが本命ですので、チェックマークが入っていることを確認します。

画像10

これで自分のPCのフォルダから、グーグルドライブ内のファイルを直接編集できるようになりました。

画像11

フォルダから「test.py」というPythonプログラムを作成してみると、すぐにドライブへ反映されます。

画像12


■ 追加設定2:Google Colabをグーグルドライブへマウントする

〇 マウントとは「データを連携・共有する」ということ(ざっくり)
〇 マウントすることで、ドライブ内のファイルをPythonで編集できるようになる
〇 Google Colabの編集画面から「ドライブをマウント」を選択
〇 Colabの編集画面から、他のPythonプログラムを確認・編集できる

これまでの設定に加え、Google Colabとグーグルドライブを連携させると、自由自在にPythonプログラムを編集・実行できる環境になります

それにはまず、Google Colabの編集画面から、フォルダのタブを選択し、「ドライブをマウント」を選択します。

画像13

ドライブへのアクセスを許可すると、か聞かれますので、許可します。
すると、グーグルドライブのデータが表示されるようになり、自由にファイルの編集ができるようになります!
また、別のPythonファイルをColabで開き、編集することもできます!

画像14

ここまで設定すれば、Pythonを使ってあらゆるデータを自由自在に編集・加工することができるようになります。
皆さんのPythonは翼が生えた状態ですので、ここから自由に空を飛びまわってくださいね^o^


■ さらに本格的なプログラミング環境へ移行していく

〇 リッチな環境が欲しいなら、「VSCode」がおすすめ
〇 エディタをダウンロードしてきて、ドライブ内のフォルダを開くだけ

Colab環境は時間制限などもありますから、やがてもっとリッチな環境が欲しいと思うようになるはずです。
そこで最後に、このColab環境からリッチな環境への移行方法を簡単に紹介しておこうと思います。

環境の移行は超簡単。
個人的におすすめの開発環境はマイクロソフトの「VSCode」です。
いま一番盛り上がっているエディタですね。
(インストールの方法は省略します。)

まず、先ほど紹介したように、グーグルドライブのデスクトップアプリをインストールしておけば、自分のPCのフォルダからPythonファイルを扱えるようになっているはずです。

画像15

このドライブ上に「.py」拡張子のPythonファイルを作成し、インストールしたVSCodeでフォルダを開けば、よりリッチな環境で編集することができます。

vscode連携

このように、環境の移行は簡単に、自由にできますから、最も敷居の低いGoogle Colabを安心して使い始めてください

環境設定の解説は以上になります。
楽しく、自由なPythonライフを送ってください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
システムトレーダー。 投資・トレードの定量的なデータ分析と、レポートを発信しています。 プログラミング、データサイエンス、相場を愛しています。 YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCAyQAygagukor6rGyXOdfog

こちらでもピックアップされています

プログラミング学習
プログラミング学習
  • 2本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。