見出し画像

飽き性の僕が続けていること。

僕はめちゃくちゃ飽き性。

「やってみないと面白いのかどうか、自分に合うのかどうかなんて分からない。」ってことで、興味を持ったことに対して、とりあえず体験してみようとすぐ行動する性格。

でも、同時にすぐに飽きてしまうので辞めたことも数知れず。

そんな僕でも続いていることは

1. シンガポール

母の母国。僕のルーツの一つ。

以前は全然興味がなかった国だけど、文化、言語、食などなど、今どハマり中。

子どもの時にもっとどっぷり浸かりたかったーとも思いつつ、今だからこそ楽しめることもたくさんあるので、今を全力で楽しみたいです。

2. 発信

このnoteもそうだけど、SNSであったりブログであったりで、シンガポール、日々の生活、仕事について発信をしています。

振り返るとmixiから始まり、前からオンラインでの発信は好きでしたが、「周りにどう思われるのかな?」とか気にしていて、あまり自由には発信できていませんでした。

それが、海外担当として世界中の人たちと仕事をしたり、住む国や仕事を変えたりしたことで、考え方がガラッと変わり、今ではそれなりに好きなように発信しています。

発信活動を通じて、出会った人たちもたくさんいて、どちらかというとそっちの方が気の合う人たちが多いので、これからもプライベートとしても仕事としても発信を続けていきます。

3. 写真

話す、文章に書く、踊る、歌う、絵を描く、、人が表現する方法はたくさんある。

その中で、完全に感覚人間の僕が感じたことを表現する方法として、写真が一番しっくりきています。

写真を振り返ると、写す対象、色、温度感などから、その時に自分が感じていたことを改めて感じることができます。

それに、写真を撮る時は他のことは忘れて、撮ることに夢中になれるのが楽しい。

仕事でもちょっと使えそうなので、これからも楽しみ。

これから

今続けているけど、飽き性なので来月には変わっているかもしれません。

新しい出会いがあるということは、毎日がもっと楽しくなるかもしれないということ。

これからも興味の赴くままに暮らしていきます。

よしかつ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます!
1
「食と日本酒の海外マーケティング」「訪日インバウンド」「シンガポールのローカルカルチャーメディア」を通して日本とシンガポールを繋いでいる日本 x シンガポールのハーフ。写真、料理、コーヒー、アウトドアと富山県氷見市が好きです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。