本と、本気で、向き合うセイカツ

2
記事

そうだ、会社を休もう

突然ですが、
先週の水曜日、会社を休みました。

理由は、

小説が書きたかったから。

そう、これは

趣味休暇です。

私は最近、趣味で
小説の創作・投稿をおこなっています。

私のマガジンにある、ショートショートの館をご覧になってみてください。

まだ趣味の域を出ませんが、
いずれ小説を書いてご飯を食べていきたいと考えています。

いわば、ガチ趣味です。

いまは会社で仕事をしながら小説を執

もっとみる
気に入ってくれてありがとう!
6

受け身の読書はやめよう【血の通った言葉を獲得するために】

先日、見城徹さんの『読書という荒野』を読み終えた。

見城徹という編集者の歩んだ作家との触れ合いが印象的だったが、中でも印象に残ったのが

血を流して読書をするということ

もちろん、比喩ではあるが、
この言葉を私はこう噛み砕いた。

受け身の読書はするな

著者が言うところでは、
自分の言葉を獲得するためには、
受け身の読書は無用とのこと。

私としても、ここ3年ばかりで
150冊以上の書籍を読

もっとみる
読んでくれてありがとう!
4