見出し画像

【WEEK14】 Instagram集客①

今回は、【SNSマーケティング】についてお話ししていこうと思います。

現在、世界では多くのSNSユーザーがおり、今後さらに普及していくと言われています。 

日本では、

・4人に3人がSNSを利用していると言われています。

・2012年は8割が10代から30代であったのに対し、2017年には6割が10代から30代、つまり約半数以上が30代以上の利用者となっています。


SNSでの情報取得

・SNSでフォローしている人に影響されて実際に何か購入したことがありますか?

スクリーンショット 2020-07-19 9.36.03

ある ... 78% ない ... 22%

・ファッションを中心にSNSで誰かに影響されて購買に繋がっている。

スクリーンショット 2020-07-19 9.38.41

これらの数字から分かる通り、欲しい服・行きたい場所など様々な情報を探し、購買や来店のトリガーになるのがSNSであり、SNSに露出しないサービスや商品は誰からも知られない時代になってきています。


SNS拡散スピード

SNSでの繋がりだけで話題性がある「コト」「モノ」「場所」が一瞬で世界中に伝わっていきます。

従来のオークション型マーケティング時代から、クオリティマーケティグ時代へ変化していき、大企業や中小企業など関係なくセンスやアイディアが今後はマーケティングのキーポイントになっていきます。


SNSの中でも特に 『Instagram"』がアツい!!!

その理由として、

① MAU(Monthly Active User)がFacebookやTwitterに比べても多い。
 - Instagramでは平均2,3時間に1回アプリを開いています。
 - 月間アクティブ率で見てみると、LINE(85%), Facebook(56%), Twitter(61%)に対し、Instagram(86%)となっています。

② 若者だけでなく、幅広いユーザーが増えてきている。
 - 2018年の調査によると、50代以上の層が最も増えています。


Instagramは生活の一部となってきています。

新たに『ショッピング機能』や『予約機能』がリリースされたことにより、今までのホームページやホットペッパーページへの誘導なども一切不要になり、インスタだけで全てが完結可能になりました。

今後さらに、インスタを中心にした行動や購買が繋がっていきます。これから起業など何か考えている人ならばインスタの利用が必要不可欠であり、一番力を入れるべき所です。


どのようにInstagramをビジネスに活かせるのか

インススタグラム特徴理解 1 ~ 4

1, コミュニティ

・興味、地域、ライフスタイルが似ている人たちがフォローしてくる。
・自分に興味を持ってくれる同一コミュニティが自分のアカウント上に構築。


2, 永続広告

一度フォローされると、自分が今後投稿をする度にその人達に継続的にリーチができる自社媒体の構築が可能。

スクリーンショット 2020-07-19 10.27.47

難易度が低く、価値がある広告がSNSだということがわかります。

そして、永続広告も二つに分けることができます。
          ↓


3, 自然広告

・永続広告ができる媒体も、永続広告をしても効果が低い傾向
・プッシュ広告表示ではなく、自然広告表示が最大のメリット

ノイズ表示(プッシュ広告) ... メルマガ・DM・LINE@ 
自然表示(プル広告) ... Instagram
  → プル広告は、相手が見にくる広告のため脳に残りやすいため、広告に一番適しています。


4, 教育広告

・チラシやホットペッパーの1ページだけではできない「教育広告」が可能 

インスタを始める上で、お客様の理解は必要不可欠です。お客様というのは、知りたがりで面倒臭がりやです。この知りたがっているお客様にチラシ1ページで全てを伝えることは出来ません。

そこで重要なのが、Instagramを使ったストーリーを持たせた継続的な発信です。



今回は、【SNSマーケティング】についてお話しさせていただきました。次回は、実際にどのように運用したら良いかについてお話ししていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
13
ボストン在住の大学生🇺🇸 / サッカー歴18年⚽️ / インプットしたことをアウトプットしていきます!またアメリカでの生活、学業、サッカーについての情報も発信していきたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。