見出し画像

伝わる印刷物!チラシデザインレッスンいたします

チラシをつくってみたけど、どうもわかりにくいし、ごちゃごちゃして見える…


印刷物デザインにお困りではありませんか?

「どこをどうなおせばスッキリするのかわからない」
「文字が読みにくいがどうしたら読みやすくなるのか知りたい」
「入れたい情報が多すぎてまとまらない」

などのお悩みに応えるこのココナラのオンラインレッスン。

年末にレッスンご利用いただいた方に許可いただきましたので、どうやってレッスンを進めていくか、ご紹介してみたいと思います。

今回ご紹介するのはこちらのサービス!
↓↓↓↓


今回レッスンを受講されましたN様。ご自身の活動である編み物ワークショップイベントのチラシ作成のご相談で受講。まず最初に制作途中のチラシがあるとのことでしたので、お送りいただきました。

画像1

画像2

2パターンありますが、どちらも色使いは綺麗でかわいらしく、試行錯誤しながらイベントの魅力を伝えようとしていることがわかります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン1回目(30分)

デザインのポイントを押さえてそこを徹底的に詰めていくことで、より魅力的で、わかりやすいチラシになります。初回のレッスンでは、まずはチラシでなにを伝えたいのか、どうしたいのかヒアリングしながら、30分ほどビデオチャットにてそのポイントをお話しました。


ポイントとは…

デザイン5原則

参考文献:
ノンデザイナーズ・デザインブック  Robin Williams 著

こちらの、参考文献の書籍では、
1.コントラスト
2.反復
3.整列
4.近接
の4原則が基本なのですが、私はわかりやすくするため、もうひとつを追加して、5原則とさせていただきました。

この書籍はとってもおすすめ。新版の
「ノンデザイナーズ・デザインブック Second Edition」というのもありますが、こちらでも良いと思います。こちらの書籍は、レッスン受講の方にも購入いただけるとより理解が深まると思います。

でも、この原則がわかってしまえばすぐできるかというと、実はそんなことはないです。😃 事例をみながら、実際にやってみないと絶対に身につきません。

わかっててもなぜかできないのはスポーツやあらゆる技術と同じです。知識があるのと身に付くのは別です。


初回はこの5原則を、どのようにチラシに活かすとわかりやすく、伝わりやすくなるのか?ビデオチャットの共有画面で「たとえばここはこの原則に沿って、こうした方が良い」ということをお伝えしていきました。

そして…

2回目までにN様が作成しお送りいただいたのはこちらのチラシ。

画像4

最初のチラシに比べると、なんとなくスッキリ、見やすくなっています。なにを見せたいかがはっきりしてきた印象。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン2回目(15分)

こちらのデザイン画像をいただいた後、赤入れ画像をご用意し、これについて15分ほど解説させていただきました。(こちらの赤入れはかならずしもレッスンで行うサービスというわけではなく、必要に応じてお送りします。)事例を参考画像にしながら、上記の視覚的なデザイン5原則以外にも、こちらのワークショップ自体に魅力を感じてもらうためのポイントとなるコツも入れています。


それがこちら。

画像5


こちらの解説の後、なんとなく方向性が見えてきた様子のN様。
ビデオチャットは合計1時間分のレッスンですので、これで45分です。

そして、このレッスン後、N様にお送りいただいたのがこちら。

画像6

かなり情報が整理されてきました。
見た目にはそんなに変わりないように見えますが、実はかなり大きな変化があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン3回目(8分)

ここで、最初のデザイン5原則をもっと大胆かつ、より細かく適用していくことをアドバイス。そしてお送りいただいたデザインがこちら。

画像7


…!

格段にわかりやすいチラシに変化しました。
ゲームキャラで言うと、ステージが3段階くらい急に上がった感じ。

このワークショップの魅力がビシビシ伝わってきます。


このチラシを見て、急に

「かぎ針編みニットカフェ行ってみたいな…」

という気持ちになりませんでしたか?(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レッスン4回目(7分)

そしてさらに、最後のレッスンとして、もう少しここを…

と数分アドバイスさせていただき、
ファイナル
↓↓↓

画像8

とても綺麗な印象になり、完成に近づきました。
N様には最後にメッセージでもうひと押しアドバイスを入れましたので、さらに改良されていることと思います。


いかがでしょうか?


初めはなんとなく散漫な感じだった紙面にメリハリができて、情報が頭にスッと入ってくる感じがしませんか?

こちらのレッスンでは、このように実践を間にはさみながら、1時間のレッスン時間をフルに使ってアドバイスさせていただきます。


N様のレッスン後の感想

1時間ということで軽く修正箇所などアドバイスいただけるくらいかなと思っていたのですが、実際はデザインする際の法則などの講義から具体的な修正点のアドバイス、修正後もさらに確認とアドバイスをいただくなど繰り返し、「1時間」をフル活用してくださいました。
また、実際の自分のデータで改善点がわかるので、自分の癖や足りないところがよくわかり、今後の作成にも活かせるのが大変有難いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

場当たり的ではなく、今後にもそのノウハウが活かせるようにレッスンを進めたのがわかっていただけたようで、とても嬉しいご感想でした😊

印刷物のデザインや、情報の見せ方にお悩みの方は、ぜひ、レッスンをご利用ください。

これをきっかけに、「情報をわかりやすく見せる」とはどういうことなのか、新しい視点がご自身の中に生まれることと思います。
↓↓↓↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!