見出し画像

ストレスフリーな結婚生活の為に

我が家のストレスフリーな結婚生活

ついに結婚生活が始まって1ヶ月。

結婚が決まってから半年、
どちらかというと戦々恐々としていた。

毎日家事をして
1人の時間がなくなって
仕事もしないといけない。

家事のことで喧嘩したり
お金のことで喧嘩したり。

きっとイライラするんだ。

楽しみよりも鬱々としていた。

いざ始まってみた感覚としては
「あ、意外とイケるかも」

あまりストレスを感じることなく過ごせている


2人の仕事のおかげもあるけれど、浮かれず戦々恐々としていたのと、同居までの半年間、彼がほとんど出張で行動できない分雑談レベルの話し合いをしていたのが功を奏したようだった。


【ストレスフリーにしてくれているところ】

①家事はなるべく機械まかせ

  家事負担で揉めたくない。家事で揉めるならお金を使って解決しよう、と話していた。

  ドラム式洗濯乾燥機(これは婚約指輪のかわりに買ってもらった)
  ロボット掃除機
  食器洗い乾燥機 など。

  食器洗い乾燥機はキッチンのスペースの関係上まだ買えていないけれど、ドラム式洗濯乾燥機(洗剤自動投入付き)は狭いスペースに無理やり設置したところかなり助かっている。
  洗濯って干すのも面倒だけど、それより洗い終わって放置できなくて、洗い終わりを待ったり、せっかく干したのに雨が降って洗い直しとかが干すより何よりストレス。
  ボタンを2回押したら、あとはしまうだけ。
  
  ロボット掃除機自体はうるさいし、時間もかかるから、専業主婦の方だと逆に邪魔になるかも。
  仕事をしている人なら、朝ピッてボタンを押して、帰ってきたら掃除されているのはとても楽。

  綺麗好きな人は物足りないかもしれないけど、めんどくさがりの私には十分。気になるところだけ、掃除機で吸ったり、クイックルワイパーでさっと掃除する。

  初期費用はかかるけれど、時間とストレスのほうが大事だ。

  家事代行はランニングコストがかかるから、家計と家事ストレスのバランスを見て、余裕があれば導入するのもアリだと思う。


②夫の給料で生活する

  ③にも繋がる話だけど、全ての生活費を夫の給料だけで収まるようにしようと話し合った。
  これは私の収入は私が自由に使って良いという話ではなくて。(もちろんそれが可能な高収入な旦那様であれば良かったけど)
  私の収入は貯蓄や投資、旅行などの一時出費用。
  これって、同じ額使って同じ額貯蓄すれば、どっちが出しても結局は一緒なんだけれど、精神的に全然違う。
  生活を保証されていると、気持ちに余裕ができるから、美味しいご飯を作ろう!と思える

  生活費が夫の収入をオーバーしてしまうと、私が一時的にでも無収入になってしまうと家計は赤字になる。
  オーバーしていなくても2人で負担していたら、夫の転勤や出産時に収入に変動があったときその都度負担割合を調整しないといけない。

  限られた収入のなかで、長期的にお金のことを考えなくても生活できる仕組みをつくる。

  一生仕事をバリバリしたいと思っているけれど、楽しく仕事に向き合えるのは、このおかげかなとおもっている。

  

③固定費を上げない

  住むところは、夫の社宅の1択だった。
  もともと家やインテリアにそれほど興味がないのもあるけれど、固定費を抑えるという目的。

  家賃・光熱費・保険・通信費などなにもしてなくてもかかるお金。
  特に大きな割合を占める家賃。
  社宅にしたおかげで切り詰めなくても、高収入ではない夫だけどれど、②を実現できている。

  駅からそれほど近くないし、便利な駅でもないけれど、安くなった分生活に余裕ができる。
  生活に余裕ができると、やっぱり心に余裕ができる。


④家事の仕方

  これは話し合ったわけではないけれど、なんとなく2人の間で暗黙の了解になっている。

  家事はほとんど分担制ではない。
  朝、女性の方が比較的準備がかかるので、朝ご飯とゴミ出しは夫、料理が好きなので夜ご飯は私、は決まっているけど、それ以外の掃除・洗濯・洗い物・名もなき家事に分担はない。

  ひとつだけ暗黙の了解になっているのが、

この続きをみるには

この続き: 3,726文字

ストレスフリーな結婚生活の為に

yui

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
夢のため、アクセサリー制作。夢を叶えるためのビジネスの考え方や気持ちが楽になる生き方って?